<   2015年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第280回目は第51回京阪杯勝ち馬"アンバージャック"です。

通算成績32戦6勝、重賞勝利1勝。
勝ち鞍6勝全てが1000と1200mという生粋のスプリンターでした。
夏競馬にて力を付け自己条件の500万下から4連勝で重賞ホースへ仲間入りし、短距離界のエースとなるのかと思われましたが、その後はOP特別を1勝したのみで引退となりました。今となれば三歳での使い詰めが晩期の不振を招いた様に思えます。もう少し、大事に使われていればもう怪我にも泣かされず、もう1つ2つタイトルが増えていたかも知れません。

そんな頑張り屋さんのジャックに会いに行きました。

b0234851_15415525.jpg


おっ、そこにいるのは栗毛の頑張り屋さんジャックでは...

b0234851_1542746.jpg


初めまして、ジャック。元気してたかい?

b0234851_15421966.jpg


こっち向いた!君はどんな性格の仔なのかなー?って...

b0234851_15422812.jpg


近づいて来てくれてありがとうね。

b0234851_15424432.jpg


あれ、でもこれは近寄り過ぎじゃないのかなー(笑)?

b0234851_15425894.jpg


そんな悲しい顔しないでよ、こっちだって遊びたいのは山々なんだよ。

b0234851_15431348.jpg


それにしても、とてつもなく愛らしい童顔しているね。これからも元気いてね。


現在は日進牧場さんにて乗馬兼功労馬として穏やかに過ごしています。

日本競馬界陰の功労種牡馬であったパラダイスクリークを父に持ち、母父にアーミジャーを持ち、その少ない血を日本競馬に歴史に残した馬でした。縁あって異国の地で種牡馬入りした2頭もジャックの走りを空から見守ってくれていたハズです。

琥珀色の愛らしい馬・ジャック。君は名牧場・日進牧場さんの期待馬として走り続け、日本種牡馬界に携わってくれた異国の名馬の血を知ら占めてくれた。その事だけでも君は大きな蹄跡を残したと思う。本当に良く頑張ったねと、お爺ちゃんとお父さんも言ってくれているだろう。愛らしい君の余生がこれからも穏やかで安らぎのあるものである事を祈っているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-11-26 18:00 | 馬名・ア~ | Comments(0)

第279回目はキャピタルS勝ち馬"トライアンフマーチ"です。

通算成績21戦3勝。主な勝ち鞍、OP特別2勝。
3歳新馬でデビューし3戦目で初勝利を挙げ、その後トライアルレースで出走権利を獲得し迎えたクラシック初戦の皐月賞。勝ち馬には離されたものの母父を彷彿させる豪脚で追い込み2着となり、大器の片鱗をうかがわせ、重賞勝ちは早々に後にはG1のタイトルも近い!のではと思いましたが、その後は怪我にも悩まされ重賞で惜しいレースはするものの、ビッグタイトルを獲得する事が出来ないまま引退となってしまいました。

重賞勝ちはないものの、その素晴らしい血統背景を持つ馬だっただけにいつ何時大輪を咲かしても可笑しくない逸材だったと思います。

そんな無冠の王子・マーチに会いに行きました。

b0234851_15274199.jpg


君の血統で重賞勝ちがないなんて、未だに無いなんて信じられないよ...。

b0234851_15275599.jpg


おーい、マーチ!会いに来たよって、ゴメン...黄昏時だったんだね。

b0234851_1528879.jpg


あれ?動いた?もしかしてこっちに来てくれるのかな...。

b0234851_15282541.jpg


マーチ、来てくれたんだね、ありがとう!優しいね。でも、柵越しはちょっと寂しいね。

b0234851_15283883.jpg


うわぁ、いつの間に柵が開いた!凄ーい、あのマーチがこんなに近くに...(泣)。
(スタッフさんのお計らいにより開けて頂きました、決して常時ではありませんので悪しからず)

b0234851_15285322.jpg


マーチだ、あのマーチだ、カワイイなー、君はお母さん似かなーお父さんにかなー。

b0234851_1529927.jpg


まだあどけない表情しているなー、マーチこっちだよ、こっち。

b0234851_15292384.jpg


超カワイイなー、マーチありがとうね。正面を向いてくれて。君は本当にイケメン君だね。


現在はノーザンホースパークにて乗馬馬として繫養されています。

父スペシャルウィーク、そして母キョウエイマーチという血統だけに私的にはぜひ種牡馬入りして欲しい気持ちがあったのですが、今のマーチの幸せな姿をみればこの形も良かった気がします。

良家の秘蔵っ子・マーチ。君は父・母からの期待を一身に受け走り続け頑張り屋さんだった。親仔G1制覇の夢は達成出来なかったけど、初重賞戦であり、ましてG1戦にてみせたあの豪脚は君が一線級の名馬だと証明しているハズだよ。脚元に不安がありながら良く走り続けたね。これからはその愛らしい表情と人懐っこさを武器に長きに渡り活躍し続けてね。

無冠の大器・トライアンフマーチ。大舞台で君の凱旋行進は観れなかったけど、君の行進はこれからも続くだろう。早世してしまった偉大な母の分までこれからも長生きしておくれ。

馬房で旋回している~顔を覗かせるマーチをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-11-24 18:00 | 馬名・ト~ | Comments(0)

第278回目は第26回マイルCS勝ち馬、超晩成馬"カンパニー"です。

通算成績35戦12勝、重賞勝利9勝、G12勝。
その素晴らしい戦績だけでも名馬と呼ばれる馬ですが、他馬との大きな違いは8歳まで成長し続け走り抜けた事でしょう。8歳でピークに達する馬なぞいるものか?という常識を逸脱し、8歳にして迎えた毎日王冠~天皇賞・秋~マイルCSでの圧倒的な3連勝は天晴れでした。

長きに渡り走り続け、悲願を達成した不屈の名馬・カンパニーに会いに行きました。

b0234851_19183615.jpg


名前もシンプルでカッコイイ馬だったなー。

b0234851_19185421.jpg


おっ、そこに見えるのは晩成馬の星!カンパニー!

b0234851_1919690.jpg


おーい!カンパニー、会いに来たよー!

b0234851_19191724.jpg


もしかして、近くに来てくれるのかい?嬉しいなー。

b0234851_19192748.jpg


カンパニー、初めまして。感激だ!現役時代から本当に君の大ファンだったよ。

b0234851_1920173.jpg


本当に良く頑張ったね、そして種牡馬になれて本当に良かったね。

b0234851_19195155.jpg


へぇー、人懐っこいんだねー。嬉しいなー、カンパニーに甘えてもらえるなんて...。

b0234851_19201255.jpg


あー、いちゃった...。でも本当に嬉しかったよ君に会えて、遠くに行っちゃうのは寂しいけど、新天地でも頑張るんだよ。元気でね(泣)。


現在は本田土寿牧場さんにて種牡馬として繫養されています。


父は奇跡の種牡馬・ミラクルアドマイヤ、母は名牝・ブリリアントベリー。そして、父母、母母に大名牝が入っているスペシャル血統とも呼ばれる血統です。ホッカイドウ競馬にて重賞馬を誕生させたものの、今のところ自身級の産駒が誕生していない為か種付け数が集まらない状態となっています。種牡馬になってから三年間は三桁の種付け数を集めていましたが、産駒デビューと共に数を減らし、本年度は遂に二桁ギリギリとなってしまいました。その為か、新天地に活躍の場を移す事になりました。

奇跡の超晩成馬・カンパニー。現役時、歳を感じさせない君の走りに励まされ奮起したオヤジたちはどれ程いただろうか。本当に長きに渡り走り続け、何度も挑戦し栄光を掴み獲った中年の老年の星!だ。
その走りに魅せられた一人として今一度君にお願いある。今度は君の産駒での奇跡を観てみたい。チャンスは少なくなったが、君は偉大な父の血が流れるキセキの申し子だ。必ずや少ないチャンスを掴むキセキの産駒が誕生するだろう。

父の奇跡を受け継いだ孝行息子・カンパニー。君が切り拓いた道は後世まで語り継がれるだろう。そして、まだ続くだろう血のキセキを心待ちにして君の産駒に夢をみるよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-11-19 18:00 | 馬名・カ~ | Comments(3)

第277回目は京都3歳S勝ち馬、名種牡馬"フィガロ"です。

通算成績3戦2勝、主な勝ち鞍はOP特別のみ。
重賞勝ちはないですが、3戦目のG1で3着となり能力の片鱗を魅せました。この引退レースとなった朝日杯3歳Sは1着が後のGPホース栗毛の怪物・グラスワンダー、2着が名スプリンター・マイネルラヴ、そして4着が後の世界最速王・アグネスワールド。フィガロを除く三頭全てが後にG1ホースとなるハイレベルなレースでの3着となった馬だけに悔やまれる一頭でした。

そんな未完の葦毛プリンス、フィガロに会いに行きました。
(従業員さんが連れて来てくれている写真がありますが、必ずしもこの状態で撮影出来る訳ではありません、その都度、牧場の方の指示に従って下さい。)

b0234851_1513175.jpg


おー、その姿は今では人気名種牡馬・フィガロ、20歳になったんだね。

b0234851_15133131.jpg


落ち着きがあるなー、けっこう大人しい仔なのかなー?

b0234851_15134029.jpg


すっかり色は抜けてきてるけど顔の若々しさは健在だね。

b0234851_1514246.jpg


あれ?急に怖い顔になったけど、どうしたんだい?

b0234851_15141251.jpg


「もう、いーい?」ってそうか、お家に戻りたくなったんだね。ゴメンね。

b0234851_15135196.jpg


ありがとうね、今日は君に会えて感激だよ。これからも身体に気をつけてね。


現在はオーナーの牧場、サンシャイン牧場にて繫養されています。

怪我により早期に引退後、種牡馬となり当初は産駒数が僅少でした。しかし毎年の様に活躍馬を誕生させ、地方競馬、特に南関には多くの名馬を誕生させています。ついには自身の後継種牡馬まで誕生させてしまいました。今となればStorm Catの血を引く馬を日本に持ち込む事は容易な事でしょうが、この馬が日本の地に来たのは20年も前の事です。当時これ程までにStorm Catの血が日本で活躍するとは多くの人が予期していなかったハズです。それだけ故・伊達秀和オーナーの先見の明がいかに素晴らしかったのでしょう。これほどまで血のロマンを永続出来たのはロマン派のオーナーブリーダーさんとフィガロの努力と執念の賜物だと思います。

不遇の葦毛馬・フィガロ。君は現役時、非凡な能力を活かす事が出来ず辛い想いをしただろう。これまでに未完の大器、無冠の王者は数いれど、君程その言葉が当てはまる名馬はそういないだろう。ターフでは僅か3戦しか歴史を刻むことが出来ずともサラブレッドの血の系譜には今や君の血は受け継がれている。これからは少しペースダウンしてゆっくりと余生を暮らしながら、子孫の活躍を見守って欲しい。

次世代に夢と浪漫を繋いだ奇跡の馬・フィガロ。その名の通り、君の作品はまだ、二部作までしか創られ上演されていない、君の三部作の終焉は君の、そして君の息子たちが未だ掴み取っていない大舞台での勝利にて一時幕を閉じるだろう。そして願わくばその先に、名オーナーが見据えていた、夢も観てみたい...。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-11-17 18:00 | 馬名・フ~ | Comments(0)

第97回目は第40回デイリー杯2歳Sの勝ち馬、SS最終世代の良血産駒"マルカシェンク"part2です。

通算成績35戦5勝、主な勝ち鞍、デイリー杯2歳S、関屋記念。
デビューから3連勝で次年度のクラシック戦線の主役候補となったものの、骨折によりクラシック戦線では満足な調整が出来ず結果を出せないまま3歳戦を終え、その後も病気等で満足にレースを使えないながらも素質の片鱗をみせ走り続けた馬でした。

そんな不器用でほっとけないお坊ちゃま気質の愛すべき馬・シェンクに数年ぶりに会いに行きました。

b0234851_17591567.jpg


おー、今回は放牧地にいるのか!これはシャッターチャンスあるかも?

b0234851_17592910.jpg


でも、またお尻向けられるのかなー...って、おっ!いたいたシェンク久しぶり。

b0234851_17593984.jpg


今日は近くで会えて嬉しいよ、元気そうで良かった。

b0234851_17594977.jpg


えっ、気づいてくれた?シェンクありがとうー!やっと顔をハッキリ観る事ができたよ。

b0234851_180065.jpg


うん?どうした、どうした?急にソワソワして?

b0234851_1801255.jpg


もしかして?遊んでくれるの?嬉しいなー、でもねー...

b0234851_1802388.jpg


残念だけど遊ぶ事は出来ないんだよ、ゴメンね。今日は凄く甘えん坊さんだねー。


この写真は以前の繫養先でのものです。

現在は社台グラスファームさんにて種牡馬を継続する様です。

本年の種付け数は辛うじて二桁をキープ出来ていますが、中々種付け数が伸びない状態が続いています。確かに成績的には目を引かない馬ですが、血統は父・サンデーサイレンス、母・シェンクは名種牡馬・Zafonicの血を引く伊のG1馬という超が付く程の良血馬です。サンデー系の肌馬には配合出来ませんが配合次第では母系の良血を受け継ぐ名馬の誕生も夢ではないと思います。

個性派の良血馬・シェンク。君は現役時に怪我や病気に見舞われ実力を発揮する事が出来なかったろう?今はまだ君に流れる偉大な血を爆発させる事が出来ていないけど、心配は要らないよね。何故なら、君はスタートダッシュがあまり得意では無いからね。気長に待つとするよ。

サンデーが産み出した最後の良血馬・マルカシェンク。晩期には個性的な面だけが取り上げられ真の実力と良血が見過ごされてしまった気がする。いつの日か君の偉大な血から君の成し遂げらなかったG1のタイトルを獲得する名馬の誕生を祈っているよ。新天地でも元気でね。

頑張れ、マルカウォーレン!君にシェンクの未来がかかっている。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-11-12 18:00 | 馬名・マ~ | Comments(0)

第55回目は第8回武蔵野S勝ち馬"サイレントディール"part4です。

当ブログで最多となる4度目の登場となります。凄いなー、ディール。

ですので、野暮な説明、詳細は省きます。

彼に再々々び・に会いに行きました。

b0234851_17482412.jpg


四度目になろうが、どうせ変な登場の仕方や天邪鬼な行動するんだろうな、きっと。

b0234851_17483512.jpg


って、おい!どうした?どうした?ディール?今日は普通に登場かい?

b0234851_17484537.jpg


いや、失礼。元気していたかい?今日は珍しく正面から撮らせてくれるんだね、ありがとう。

b0234851_17485567.jpg


うんうん、いいねー、黙っていてくれるととても撮り易くて嬉しいよって...もしかしてちょっと前に来てる?「イヤ、動いてないよ...」って、そうかなピンとがズレてるんだけどなー。

b0234851_1749591.jpg


もおーやっぱり前に来てたなー。何かダルマさんが転んだしてたみたいな気持ちだよ(笑)。やっぱり、ディールも面白い仔だなー。君のその掴み処ないところが大好きだわ。

b0234851_17491470.jpg


黙っていれば良血のイケメンお坊ちゃまなのにねー、でも今日は近くで会えて本当に良かったよ。


現在もブリーダーズ・スタリオン・ステーションさんにて当て馬兼、種牡馬として繫養されています。

現在も種付け数は一桁台の状態は続いており、種牡馬継続としては未だ危うい現状です。しかし、そんな少ない産駒の中から愛息・ラッキープリンスが本年の東京ダービーを制覇し、頑張っています。この先ラッキープリンスに続く活躍馬の誕生を祈りたいものです。

芝・ダート兼用のSS産駒・サイレントディール。近頃、君の同族の甥っ子たちが続々スタッドインしている。その性で君の種付け数の保持は益々難しくなるかもしれない。しかし、どうだろう?考え方を変えれば、君の一族の血がそれだけ、かわれているという事だと思う。それだけに決してリスクばかりではないと思う。窮地をチャンスに変える機会が来たと思おう。君の血から芝・ダート重賞、G1制覇の産駒が誕生する事を願っているよ。

天邪鬼のイケメンお坊ちゃま・ディール。何時までも元気でいておくれ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-11-10 18:00 | 馬名・サ~ | Comments(4)

第276回目は第42回京王杯2歳S勝ち馬"マイネルレーニア"です。

通算成績36戦6勝、重賞2勝。
デビュー戦こそ大敗したものの、二戦目以降は逃げ脚質に変換し連勝、重賞でも三着となり迎えた京王杯2歳Sにて重賞初制覇。その後二戦の重賞では掲示板入りするものの、その後は成績が振るわず一時は自己条件に降級するものの、準OP、OP特別勝ち上がり、再度重賞制覇を成し遂げた馬でした。それ以降は勝ち星に恵まれませんでしたが、逃げ脚質でG2を2勝した快速馬で短距離戦にはかかせない名脇役馬でした。1600mまで距離がもてばもう少しレース選択に幅が増え、勝ち星が増えていたと思います。

そんな短距離戦線の常連馬・マイネルレーニアに会いに行きました。

b0234851_16264435.jpg


レーニア、初めまして。その井出達もすっかり板についたようで良かった、新しい仕事はなれたかい?

b0234851_16265824.jpg


お仕事頑張ってね。真面目で一生懸命な君ならきっと務め上げれるハズだからね。


現在はJRA札幌競馬場乗馬センターにて乗馬馬兼誘導馬となっています。


父・グラスワンダー、母父・サクラユタカオー、そして母系には名牝・ナイスランディングの血が流れる魅力溢れる血統だけに種牡馬入りしても中々面白味がある馬だと思いますが、こうして誘導馬という馬生が送れる事がこの馬にとって最良な事に思えます。

諦める事を知らない努力家のレーニア。君は早熟と思われながらも腐らず、生真面目さと精神力を持って今一度重賞タイトルを手中に収め不屈の馬だ。新しい事ばかりで戸惑う時があるかも知れないけど、君なら、きっと着実に仕事を覚え、学習して行くハズだろう。君の第二の馬生が実りある幸福なものである事を祈っているよ。また会いに行くからね。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-11-04 18:00 | 馬名・マ~ | Comments(0)