<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第218回目は異端系SS・後継種牡馬筆頭"エイシンサンディ"です。

自身が未出走で種牡馬だけでも珍しい事ですが、そんな状況で良い産駒を輩出し続けている稀な種牡馬です。時に海外では良血というだけで種牡馬入りし成功する例がありますが、日本では本当に希有なケースに思えます。それだけに平井オーナーの相馬眼は素晴らしいものがあったと思います。


b0234851_20142728.jpg


やっと希有な名種牡馬サンディに会えるのか...。

b0234851_20143849.jpg


おっー、居たいた。この馬体で未出走とは思えないなー。

b0234851_20145044.jpg


サンデー系で血だけで成功しているから、かなり父親に似て気性難かと思ってけど、結構親しみ易そうな普通の仔なのかなー?

b0234851_20152310.jpg


って急にどうした?唸り声を上げて蹲って...。お腹でも痛いのかいサンディ?

b0234851_2015378.jpg


倒れこんじゃった。うわぁーこりゃ、本格的にヤバい。大丈夫かーサンディ!疝痛でも起こしたのだろうか...?早く従業員さん呼びに行かないと...。

b0234851_20152761.jpg


なっ、何?「ダイジョブだからほっとけ!」だって...。そんな無理言わなくていいんだよ。今...って何?「ちょっと黙ってて!」って、もしかして?

b0234851_20153993.jpg


ナニー、そうやって寝るんかい!放牧地とはいえ、人前で大鼾かいてそんな寝方して寝る馬初めて観たよ(笑)。まあ、病気じゃなくて何よりでした。

b0234851_2016453.jpg


やっぱり、あなたは個性派だったね。そのサンデーっぽさが仔供たちに遺伝しているんだろうね。

見学中、急に倒れ込み、一時はドギマギして心配していましたが、そんな事お構いなく爆睡するサンディでした(笑)。やはりこれ位の個性と度胸が無ければ種牡馬として成功出来ないのかも知れません。

現在はレックススタッドさんにて種牡馬として繫養されています。

種牡馬入り当初、無料で種付けしていた種牡馬が産駒デビューと共に一時、一桁台に落ちるものの活躍馬が出てからは150頭!近く集め、主に地方競馬でコンスタントに活躍馬を輩出してきました。現在はまた一桁台になってしまったもののその血を後継種牡馬に残す事が出来た事は素晴らしい功績に思えます。孝行息子・セイクリムズン、そして、ミツアキサイレンスがサンディの血を残してくれると信じています。

サンディ、君は種牡馬としても異端だが個性も期待を裏切らない異端児だった。これから君の残りの馬生が豊かで穏やかなものである事を願っているよ。あと、次に会う時はその急に倒れ込むのだけは勘弁してくれないかい?あれは心臓に良くないから、いつまでも長生きして偉大な父の個性を魅せ続けておくれ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-07-30 18:00 | 馬名・エ~ | Comments(6)

第217回目は第57回中京記念勝ち馬"サクラオリオン"です。

通算成績41戦6勝。重賞勝ちは中京記念の他に函館記念の2勝。

故障を挟みながらも着実に自己条件をゆっくりと勝ち上がり、30戦弱を要し、重賞初制覇まで辿り着いた根性馬でした。一線級のレースでは歯が立たなかったものの、2000m前後のレースを中心に堅実に走り抜けました。

b0234851_20245451.jpg


元気しているかなー、おっ、居たいたオリオン。

b0234851_2025721.jpg


オリオン、初めまして。お食事中でしたか?

b0234851_20251812.jpg


おっ、こっちに気付いた?元気そうだねー。

b0234851_20253397.jpg


警戒されたかなー。突然現れたから、驚かせてしまったかなー。

b0234851_20254639.jpg


君はきっと神経質で怖がりなん...ってあれ?ちょっと様子が違うぞ。

b0234851_20253567.jpg


そうなんだもんねー。君はめちゃくちゃ人懐っこい仔なんだもんねー。

b0234851_20265839.jpg


それにしても君には警戒心ってものはないのー?まあいっか、こっちは君のその表情が観れれば幸せだもん。

現在は新和牧場と種付け時期はレックススタッドさんにて種牡馬として繫養されています。

父は世界のエルコンドルパサー!そして母サクラセクレテームにはDanzig、Secretariatの血が流れ、尚且つ半兄は道営の英雄サクラハーンがいる良血馬です。成績は地味かも知れませんが配合次第では大物が現れても可笑しくないと思う一頭です。種付け数が一桁台となってしまいましたが産駒がデビューすればその評価も一変する気がします。

オリオン、君は着実に堅実に勝ち星を重ね、重賞を勝ち取った根性馬だ。君ならこの逆境を跳ね返し、必ずや亡き父・エルコンドルパサーの後継種牡馬になってくれると信じているよ、競馬界の空に輝けオリオン。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-07-24 18:00 | 馬名・サ~ | Comments(4)

第216回目は第35回函館記念勝ち馬"ジョービッグバン"です。

軽ハンデ・50キロを活かしての重賞初制覇。条件戦を勝ち上がった後の重賞制覇とはいかにも夏の上がり馬らしいですが、前走が500万下とは極稀なケースだと思います。それ程急成長を遂げていた時期だったのでしょう。その後二戦は昇級した洗礼を受けてしまいますが、年明けに金杯、小倉大賞典と連勝。初のG1挑戦した宝塚記念も三着となり、実力があるところを魅せ付けたのですが、その後は燃え尽きた様に勢いを失くし、掲示板に載る事もほぼ無くなってしまいました。

何といってもこの馬といえば、担当であった坪正直先生と相棒の山田和広・元騎手との結びつきでしょう。この三位一体の関係が多くの重賞タイトルを獲得できたのだと思います。

b0234851_2022672.jpg


G3とはいえ三勝もしているとは改めて大した馬だよ。

b0234851_20212340.jpg


おっ、いたいた、ビッグバンお食事中ですかー?

b0234851_20213382.jpg


こっちを向いてくれた!おーい元気していたかい?

b0234851_20214766.jpg


近づいて来てくれたの?初めましてビッグバン、ありがとうね。

b0234851_20215985.jpg


それにしても、君はどうしてこんなに人懐っこいのかなー?

b0234851_20221165.jpg


全く人間を警戒していないよね、あっそうか、きっと君は今まで携わってきた人達に大事にされてきたからだね。

b0234851_20231694.jpg


そろそろ時間だから名残惜しいけど帰るね。バイバイってそんな表情で見送られると...帰り辛くなってしまうよ(泣)。

b0234851_20225951.jpg


では、元気でね。いつまでも君がこんな風に穏やかに暮らせる事を祈っているよ。だから元気でいてね。

見学中、何処にいても近くで寄り添い、時に近寄り過ぎだよ(笑)!と思うくらいサービスしてくれた優しい仔でした。この仔を生で見て感じた事は愛らしい表情や人懐っこさも勿論ですが、一番はその馬格です。私の様な素人がみても惚れ惚れしてしまう、均一がとれた馬体に一目で心を奪われてしまいました。サンデーの走る仔とは正にこういう馬の事なんだなーと思いました。一目でもビッグバンに出会った人は彼に惹かれてしまう事間違いなしです!

現役を引退後、数年は種牡馬として頑張っていましたが、サンデー系のライバル種牡馬たちがいた為、種付け数がとれず引退してしまいました。現在は産まれ故郷である習志野牧場さんにて功労馬として穏やかな日々を送っています。

ビッグバン、産駒はあまり残せなかったけど君は幾人にも夢や感動を与えてくれた記録よりも記憶に残り続ける名馬だ。この先も愛らしい笑顔で見学に訪れる人たちを和まし、そして虜にしてね。愛しき名馬、ビッグバン、君の日々が穏やかで幸せに包まれる事を祈っているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-07-18 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(4)

第215回目は2002年バーデンバーデンC勝ち馬"モルフェデスペクタ"です。

通算成績19戦4勝、主な勝ち鞍はOP特別・バーデンバーデンCのみながら種牡馬入りした異例の馬です。

父譲りの快速で芝・ダート問わず駆け抜けた競走時代、日本競馬には少ない1000~1200mが主戦の馬だった為と度重なる怪我のせいで大きなタイトルが獲れなかったのは残念ですが、無事であったら1000、1200mレースの王者になっていたかも知れません。


b0234851_1904176.jpg


おっ、あそこに居るのがモ・ル・フェ・デ・ス・ペ・ク・タかー。(口がまわらん...。)


b0234851_1905217.jpg


初めましてスペクタ君、お食事中ですねー。

b0234851_1905872.jpg


食事に夢中で全くこっちに興味ないですなー。まあ、元気そうでなにより。

b0234851_1913929.jpg


おっ、止まった!満腹になったのかなー、それにしても幸せそうな顔してるなー。

b0234851_1914146.jpg


さっきからウルサイなー!食事中に...」ってゴメンね。それでも君の顔を観れて少し嬉しいよ。

現在はレックススタッドさんにて種牡馬として繫養されています。

種付け数は初年度から一桁台と伸び悩んでいましたが、少しづつ地方で活躍馬を輩出した為か昨年は17頭にまで延びました。母系にはビリーヴ等の活躍馬がいる血統だけに活躍馬が出てきても可笑しくあありません。日本では珍しいDehereの直仔・種牡馬だけに何とかラインを築いて欲しいと思っています。

スペクタ、君の知名度はまだまだ競馬ファンに知られていないが、これからジワジワと活躍馬を輩出して有名になる事を祈っているよ。君には米ダート界の大物の血が流れている、きっと君の後継ぎになる仔が出てくることを信じているよ。
[PR]
by hakodatemagosaku | 2014-07-17 18:00 | 馬名・モ~ | Comments(4)

第214回目は第32回七夕賞勝ち馬"サクラエイコウオー"です。

通算成績15戦5勝、重賞2勝。その輝かしい血統ゆえにサクラ軍団のクラシック候補生として期待され迎えたデビュー戦。1.4倍の圧倒的な支持を受けるもののコーナーを曲がりきれず競走中止。その波乱なデビュー戦が彼の前途多難な競走生活を占っていたのかも知れません。

デビュー戦以降、クラシック王道路線を走り、弥生賞では同世代ライバルを圧倒し、クラシック制覇へ大きく近づくものの皐月賞、ダービーと折り合いを欠き大惨敗。その後は気性難と脚部不安から順調にレースを使えないまま、迎えた七夕賞。鞍上に苦労人・西田雄一郎騎手を迎え、彼に初の重賞勝利を、そして自身は二年以上振りの勝利をおさめました。しかしながら、その後また故障し、一度も走れず引退となってしまいました。

大きなタイトルは制覇出来ませんでしたが、魅力ある血統と稀代のクセ馬として思い出深い名馬です。そんな彼に念願叶って会いに行く事が出来ました。

b0234851_20182592.jpg


ここにあのクセ馬"栄光王"がいるのか...。

b0234851_20183687.jpg


おー、あそこに見えるのがエイコウオーか。

b0234851_20194342.jpg


元気そうだなー、今はノンビリと過ごせていそうで良かった。

b0234851_2019039.jpg


エイコウオー、こっちを向いてくれないかなー。

b0234851_2019884.jpg


おっ、向いた!エイコウオー、お願いだよ、こっちにちょっとでも来てくれないかい?

b0234851_18564557.jpg


って嫌だよね、草を一杯食べていた方が楽しいよね。

b0234851_20193272.jpg


それにこうして広大な敷地でのんびり過ごしていれるなんて天国だよね。

見学中、エイコウオーの前を陣取り、ズ~と居座っていましたが、嫌われた為か全く近づいてくれませんでした。でも、広大な敷地で草を頬張るエイコウオーを眺めているだけで幸せな気持ちになりました。

サクラ軍団の故郷の新和牧場さんにて仲間と一緒に功労馬として暮らしています。

大名牝・スワンズウッドグローヴの血を引く血統だけに産駒も観てみたかったですが、こうして現在が幸せなら種牡馬にならずとも良かった気もします。

エイコウオー、君はその荒ぶる気性を持ち合わせていたが故に力を存分に活かす事が出来なかったハズだ。でも現代の競馬には君の様な個性馬を見つける事は皆無なんだ。君の走りは偉大な記録に残らずとも、記憶には深く刻まれている。君の馬生がこの先も穏やかな日々である事を祈っているよ、長生きしてね。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-07-10 17:30 | 馬名・サ~ | Comments(4)

第213回目はSS産駒、砂の影の後継種牡馬”アッミラーレ”です。

この仔の名前を聞いてピンと来る方は地方競馬及びホッカイドウ競馬の熱烈なファンかも知れません。現役時代は中央で走ったものの通算成績は18戦6勝、OP勝ちが2勝と地味ですが、圧倒的な勝ち方と生産牧場のイメージ故か最強のダート馬かも知れないと憶測された馬でした。

b0234851_1744594.jpg


このプレートがかっこよさを醸し出しているなー。

b0234851_17451221.jpg


おっ、そこにいらっしゃるのは今を時めくアッミ君では?

b0234851_17443189.jpg


こっちに気づいた!アッミ君初めましてってちょっと見づらいなー。

b0234851_17443772.jpg


(裏手に廻り込んで...)
おっ、居たいた。でもお顔は見えないなー。

b0234851_17451530.jpg


アッミ君、お願いだからちょっとだけこっちを向いてくれないかい?

b0234851_1745384.jpg


そうだよね、嫌なものは嫌だよね。ゴメンね、嫌な事をして許してね。とにかく、良い仔をだしてね。


見学中は終始カメラを向けられるとソッポを向かれてしまいました。ちょっと悪い事をしてしまった気がします。ゴメンね、アッミ君。

現在はブリーダーズ・スタリオン・ステーションさんにて種牡馬として繫養されています。

その未知の能力が魅力だったのか種牡馬入りし、少ない産駒数からジワジワと勝ち星増やして行き、地方競馬から重賞ホースも現れ、種付け数も伸ばしてゆきました。そして、現在はホッカイドウ競馬いや地方競馬の未来を担う大物ハッピースプリントを輩出し名種牡馬として活躍しています。

私はホッカイドウ競馬の大ファンですのでデビュー時から応援してきたハッピースプリント(現在は大井所属ですが)の活躍は非常に喜ばしいものがあります。スプリントが目指すのはまずは13年ぶりの南関東牡馬クラシック三冠(頼むぞ吉原寛人!)はもちろんですが、そこで終わることなく地方のNo.1。そしてゆくゆくは日本ダート界の頂点を目指して欲しいと思っています。地方競馬と中央競馬の差が益々開き始めている中、この馬に地方競馬、ここにあり!を知ら占めて欲しいと願っております。

話が逸れてしまいました...。

地方競馬の魅力は様々ありますが、私にとって何といっても一番の特徴はこの様な陰日向の種牡馬がチャンスを掴める舞台がある事だと思います。現代競馬そして現代社会は一度でも失敗し、あるレッテルを貼られたらそこでチャンスすら貰えない悲しき無常な世界に思えます。そんな捨てられた仔や人の中でも、二度や三度のチャンスがあればこうして光のある舞台へ再度上がる事が出来るのです。私は地方競馬にその情景をみ、そして僅かながらの望み、夢を抱いています。

アッミラーレ、君は現役時代あと一歩で挫折し檜舞台に上がる事が出来なかった。でも父となり、その息子が今、君の夢、悲願を叶え始めている。君も見返してやりたいだろう、君に見向きもしなかった関係者たちを。なーに心配ないさ、来年の今頃は君は砂の王の父となり、種付け数もウーンと伸ばしているハズだから。だからそれまで、じっくりと英気を養ってくれ、来年の春は嫌でも忙しい年になるのだから...。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-07-06 16:33 | 馬名・ア~ | Comments(4)