<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第313回目は有馬記念連覇馬、「漆黒の帝王」"シンボリクリスエス"です。

通算成績15戦8勝、G1勝利は二年連続での天皇賞・秋有馬記念
日欧米のTOPジョッキーを背に走ったレース全て掲示板を外さなかった名馬でした。

クラシックのタイトルこそ逃したものの、三歳秋には天皇賞・秋そして有馬記念を制覇。良くも悪くもまさに名門・藤沢和雄厩舎らしいローテションで大仕事を成し遂げた名馬でした。古馬となってからは思う様なローテションを組めなかった中で二年連続の偉業を成し遂げ引退レースでは現役最強誇示する圧巻のレースを魅せ付けた名馬でした。JCこそ勝てませんでしたが、あの最後の有馬記念を観る限り正に帝王という異名が相応しい馬だと思います。

そんなシンボリ軍団の黒き帝王に会いに行きました。

b0234851_16243564.jpg


おっ、いつもはここで放牧されているのか...名オーナーの、近年の最高傑作馬だったなー。

b0234851_16245360.jpg


ハーイ、クリスエス、NICE TO MEET YOU!

b0234851_16251161.jpg


うわぁ、急にこんな処に...。初めまして、そしてありがとうね、クリスエス。

b0234851_1625249.jpg


嬉しいなー、君と間近にこうして向き合えるなんて。

b0234851_16253931.jpg


元気してたかい?今年で17歳かー、パパとしても、もうベテランだねー。

b0234851_16255170.jpg


帝王とか呼ばれていたからもっとクールな仔かなーと思っていたけど、中々チャーミングなところあるんだね。

b0234851_16261043.jpg


まだまだ、老け込む歳じゃないからね、まだまだ良い仔を沢山誕生させてね。


現役を引退後、種牡馬となり初年度から多い時には200頭越え、平均でも150頭以上の肌馬を集めて来ました。本年から繫養先が変わった事と自身の有望後継産駒がスタッドインした影響を受けた為か、今年の種付け数は60頭強となってしまいましたが、毎年の様に優良な産駒を送りだしてきた馬だけに今後もまだまだ期待したいものです。父は米の名種牡馬・Kris S.、母・Tee Kayは父系こそ米の名種牡馬の血が連なりますが、母系は決して主流とはいえない血筋だけに主流であるサンデー、ミスプロ、ノーザンダンサー系にも配合が出来るのも利点です。

晩秋の大舞台を愛した黒王・シンボリクリスエス。君は名オーナーが停滞していた空白の期間を埋め、そのオーナーと共に王者として再臨した名馬だった。勲章の数では、さきの帝王に及ばずとも成し遂げた功績は決して遜色はないと思っている。中々自身級の産駒に恵まれなかったけど、到頭とんでもない産駒を誕生させたね、私は本当に嬉しいよ。あれだけの名馬を誕生させたのだから、まだまだ息子たちに遠慮はいらない。もっと王者を誕生させておくれ。

名オーナー子息が送り出した米からの帝王・シンボリクリスエス。そんな海外競馬を先取っていた名オーナー一族から誕生した二頭の帝王馬がRoyal Chargerを血を継いでいるのは何か只なるぬ縁を感じてしまうね。そのシンボリの歴史に連なる血統を活かし、いつの日にか第三の帝王の誕生を夢みてるよ。

馬房から顔を覗かせるクリスエスをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2016-12-22 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(0)

第312回目は第62回朝日杯FS勝ち馬、「マイル界の親分」"グランプリボス"です。

通算成績28戦6勝、重賞勝利はG1、2勝を5勝。

2歳8月デビューから6歳12月まで長きに渡り走り続け、引退年以外は毎年重賞を勝ち続けた短距離界のエース馬でした。現役最終年の年でさえG1二着、三着があるだけに常に能力は一線級のモノがあったと思います。2歳チャンピオンが3歳マイルチャンピオンとなり、負けはしたものの欧州の3歳マイル最強牡馬決定戦へ挑んだ姿勢にどれ程のファンが思いを馳せたでしょうか...少なからず私はその壮大な夢に魅せられた一人でした。

そんな王者でありながらも常に挑戦者だったボスに会いに行きました。

b0234851_16212216.jpg


オーイ、ボス会いに来たよ。初めまして...そっち側にいるのか...。

b0234851_1622795.jpg


お水を飲んでいるのか...今日は暑いからねー、タップリ飲むんだよ。それにしても、今日の天気ならこちら側に顔を出すことはないかなー。

b0234851_16225115.jpg


それなら裏側に回ってみるか...って、やっとお顔が観れたよ、改めましてこんにちはボス。元気していたかい?

b0234851_1622314.jpg


うーん、ここからでは遠いからボスの顔を上手に撮れないやー。でも顔をみせてくれてありがとうね。パパとして頑張るんだよ。


現役を引退後、種牡馬となり初年度、2年目で100頭以上の肌馬を集め、新種牡馬としては上々のスタートをきりました。母・ロージーミストはサンデー系牝馬ですが、母系には米の伝説馬・Secretariatの血が流れる魅力溢れる血統です。何といってもこの種馬の大きな武器は父である日本競馬界屈指のスプリンター・サクラバクシンオーの直系である事でしょう。父以上の距離適性を持つこの馬の産駒に今から期待してしまいます。

日本マイル界のドン・グランプリボス。君はその名に恥じる事なく幾多の大賞を掴み獲ってきた馬だった。それだけでなく父が成し遂げれなかったマイル王の称号まで獲得してくれてたね。偉大な父の産駒代表として、真の意味での父内国産馬の代表馬として牙城を守り続けた君に私は感謝しかないよ。これからは自身が成し遂げらなかった古馬マイル王の称号、そして志半ばだった海の向こうのG1制覇を成し遂げれる産駒の誕生を願っているよ。

純父内国産の最終砦・グランプリボス。父内国産という言葉が皆無となっている現代競馬界で君は異端な馬だった。その偉大な血の重責を背負い、祖父である・サクラユタカオーから繋がる壮大な浪漫を...そして偉大な内国産の血の系譜を後世まで繋いでおくれ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2016-12-14 18:00 | 馬名・ク~ | Comments(0)

第311回目は第13回JCダート勝ち馬、「私達の馬」"ニホンピロアワーズ"です。

通算成績42戦13勝、重賞勝利数7勝。地方、中央問わず砂の中長距離戦線で活躍した馬でした。

数多くの重賞を勝利したアワーズの唯一のG1勝ちである第13回JCダートは、ダート界の偉大な先輩馬、そして後にダート界を牽引する後輩馬が揃ったレースでした。そんな猛者たちを相手にレコード勝ちで人馬共ににG1初勝利、そして名物オーナーに久しぶりのビッグタイトルを齎したレースでした。その後はG1勝利こそ無かったものの重賞戦線ではほぼ掲示板を外さない堅実馬ぶりでダート界を長きに渡り牽引した馬でした。

そんなダート界の功労馬・アワーズに会いに行きました。

b0234851_17474310.jpg


初めまして、アワーズ!もう、お顔を出してくれていたんだね。

b0234851_17475583.jpg


どうした?アワーズ、そんな元気のない顔して...ナニナニ?「種牡馬として実績を上げれるか、不安だよー」ってなーんだ、そんな事か君はまだ種馬としては新米だからね。

b0234851_1748462.jpg


そんなカワイイ顔しているんだから、悩んだりしないんだよ。これからも元気でね。


現役を引退後、本年から種牡馬となり、初年度である今年は20頭弱の肌馬を集めました。父は史上最高馬と称される名馬・ダンシングブレーヴの数少ない血を引く種牡馬・ホワイトマズル。母・ニホンピロルピナスは未勝利馬ながら、その母系に流れる貴重な血が魅力な血統を持つ種馬です。それだけにサンデーの血を持つ馬でありながらも、サンデー系牝馬に配合出来るのも魅力な種牡馬です。決して多い数とはいえませんが、父系に流れる偉大な血と母系に流れる良血を活かせば自信を凌ぐ産駒の誕生も夢ではありません。

砂の名優・アワーズ。少し引退する時期がズレてしまった感があるけど種牡馬入り出来たので安堵したよ。多くの重賞を勝利しながらも、常に挑戦者の様に直向きに力強く駆け抜けた君の走りはこれからも語り継がれるだろう。君の仔供たちにも君の不屈の精神が継がれれば必ず名馬が誕生するはずだからね。

小林オーナーの、酒井騎手の、そして私たちのニホンピロアワーズ。この先、君の馬生が実りある豊かな時間である事を祈っているよ。

馬房から顔を覗かせるアワーズをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2016-12-01 18:00 | 馬名・ニ~ | Comments(0)