<   2017年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第315回目は第15回根岸S勝ち馬、「砂の無事是名馬」”ノボトゥルー”です。

通算成績88戦11勝、第18回フェブラリーS勝利馬。

中央、地方、問わず将又ドバイまで、2歳から12歳まで走るも走った88戦。流石に10歳を越えてからは成績は伴わなくなったものの、砂の1200m~1600mまでの距離では抜群の成績(特に1400mの成績は突出) を残した名馬でした。G1勝ちこそ一勝ですが、現代の様に砂の重賞レースが整理されていたら、もう一つ、二つのビッグタイトルは楽に手中に収めていたハズでしょう。重賞勝利数だけでも名馬と呼ばれる馬ですが、その最大の功績は63戦連続重賞競走で走り抜けた事と、10年以上も大きな怪我なく走り抜けた事でしょう。地方競馬では稀にいますが中央競馬の一線級馬として、この先この馬ほど長きに渡り走り続ける馬はもう現れる事は無いでしょう。

そんなダート短距離界の伝説馬に会いに行きました。

b0234851_12493866.jpg


おっ、そこに居られるのは砂の英雄・トゥルー様では...。

b0234851_12495010.jpg


アレアレ、もしかして?そちらからお越しになってくれるのでしょうか?

b0234851_125004.jpg


初めまして、トゥルー、君に会えて嬉しいよ。

b0234851_12501333.jpg


御歳、21歳!とは思えない勇ましい姿だね。それにしてもさー、いくら君が丈夫とはいえもう少し休ませながらさー、走らせてくれたらねー、でもそんな中で成績をあげ続けた君って...やっぱり生ける伝説馬だよなー。

b0234851_12502261.jpg


そうかなー、そんな大袈裟なものではないと思うんだけど...(照)。」イヤイヤ、ご謙遜なさらず...。それ位の功績をあげた馬ですよ、アナタは。

b0234851_12503775.jpg


何だか照れ臭いから、もう行くね。また来てね。」あれ、せっかく会えたのにもう行っちゃうのかい?寂しいなー。でも元気にしている様で安心したよ。


長~い競走生活を終えた後、種牡馬となり一昨年まで少数ながら産駒を輩出させ、現在は功労馬として暮らしています。

父・Broad Brushはヒムヤー系の代表馬で日米でも活躍馬を誕生させている名種牡馬。母・Nastiqueに流れる血はLe Fabuleuxこそ見掛けるものの、その他は日本ではほぼみかけない異系の血が流れる牝馬です。それ故にサンデー系やミスプロ系にも配合出来る貴重な種馬だっただけに今更ながら種牡馬引退が悔やまれ馬です。自身級の産駒は未だ誕生していないものの、数少ない産駒が中央で勝利しているだけに種付け数さえ集める事が出来ていたら重賞馬も誕生させる事が出来たかも知れません。

砂の紛いなき真の名馬・ノボトゥルー。砂なら場所、条件、時代を問わず本当に長きに渡り砂の猛者として走り続けたね。君の強靭さはどんなG1勝利数を誇る名馬より優れていただろう。現代の交流重賞の隆盛を築けたのも君の様な仔がいてくれたお陰だと思う。種牡馬として君の血をあまり残せないのは悲しいけど、この先も君の功績は決して色褪せる事はない。それだけに、これからはその満身創痍な身体を休めておくれ。

ダート界の超馬・ノボトゥルー。君のこれからの馬生が健やかで穏やかなものである事を心から祈っているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2017-01-26 18:00 | 馬名・ノ~ | Comments(0)

第314回目は第42回AJCC勝ち馬、「米国産の首領」”アメリカンボス”です。

通算成績41戦8勝、重賞勝利はG2二勝を含む4勝。

曲者ベテランジョッキー・江田照男騎手とデビューから一貫してコンビを組み、数々の重賞勝利、そして暮れの有馬記念ではアッと言わせる演出をした人馬でした。輸送競馬がこなせれば適正的に2200mの宝塚記念が向いていただけに、出走が叶わなかったことが非常に悔やまれます。常に安定した成績を残すタイプの馬ではありませんでしたが、関東の重賞戦線では圧倒的な存在感を放つ重馬場巧者の中距離馬でした。

そんな魅惑なアメリカンなボスに会いに行きました。

b0234851_12425874.jpg


おっ、そこにいるのは不運の外国産馬・アメリカンボスでは?

b0234851_124312100.jpg


どうもお初にお目にかかります、ボス様。

b0234851_12432367.jpg


ボス、わざわざご足労恐縮致します、それに挨拶までして頂きまして...。

b0234851_12433612.jpg


元気していましたか?それにしても御歳22歳!とは思えぬ若々しい姿ですね。

b0234851_12434860.jpg


えっ、何々?「もう、ボクの事なんて競馬ファンは忘れちゃったんでしょ?」だって!何馬鹿な事言ってんの!?重賞を4勝も勝っていて、有馬では度胆を抜かされた競馬ファンは君の事忘れる訳ないじゃん!

b0234851_124414.jpg


それにね、苦楽を共にした江田騎手はまだ現役で頑張っているんだよ、だから君も種牡馬として、あと一踏ん張りしてね。


現役を引退後、種牡馬となり少数ながらも産駒を輩出しています。

現在まで中央では重賞馬は誕生させていないものの、地方では数頭の重賞馬を誕生させています。父は日本でもお馴染みの世界的名種牡馬・Kingmambo。母・Redeemerには近年ブルードメアサイアーとして再評価されている・Dixieland Bandと貴重な系統であるインテント系を継ぐIn Realityが流れる魅力な血統背景を持つ種牡馬です。父の血は主流となっているため種付けしづらい面もありますが、母系統の貴重な血を活かす事が出来ればまだまだ魅力な配合の可能性もあり、かつ母父となってからの可能性も考えられる種牡馬だと思います。それだけに、あと一踏ん張りして欲しいものです。

アメリカの地が産み出した米の血の継ぐ馬・アメリカンボス。現役時から強力なライバルの存在で中々機会に恵まれず大舞台で暴れる事が出来ず仕舞いだったね。悲しいかな種牡馬となった後もまるで現役時代を感じさせる役割の様に思えてしまう。しかし、君の成し遂げた功績、そして君に流れるアメリカ競馬史を感じさせる魅惑な血統は、いつかの日かこの地にて開花するだろう。その時の鞍上が相棒のエダテルだったらどんなにドラマティックだろうか。米仕込の壮大な夢の続きを心待ちにしているよ。

放牧地にてのんびり過ごすボスをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2017-01-19 18:00 | 馬名・ア~ | Comments(0)