<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第230回目は第68回日本ダービー勝ち馬、府中の2400mの申し子"ジャングルポケット"part2です。

通算成績13戦5勝、重賞勝利4勝の内、3勝が東京競馬場という正に府中の申し子でした。

数年前と同じ齊藤オーナー、渡辺先生、角田騎手の同陣営で挑んだ第68回東京優駿。幻の三冠馬と呼ばれたフジキセキの思いを晴らした瞬間でした。強力過ぎる同世代のライバルを相手に世代の頂点にたち、秋の同舞台では強豪古馬を相手に勝利し、競馬界屈指の名馬となりました。その後は度重なる故障により思う様な成績を残す事は出来なく引退となりました。

現役時にダービー、JCというビッグタイトルを手中に収めた名馬ですが、そのヤンチャさや素行に親近感を感じてしまう大好きな一頭です。

そんなワンパク小僧のジャングルに一年ぶりに会いに行きました。

b0234851_1012626.jpg


おーい、ジャングル久しぶり、会いに来たよー!

b0234851_10121891.jpg


おっ、気づいた!直ぐに寄ってきてくれるとは健気な仔やねー。

b0234851_10123088.jpg


そうか、そうか、覚えてくれたか。嬉しいいなー、本当に君は良い仔だねー。

b0234851_10124495.jpg


君は世間では君は変わり者とか云われているけど、そんな事ないよ..ね...って、ジャングル何してんの?

b0234851_10125623.jpg


いやー、こういう登場の仕方もありかなーと思って...」って何それ(笑)?

b0234851_101388.jpg


いやー、僕ってクールなイメージでしょ?だからちょっと変わった一面もアピール出来ればと...」、そっそうなんだ...。

b0234851_10132035.jpg


多分だけどね、そんな事しなくても君は個性的だって事は君のファンなら皆知ってると思うよ。「フーン、そうなんだ...つまんないなー。

b0234851_10133315.jpg


あれー、ジャングルもう行っちゃうのかい...?まあ、いいか。


見学中、終始近くにいてくれ甘え続けてくれた人懐っこい仔でした。しかし、少し飽きると直ぐにどこかに行ってしまう、独特の間と個性を持つ馬でした。

現在もブリーダーズ・スタリオン・ステーションさんにて種牡馬として繫養されています。

初年度産駒からG1ホースを輩出し、現在までに牡牝クラシック馬、海外G1馬をも誕生させている名種牡馬です。近年ではダート重賞馬まで産み出し、未だ活躍の場を広げています。種付け数は初年度から三桁以上を保ち続け、ここ数年は二桁となりましたが種牡馬として、もはやベテランの域になってきたジャングルの体調面を考慮すれば理想的な数字に思えます。後継馬も誕生させ、今や種牡馬として成し遂げた感があるジャングルですが、私的には欲をいえば府中の2400mのタイトルホルダーの誕生を願っています。

記憶と記録に残るダービー馬・ジャングルポケット。府中2400mのレースがある毎に君の事を想い出す。残念ながら未だ府中の最高のタイトルを獲得してくれる孝行息子は誕生していないけど、種牡馬としても偉大な父に最高の勲章を齎し、血を繋いでくれた事を本当感謝しているよ。これからは少しスローダウンしてのんびりと末永く過ごしておくれ。

府中に愛され、選ばれた馬・ジャングルポケット。いつまでも君の豪脚と咆哮を胸に刻もう。

かなり短いですが、放牧地で草を頬張るジャングルをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2016-05-25 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(0)

第290回目は第126回ケンタッキーダービー勝ち馬、「黄金の天馬」"フサイチペガサス"です。

通算成績9戦6勝、米の重賞を4勝、米最高峰レースであり世界屈指の大レース・ケンタッキーダービーを日本人馬主としては初めて制覇した名馬です。名手・K.デザーモとのコンビも印象深いものがあります。

米の三冠レース前哨戦であるサンフェリペSウッドメモリアルSを勝利し、一番人気で迎えた米クラシック第一弾ダービーを制覇。その後は、怪我や不運に見舞われ重賞を一勝したのみで引退となってしまいましたが、その偉大な功績をかわれ巨額な取引を得て種牡馬入り。当時のセールで5億円以上の高値で競り落とされた仔馬が引退時には十数倍の価値になるという正にアメリカンドリームを体現させた馬でした。


米にまで会いに行く事は出来ないのでノーザンホースパークさんにある黄金の像で了承下さい。

b0234851_10534275.jpg


正か、日本人がこのRun for the rosesのタイトルを手に入れる事が出来るとは...。

b0234851_1054599.jpg


オーナーがオーナーだっただけに派手なのは分かるが、像まで黄金とは!流石黄金を産み出した名馬だね。

b0234851_10535396.jpg


話題性ばかりが先行してしまった馬に思われているけど、君は真の実力馬だった思っているよ。


現在も米のAshford Studにて種牡馬として繫養されています。

父は言わずもがな大種牡馬・Mr.Prospector、母・Angel Feverも米の良血が多数いる血統。母の血は今となれば日本に所縁のある血統となっています。

種牡馬入り時の驚愕な数値(お金)が表した様に多大な期待を背負ったペガサスでしたが、現在のところ自身級、以上の馬は産み出されていませんが、それでもローマンルーラーを筆頭とする後継馬を輩出している点は能力は並の馬ではない事は証明出来たと思います。しかし欲をいえば、もう一ランク上を望みたいものでもあります。晩期を迎えた種牡馬生活にもう一花咲かせて欲しいものです。

日本人の夢・悲願を成就させた米・ダービー馬・フサイチペガサス。悲しくも君に纏わり付くお金に纏わる話によってその実力を真に評価する人は多くはないけど、私は世界最高峰であるレースを一番人気で勝利した偉大な功績には未だに驚くばかりだよ。君はは本当にとてつもない事を達成したね。

金鉱採掘者から産み出さた探鉱者。その偉大なる血脈が黄金の天馬を産み出したアメリカンホースヒストリー。正に君の血族はゴールドと縁がある一族だね。君の産駒たちからまた金の鉱石を採取する名馬たちの誕生を心待ちしているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2016-05-05 18:00 | 馬名・フ~ | Comments(0)

第71回目は第13回NHKマイルC勝ち馬、「澄み切った大空」”ディープスカイ”part2です。

通算成績17戦5勝、重賞4勝の内、ダービーを含むG12勝という優れた成績を残した馬です。

3歳春に変則二冠を制し、秋~古馬戦線においても強豪ライバルたちと肉薄した戦いをし安定した成績を収めた馬でした。しかしながら、古馬となってから勝利出来なかった事や、男勝りな牝馬だったとはいえ、後塵を排した印象が強い故か、強者として語られる事がないのが気の毒に思えてしまいます。

府中の大舞台を得意としていた大流星のダービー馬に久しぶりに会いに来ました。


b0234851_19431842.jpg


スカイ、久しぶりって...今日は近くで会えないのかな...。

b0234851_19432769.jpg


おっ、柵が空いた、やっとこれで...って、スカイ?

b0234851_19433786.jpg


おーい、スカイ?スカーイ、こっち、こっちだよ~?

b0234851_19434985.jpg


そうそう、こっちね。ありゃー、まだ焦点が合ってないやー(笑)。

b0234851_19442034.jpg


スカイ、今日は寝ぼけた顔しているねー。今日は君のとびっきりの笑顔は見れないのかなー?

b0234851_19443992.jpg


やっと見れたー!それにしても、スカイ、そんな顔されたら、ホント帰るに帰れなくなるんですけど...。


(上記の写真は以前の種牡馬施設にいたものです。)

現在は故郷近くのイーストスタッドさんにて種牡馬として繫養されています。

産まれてきた産駒が馬格もあり、血統面でも生産者の方に期待され、初年度から百頭越えの種付け数を誇っていましたが、産駒デビューと共に種牡馬としての株は急降下、昨年はついに一桁となってしまいました。そんな種牡馬生活最大の窮地に陥った矢先に昨年一頭の孝行息子が初重賞、ましてjpn1のタイトルを齎してくれました。それだけに今年の種付け数が少し改善される事を願うばかりです。

栗毛の高速粒子を繋ぐ後継馬・ディープスカイ。君は今、頑張っているのに競走時代よりも上手くいかない事に堪えがたい焦燥を感じているだろう。でも決して焦る事はないよ、何故なら現役時、君は6戦もかかって初勝利を挙げた位なんだから、その勝利以降は...だよね。だから、種牡馬としてもこれからだよ、きっと。何といっても君には名牝・Miss Carmie系の血が流れ、あの名馬・アグネスタキオンの血を受け継いだ名馬なんだから。

格別の笑顔を持ったダービー馬・ディープスカイ。これからも澄み切った青空の下、府中の大舞台を駆け抜けた君の勇姿をいつまでも見守り続けよう。


馬房で微睡みスカイをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2016-05-03 18:00 | 馬名・テ~ | Comments(0)