<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第249回目は史上初の天皇賞(春)二連覇馬、「ターフの大名優」"メジロマックイーン"です。

間違いなく日本競馬界歴代屈指の大名馬であり、スターホースでしょう。

正直なところ、私はマックの事が一番好きな馬でもなく、お気に入り馬でもありません。同期ならホワイトストーン以上に好きな馬はいません。

しかしながら、この時期から競馬を観始めた私にとってこの馬は...
最強とは?王道とは?浪漫とは?という全ての競馬観を植え付け、諭してくれた私の指針となった大名馬です。なので現在でも古馬となっての最強、エース的な馬の資質を見極める基準は全てこの馬との比較となってしまっています。それ程、私の脳裏に鮮明に残り続け、影響を与え続けている名馬です。

マックの事は何から書けば良いか分かりません。同門・同期のライアンとの事、そして世代を跨いだライバル、テイオー、ライスとの事。若き天才騎手を真の天才として成長させた事、等など多くの事柄が浮かびます。

そんな語るべき事柄が幾つもある名馬ですが、私がマックについて一番熱き想いがあるのは史上初の天皇賞(春)2連覇の偉業、そして父子3代天皇賞制覇の大偉業を成し遂げた事です。兄の影響もあり、競馬というスポーツをただ漠然と観始めた頃に、競馬というギャンブル的要素と馬の駆けっこだろう?位にしか認識していなかった若造に競馬というものの奥深さを魅せてくれたのがマックでした。

当時、古馬最強を決めるレースと云えばまだ天皇賞・春だった時代に親子に渡り3代で制覇する、二連覇を成し遂げる等、素人ながら想像を絶した衝撃でした。「競馬というものは一体何なのか?明らかに他のスポーツと何かが違う、何だ?何が決定的に違うのか?」と辿り着いた結論が血の世界でした。

ブラッドスポーツ...。今まで競馬中継などで無意識に聞き流していたフレーズが頭の中で何度もリフレインしました。そこから、私は競馬の本質に向かって少しずつですが勉強を重ね続けたのです。

競馬というモノは可笑しいものです。世代や性別、人種そこには貧乏人も金持ちも全ての柵がなく、ただ二分前後の競走に一喜一憂する、不思議な魔力を持つスポーツです。

競馬に何を求めるでしょう?ギャンブル性でしょうか?速さでしょうか?強さでしょうか?それともサラブレッドの持つ美しさでしょうか?どれも素晴らしい魅力に思います。しかし、私が一番求めているのは競馬に携わる人生や背景、そして何よりも最高のロマンなのです。私にとってその点でこれ程、感動と希望とロマンを濃縮したスポーツはありません。

話が逸れてしまいました。その浪漫や感性を目覚めさせ、育んでくれた名馬がマックでした。

そんなマックに会う事は叶いませんでしたが、念願叶ってお墓参りに行くことが出来ました。


b0234851_12212562.jpg


おー、マック。初めまして、こんな姿で対面とは悲しいね。

b0234851_12213619.jpg


スッカリ真っ白になって、若い頃は真っ黒に近かったのに...まるで晩期のマックの毛色みたいだね。誕生日に去るのはマックらしい、何かを伝えたかったかい?

b0234851_12214745.jpg


天国では盟友テイオーや、仲良しのサンデーと会えたかい?そしてお兄さんと菊花賞の話、お父さん、お祖父さんと春天の話でもしているのかい?


現在はメジロ軍団の総本山にて家族たちと一緒に眠っています。

葦毛伝説の継承者・メジロマックイーン。現役時代は余りにも強すぎる故に、兎角言われた事もあったね。でも、それも君に与えられた宿命だと思う。最高の相棒(内浩、ゴメン!)である天才かつスター騎手・武豊と王道を歩んだのだから、其処には沢山の柵や妬みがあったんだよね、きっと。君は競走馬としても最高だったね、君の事をステイヤーと呼ぶ人がいるけど、私は決してそうは思わないんだ、だって私にとっての君の最高レースは引退レースとなってしまった京都大賞典なんだから、あのレースには本当に度胆を抜かれた、こんなに強い馬は絶対にいないや!と本当に思ったもの。やっぱりJCと秋天のタイトルが欲しかったね、でもあのレースはプレクラスニーに1つビッグなタイトルをあげたかったから良いよね、君は沢山タイトルあるし...。あと一つ君を凄いと思うのは人づくりだと思う。まだ大物調教師ではなかった池江泰郎先生を真の大物にし、武豊という秀逸な逸材を名実ともに真の天才・スターにしたのも君だと思っている。本当に君の偉大な蹄跡はいつまでも続くんだろう...。あっ、そうだ一番大事な蹄跡を忘れていたね。君の孫たちの事...君は父としては君程の名馬を誕生させる事は出来なかったけど、その偉大な血の系譜は今となって輝きを取り戻している、近い将来、君の4✕3(奇跡の血量)の産駒も誕生するんだろうね。

夢とロマン、そして強さと気高さを兼ね持って万能の比類なきスターホース・メジロマックイーン。その蹄跡は未来永劫語られ、繋がれてゆくだろう。また、私の心の奥底まで響き渡る、君の様な名馬に出会いたい!天国からそんな名馬の誕生を祈っておくれ。ありったけのロマンをありがとうマック、安らかに...。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-04-29 17:00 | 馬名・メ~ | Comments(2)

第248回目は第141回天皇賞・春勝ち馬、「愛すべき老将」"ジャガーメイル"です。

昨年の天皇賞・春まで競走生活を送り、馬齢10歳まで駆け抜けた素晴らしき古豪でした。

中央競馬としては超高齢まで走り続けながら通算で34戦しか走っていなかったのは関係者様が適正を見極め、脚元の状態を看ながら使い続けた証の様に思えます。重賞勝ちは一勝なれども、老いても直向きに走り続ける姿に魅さられ続けた人はただ多かった様に思えます。

同じく古豪で同路線の良きライバルであった、トウカイトリック翁(大泣...)と並ぶファンに絶大に支持された馬でした。そんな大好きなジャガーさんに会いに行きました。


b0234851_12175867.jpg


ジャングルの子供というのがまた、大好きな要因の一つなんだよねー。

b0234851_1218108.jpg


おー、そこにいらっしゃるのは!ジャガーさん、なんですか?

b0234851_12182184.jpg


ジャガーさん、初めまして。わ、わたっしは、ホント、本当にアナタが大好きなんです。

b0234851_1218319.jpg


うわー、少しずつ近づいてる。でも、お顔が見えないなー。

b0234851_12184369.jpg


おっ!ついに見えた!そうそう、この顔、この顔。ジャガーさん、お元気でしたか?

b0234851_12185489.jpg


いつも、凄く深いブリンカーとメンコをしていたけど本当はこんなにカワイイ顔をしているんですもんね。

b0234851_12191515.jpg


第二のジャガーさんの馬生が穏やかで幸あるものである事を祈っています。


現在はノーザンホースパークさんにて乗馬馬として頑張っています。

見学中も話しかけると直ぐに近寄って来てくれ、近くに寄り添ってくれていました。高齢に見えない若々しい表情に驚き、その優しい表情をみて改めて大好きになりました。歳は私の方が当分上なのですが、何故かジャガーさんには敬語を使ってしまいます(笑)。

私的には大好きなジャングル産駒で、牝系が素晴らしい血統であるジャガーさんに種牡馬になって欲しい気持ちはあったのですが、余りにも主流血統である血だけに種牡馬となっても種付け数が集まらなかった可能性もあり、種牡馬として成功出来なくなるよりは現在の状況の方が良かったのかも知れません。

長きに渡りファンに愛され続けた、古豪・ジャガーメイル。脚元と相談しながらダマし、ダマしで良く頑張ったね。G1・重賞勝ちは一勝だったけど、脚元がしっかりしていればもう一つ、二つタイトルが増えていただろう。でも、重賞でどうこうよりも、君が出走するレースは掛け値なしで応援していたよ。そんな気持ちになっていたのは私だけではなかったハズだよ。きっと君にはとんでもない魅力があるんだね。君なら持ち前の仁徳(馬徳?)で第二の馬生もしっかりと充実したものになるだろう。だから、身体に気を付けて長生きして下さい。

老将・ジャガーメイル、君がターフに残した蹄跡は少なくとも、ファンの脳裏にはその一戦、一戦が刻まれているだろう。本当に長きに渡り、夢と希望をありがとう。これからもお元気で...。

馬房で和んでいるジャガーさんの姿を観たい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-04-28 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(2)

第247回目は第4回福島牝馬S勝ち馬、「春めく女優」"スプリングドリュー"です。

これまでの重賞戦線の頭打ち感が嘘の様な、目の覚める様な末脚で並み居る女優たちを一掃したレースでした。通算成績48戦7勝、初重賞制覇まで40戦以上も要しましたが長い年数をかけ、積み重ねてきたものが実った瞬間でした。牡馬ですら、50戦近く走れる馬は稀ですが、牝馬でまして7歳にして重賞制覇した苦労馬のご褒美としては最高の贈り物でしょう。

そんな頑張り屋さんの女優・スプリングドリューに会いに行きました。

b0234851_11514565.jpg


初めまして、ドリュー、元気してたかい。ちょっと眩しいのかな?

b0234851_11515890.jpg


いやー、一段と色白になって益々、美人さんになったね。あー、そっか、もしかして照れてるの?

b0234851_1152954.jpg


やっとお目目を開けてくれた。照れなくても良いんだよ、本当の事なんだから...。

b0234851_11522253.jpg


表情が柔くなった、ちょっとはリラックスしてくれたのかな?

b0234851_1152335.jpg


最後にお気に入りのポーズをよろしく!おー、いいね。流石・女優さんだけありますねー(笑)。


現在、繁殖牝馬として頑張っています。

繁殖に上がってからは毎年の様に産駒を産み出し続けています(昨年は残念だったのですが...)。その中でも数頭デビューしていますが、今はまだ大物馬として大成出来ていない状態です。しかし、悩む事はありません。何故なら、ドリューも遅咲きに開花した馬だけに順調に着実に競走を重ねて行けば自ずと結果が出るハズです。なので、焦らず、じっくりと育てていって欲しいモノです。

父は大種牡馬・Miswakiの血を引くミシル。母系には名種牡馬ノーザンテースト、そしてアルゼンチンの名種牡馬の血が流れサンデー系種牡馬とも配合出来る奥深い血統だけに素晴らしい産駒の誕生も夢ではないと思います。

名の通り、春に時めきを与えてくれた色白美人の女優さん、スプリングドリュー。同期の名女優たちの様なスター街道は歩めなかったけど、最後には君も大舞台で主演を張る事が出来たね。世の中には早くからスターになる人もいるけど、私は君の様に地道に着実に自己の道を究め、そして花開く方が好きなんだ。長きに渡り本当に良く頑張ったね、同期の中でも出演本数は君が間違いなくトップだね。あとは子供たちに夢を託そう。

健気で堅実に駆け抜けた名女優・スプリングドリュー。この先、君の美しさと気高さを受け継ぐ、名女優、名俳優の誕生を夢みているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-04-22 18:00 | 馬名・ス~ | Comments(2)

第246回目は第40回皐月賞勝ち馬、「重戦車」"ハワイアンイメージ"です。

この馬が勝った年の皐月賞は勝ち時計・2分10秒2が表している様に、泥んこ、水田の様な最悪の不良馬場だったと云われています。その異常状態にどの馬も苦しんだ中、一頭、天運を与えられた馬がこの馬でした。後に「重馬場の鬼」と呼ばれる名馬の一世一代の激走が実った一戦。次戦、当然の様にダービーに出走するものの、良馬場かつ距離適性がなかったためか14着と大敗。しかし、その一戦がこの馬のその後の路線を確立させていき、ローカル戦、ダート戦で活躍した異例の皐月賞馬でした。

当年の皐月賞馬がローカル戦線に参戦!というのは現代でも驚きでしょうが、その馬の個性と適正を見極め無理をさせずに競走生活を送らせるという点では関係者様の英断は素晴らしい事に思えます。現代の様に交流重賞が盛んな時代に産まれていれば重賞のタイトルも増えていたかも知れません。

そんなクラシック馬の異端児・ハワイアンイメージのお墓参りに行きました。

b0234851_11495878.jpg


名門・明和牧場さんに産まれ、皐月賞馬になる一見エリート馬の様に思えるね。それにしても、とても愛らしい顔だなー。

b0234851_1150940.jpg


初めまして、ハワイアンイメージ。ホントは生きている時に会いたかったなー。

b0234851_11502170.jpg


でも、こうして今も大切にされている。それだけできっと幸せだね。会えて良かった、安らかに...。


現在、産まれ故郷の地の穏やかな場所にて眠っています。

競走馬を引退後、種牡馬として繫養され少ない産駒の中から味のある名脇役馬・ハワイアンコーラルを産み出しています。血統背景は姉妹に重賞ホースがいる素晴らしい血だっただけにもっと活躍馬を輩出してもおかしくないと思うのですが、この時代位から血の変換期で海外のA級種牡馬が輸入され始めていたので余計に種付け数を確保する事が難儀だったのでしょう。

筋骨隆々の大型馬・ハワイアンイメージ。君の名前から想像するのは常夏の太陽がサンサンと輝く爽やかな馬場が好きな感じだけど、君が好きなのは水も滴る、泥んこの水田の様な馬場なんだよね。そんな馬場が得意なのはきっと君の類稀なるパワーと精神力があるからこそだと思うんだ。多くの人が紛れで獲れたクラシックのタイトルだというけど、私は決してそうは思わない。何故なら運も味方にさせる事が出来た馬がクラシックの栄光を掴める選ばれし名馬だと思うから。たった一戦、一勝と呼ぶ人は数多いるけど、その一戦を勝利出来ないで泣いた名馬は数知りれない。その点でも君は競馬の神に選ばれた紛い無き名馬だ。

雨とローカルとダートを愛した、異色の皐月賞馬・ハワイアンイメージ。君の様な馬をリアルタイムで観る事が出来ていたら、私はどれ程君を愛していただろう?天国では同期のライバルと歴代の名馬たちと駆けっこをしているのかな?そりゃ、並み居る三冠馬や最強馬に勝つ事は大変だろうけど、大雨さえ降れば、きっとね。その時は私はどんな名馬より君の単勝に全てを注ぎ込むよ(笑)。

日陰街道を歩んだ、異端の皐月賞馬ハワイアンイメージ。君は産まれるのが少し早過ぎただけなのかも知れないね。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-04-15 18:00 | 馬名・ハ~ | Comments(4)

第140回目は第69回皐月賞馬「比類なき者」"アンライバルド"part2です。

四角から坂を駆け上がる豪脚は何度観ても痺れます。ライバル等いない、唯我独尊とは正しくあのレースだと思わせれる一戦でした。その後は泥んこダービーのダメージと故障あってか活躍する事は出来ませんでしたが、中山コースを豪快に駆け上がる姿を観ただけに、無事なら欧州芝でも可能性があったのでは?と思わせる馬でした。

そんなアンライバルドに二年ぶりに会いに行きました。

b0234851_114763.jpg


ホント、名は体を表していたね。

b0234851_11472372.jpg


アンライ、久しぶり。今日は放牧地での出会いだね。

b0234851_11473614.jpg


元気だったかい?食欲もありそうだし、元気そうで何よりです。

b0234851_11475919.jpg


後ろ脚の靴下と中央の真っ直ぐな流星。相変わらず、姿形がカッコイイなー、ホント惚れ惚れしてしまうよ。

b0234851_11474860.jpg


そうだ、たっぷり食べて元気でいて良い仔を出すんだよ。じゃあね。


現在もブリーダーズ・スタリオン・ステーションさんにて種牡馬として繫養されています。

やはり、父が現役バリバリの種牡馬である事と早熟気味な成績がネックとなってしまっているのでしょうか、産駒数は初年度45頭だったものの昨年は14頭と右肩下がりの状態です。しかし、今年デビューの産駒たちが勝ち上がれば自ずと種付け数も確保でしょうから、是非とも産駒には頑張って欲しいモノです。

比類なき者、アンライバルド。現状に悲観する事はないよ、何故なら君には二冠馬の血、そして偉大な名牝・バレークイーンの血が流れているんだから。競馬は血のスポーツだ、だから数は少なくとも必ずや君の類まれなる血が活きると信じている。なーに数年後には親仔・皐月賞制覇馬や春・二冠馬、そして君の一族でまだ制覇していない菊花賞馬の誕生があるハズだよ。君の産駒で一族・三冠を狙おうじゃないか。

偉大なる血の系譜を受け継ぐ者、アンライバルド。その血が未来永劫続く事を心より祈っているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-04-14 18:00 | 馬名・ア~ | Comments(2)

第245回目は第24回NZトロフィー勝ち馬"マイネルスケルツィ"です。

デビュー戦から期待されていたものの初勝利まで三戦要しました。しかし、その後は着実に力をつけ、500万下の勝利から連勝で初重賞勝利となりました。後のG1ホースもいた中でのG2勝ちはこの馬の能力の高さを表しているように思えます。

通算成績は42戦5勝、重賞勝利は2勝。二歳から芝・ダート問わず、マイル前後の距離を怪我なく走り続け重賞戦線に欠かす事の出来ないマイネル軍団の中堅ホースでした。

そんな頑張り屋さんのスケルツィに会いに行きました。


b0234851_9412446.jpg


スケルツィ、初めまして、何だかカッコイイ頭巾みたいの被っているねー。

b0234851_9422152.jpg


少し前まで現役で走っていたと思っていたのに今ではスッカリ誘導馬として頑張っているんだね。

b0234851_9435646.jpg


君の周りには凄い人だかりが出来ているね。今も多くのファンの人たちに愛されているね。

b0234851_9451569.jpg


優しい顔つきだな。君が頑張った分、ファンの人も君への思いが沢山あるんだね。


厚かましい様ですが、昨今、余りにも目に余る行為が多いので...1つ忠告したいのですが、いくら競馬場のスタッフさんが触れ合っても良いとおしゃって下さったからと言って、その馬が嫌がっているのにも関わらず、無闇矢鱈の撮影や触れ合いはよして下さい。会いたい気持ちや目の前にいる嬉しさは分かるのですが、何よりも馬優先です!ルールを守って馬にも関係者様にも迷惑が掛からない程度の見学を心掛けましょう!

現在は札幌競馬場にて乗馬、そして開催日には誘導馬として頑張っています。

父がグラスワンダーなのでSilver Hawk、Danzig、His Majesty。母系にはMachiavellian、Shirley Heights、Nijinsky II等、世界的な血が織り交ざっている血だけにこういう馬を種牡馬にしていたら面白かったのではないか?と思ってしまう位の魅力的な血統背景を持つ馬です。

しかし、種牡馬になるだけなって種付け数が延びず直ぐに廃用となってしまうよりは、こうしてファンの目の届くところでお仕事が出来る事が良いのかも知れません。

長きに渡り、短距離重賞戦線を賑わしてきた頑張り屋さんのスケルツィ。今はまた新たな職場で堅実に真面目に日々の仕事を頑張っている。確かにG1ホースは強くて人気がある馬が多いけどレースでは君の様な存在がとても重要だと思う。もちろん、今の仕事もレース前の大事な仕事だしね。競走馬時はスター街道まっしぐらの路線ではなかったけど、今の君の道も健気な君の性格が生きる素晴らしい仕事だと思う。これからも君と出会う人たちに競馬の良さ、そして馬の良さを伝えておくれ。頑張れスケルツィ、また会いに行くからね。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-04-09 18:00 | 馬名・マ~ | Comments(4)

第23回は第33回産經大阪杯勝ち馬、四白流星の王子様”ヤエノムテキ”part3です。

スーパースター揃いの世代の中でも一際輝きを放っていた名馬でした。

強さの点は同期のオグリ、クリークの方が分があるでしょうが、美しさと愛らしさではこの馬が一番だったと思います。派手な風貌そのままにターフを駆け抜けた競走馬ヤエノムテキ。強さと美しさを兼ねた素晴らしき名馬でした。

現役時も好きな1頭でしたが、私がこの馬の事を大好きになったのは引退後に出会ってからでした。そのヤンチャさ、底なしの愛らしさと可愛らしさに魅せれられ続け、会うたびに好きになってしましました。

そんな愛おしいヤエノが昨年還らぬ事になってしまった事は非常に悲しい事でしたが、お墓が建立されたの事ですのでお参りに行きました。


b0234851_9295592.jpg


ヤエノ、本当に土に還っちゃったんだね。あんなに元気だったじゃないか、何で、なんでなの?寂しいよ、ただ寂しい。

b0234851_10212811.jpg


君と出会えて本当に良かったよ、君と過ごしたひと時決して忘れないからね。


現在、優駿メモリアルパークさんにて眠っています。

これ程の名馬の血を後世に残す事が出来なかったのは非常に残念ですが、終生までこれ程までにファンと関係者様に愛され続け終焉を迎える競走馬はほぼ皆無です。そんな馬生を送る事が出来たヤエノの馬生はとても幸せだったと思います。

イタズラ小僧で甘えん坊のヤンチャ王子、ヤエノ。天国ではオグリやクリーク、チヨノオーたちに会えたかい?積もる話も沢山あるだろう。そして一番会いたかったシヨノロマンには会えたかい?現世では結ばれる事はなかったから、そちらでは仲良く出来るといいね。


四白流星の栗毛の王子様・ヤエノムテキ。私は君の井出達と舞を忘れない。天国では仲間たちと仲良くしておくれ、ありがとう、安らかに...。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-04-02 18:00 | 馬名・ヤ~ | Comments(4)