<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第323回目は第12回マーチS勝ち馬、「砂の白き重戦車」"クーリンガー"です。

通算成績61戦10勝、交流重賞を含め砂の重賞を6勝。

500kgを優に超える白き馬体で各地を転戦し走り抜けた砂の猛者でした。その地方重賞での安定感と愛らしく勇ましい姿に魅せられたファンは数多かった様に思えます。ほぼ全ての騎乗で手綱を取った和田騎手と岩元先生というお馴染みのコンビも人気を得ていたのかも知れません。

そんな交流重賞の雄に会いに行きました。

b0234851_1533890.jpg


重賞勝利数書ききれない位になってるよ...それにしても61戦かー、ホント良く走ったね。

b0234851_15332345.jpg


初めまして、クーリンガー、今日もお仕事ご苦労様。

b0234851_1533375.jpg


今日も良く頑張ったねー、こっちの事は気にしないでいいからタップリ食べるんだよ。

b0234851_15335286.jpg


美味しいかい?仕事終わりの飼葉は格別だろうね。

b0234851_15341248.jpg


すっかり白さが増して...可愛さも益々UPしたんじゃない?

b0234851_15342710.jpg


まだまだ立派な馬体だー、これからも無理しないで身体に気を付けて頑張ってね。


現役を引退後、種馬となり種牡馬として6年程繫養されていましたが10頭前後しか肌馬を集める事が出来ず引退。現在は乗馬馬として第3の馬生を頑張っています。

父は日本でも多くの活躍馬を誕生させた米の名種牡馬・フォーティナイナー。母・クールアライヴァルRelaunchBold RulerWar Admiral等の米の名種牡馬たちの血が流れる血統です。昨今、ダート路線が新たな動きをみせているだけにこの様な血統背景を持つ馬の産駒が砂の本場でどの様な活躍をみせてくれただろうを考えてしまいます。

砂の白きアイドル馬・クーリンガー。現役時はその雄大な馬体を震わせ怪我にも負けず不屈の精神で走り続けたね。そのハイブリッドな砂の遺伝子を汲む優秀な血を多くに伝える事が出来ないのは悲しいけど、愛らしく温厚な君には今のお仕事の方が向いているのかも知れないね。これからもその馬柄を活かして頑張っておくれ。

仕事終わり馬房で一服するクーリンガーをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2017-03-22 18:00 | 馬名・ク~ | Comments(0)

第322回目は第23回ファルコンS勝ち馬"ジョーカプチーノ"です。

通算成績23戦6勝、重賞勝利はG1(NHKマイルC)を含む3勝。

初勝利に4戦を要しその後一戦挟み、500万下、重賞と連勝。その後また一戦挟んで迎えた三歳マイル王決定戦にて勝利し、古参馬主・上田オーナーと藤岡康太騎手に初のG1タイトルを齎しました。それ以降は不良馬場や脚部不安等の不運が続きながらも重賞勝利し、常に大崩れしない走りを続けた馬でした。

そんな葦毛の俊足馬・カブチーノに会いに行きました。

b0234851_17173438.jpg


そこにいるのはカプチーノ。おっ、後光が射し込んでいるよ...。

b0234851_17174734.jpg


初めまして、カプチーノって...、お食事中でしたか失礼しました。

b0234851_1718126.jpg


おっ、顔を上げるか...。おーい、カプチーノ!げん...き...

b0234851_1718143.jpg


ってまた食べるんかーい?それにしても、何だか食べてる姿も勇ましいね。

b0234851_171827100.jpg


最後にありがとうね、顔を上げてくれて。一杯食べて頑張るんだよ。


現役を引退後、種牡馬となりました。

初年度は30頭弱、2年目、3年目は15頭前後と厳しい状態でしたが、産駒がデビューしてからは一変し昨年は50頭越えを果たし中堅クラスの種牡馬となりました。現役産駒がこの先重賞戦線で活躍すればもっと種付け数を確保出来るかも知れません。父は早世してしまった名馬・マンハッタンカフェ。母・ジョープシケは名が表す様に馬主さん縁の繁殖馬。その血にはダービー馬・フサイチコンコルド。天馬・トウショウボーイが流れる魅力の血統です。その血筋が生産者さん方の配合意欲を掻き立てるのかも知れません。

オーナーの夢の結晶馬・ジョーカプチーノ。現役時、君は連勝に次ぐ連勝をする馬ではなかったけど着実に堅実に走りビッグタイトルを勝ち取った馬だった。脚元の不安が無ければもう一つ二つタイトルが増えていたかも知れないね。オーナーの想いが募り種牡馬となれた今、もう遠慮は必要ない。思う存分その能力と愛らしさを産駒に繋いでおくれ。

葦毛の快速馬・ジョーカプチーノ。君とみるホロ苦くも甘い夢なら何度でも観てみたい...。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2017-03-16 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(0)

第321回目は第48回金鯱賞勝ち馬、碧き海"オーシャンブルー"です。

通算成績30戦7勝、重賞勝利は2勝。

春クラシック本番時に未勝利戦を勝ち上がった馬のためクラシックとは縁遠い馬でしたが、その後は自己条件戦を着実に勝ち上がり古馬となってからOP入り、重賞初挑戦こそ壁に当たりましたが挑戦二戦目にして重賞馬となり、勢いそのままに暮れの有馬記念にて2着となり競馬ファンをアッと言わせ活躍が期待されたものの、その後は精彩を欠き重賞1勝をしたのみで引退となりました。良くも悪くもステイの仔らしい産駒だった思います。

そんなビックリ有馬の立役者ブルーに会いに行きました。

b0234851_14374174.jpg


近頃にしては珍しく名前も憶えやすい仔だったなー。

b0234851_143849.jpg


おっ、そこにいるのはステイの愛息子・ブルーでは...。

b0234851_14381534.jpg


ブルー、初めまして。元気してたかい?種牡馬になれて良かったねー!って聞いてる?

b0234851_14382726.jpg


アレー、聞こえてないのかな?って、アナタ!その顔(目)聞こえているよねー、絶対に(笑)。

b0234851_14383984.jpg


ワタシ、じぇん、じぇん聞こえてません!」だって?聞こえてんじゃん(笑)!そんな天邪鬼なところ好きだけど、ホント誰に似たのかねー。


見学中、終始こちらを気に掛けていたものの、終始無視され続けました(笑)。

現役を引退後、種牡馬となり初年度となった昨年27頭の肌馬を集めました。実績等を考慮すれば新種牡馬としてはまずまずのスタートを切れたと思います。父は永遠のヤンチャ小僧・ステイゴールド、母・プアプーには日本ではまだ異系の独血統・Dashing BladeSurumuの血、そして欧州最強馬・Dancing Braveが流れる魅力な血脈を持つ種牡馬です。それだけに急逝してしまった名種牡馬であった父の血を繋ぐ馬として期待したいものです。

澄み渡る海原の蒼さ・オーシャンブルー。君は現役時、クラシックとは縁がなかったもののその力強く強靭な走りを武器に重賞を勝ち、大舞台でその非凡な能力を発揮したね。その後君らしい走りが出来なかったのは能力が落ちたのではなくきっと繊細な君の事だ、何か気分的なモノが削がれたからなんだろう。それでもその内なる能力、そして魅惑な血統背景をかわれ種牡馬入り出来たのだから、これからはほんの少しだけで良いから素直になって仔供たちに優れた能力を遺伝させておくれ。

頑張れオーシャンブルー、天国からお父さんもみているからね。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2017-03-08 18:00 | 馬名・オ~ | Comments(2)