<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第206回目は第143回天皇賞・春勝ち馬、「愛の伝道師」"ヒルノダムール"です。

近年でも最高クラスと呼ばれる世代で能力はありながらもライバルたちの後塵を排し続けクラシック制覇は然る事ながら、重賞制覇ですら出来ない状態が続き、この先この強力なライバルたちに勝てないのでは...?と思っていた矢先に古馬となり、レコード勝ちでやっと掴んだ重賞のタイトル。その勢いそのままにG1のタイトルを制覇した名馬です。その後は凱旋門賞挑戦等、攻めの姿勢を貫くものの勝利する事は出来ず引退となってしまいました。

現在では例をみない、デビューから一貫して組み続けた相棒、漢・藤田伸二とのコンビも素敵でした。

b0234851_15565292.jpg


あのヒルノはここにいるのか...。

b0234851_15571641.jpg


おっー、ヒルノ、初めまして、会いたかったよ。

b0234851_15573470.jpg


わざわざ顔をだしてくれたんだね、ありがとう。

b0234851_15575475.jpg


キレイな顔だ、姿を観る限り現役時代から感じていたけど、君はやっぱり繊細な仔なのかなー。

b0234851_15581750.jpg


それにしても若々しい顔しているねー、お父さんというより青年みたいだね。

b0234851_15584639.jpg


えっ、どうした?そんな顔して何に驚いているんだい?

b0234851_1559030.jpg


ナニナニ?「僕はそんなに大人しい仔じゃないよ!」って。そうなのかー、そうだね実際間近で観ていると愛嬌満点だもんね。ありがとう、ヒルノ。


現在はアロースタッドさんにて種牡馬として繫養されています。

見学中、終始顔を出し続けてくれ様々な表情で和ませてくれた気遣いある優しい仔でした。

種牡馬入り初年度は種付け数25頭と厳しい状態でしすが、2年後の産駒の活躍次第ではまだまだ数字を上げれそうな気がします。

母系は日本では主流ではないタイプの血が流れており、母父に神の馬・ラムターラがいる血統も魅力です。父マンハッタンカフェは初年度から多くの活躍馬を輩出し続けていますが、自身級の名馬を輩出する事が出来ず、後継種牡馬も殆どいません。なのでヒルノにはマンハッタンの血を残すためにぜひとも頑張って欲しいです。

ヒルノ、私の中では君は堅実な名中距離馬のイメージの馬だった。なので天皇賞・春を勝った時は驚いたよ。でも、冷静になれば君の父は長距離の王だった訳で納得がいくんだよね。いつの日か、天皇賞親仔三代制覇の夢、クラシック制覇、そして君ら親仔が成し遂げれなかったロンシャンの夢を叶えてくれる産駒の誕生を夢みているよ。

写真では語り切れなかった動くヒルノの人懐っこい姿を観たい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-04-29 16:25 | 馬名・ヒ~ | Comments(5)

第205回目は第41回読売マイラーズC勝ち馬"リーチザクラウン"です。

キャプテントゥーレ、セイウンワンダー、リトルアマポーラ等のG1ホースや、スマイルジャック、スーパーホーネット、シルポート、マルカシェンク、etc、重賞ホースを相手に勝利した一年以上ぶりの重賞勝利。世代最強クラスと呼ばれながらもライバルの後塵を拝し続け無冠に終わったクラシックの鬱憤を晴らすような勝利でした。これから、始まるリーチ快進撃・第二章の始まりか?と思った矢先に骨折...。ピーク時の故障の為かこのレース以降、勝ち星にすら恵まれませんでした。

通算成績26戦4勝、重賞2勝と今となればあのリーチが...と思ってしまう成績に思えます。それ程スケールを感じた一頭でした。

b0234851_15192738.jpg


ここに、あのリーチがいるのか...。

b0234851_15222935.jpg


おー、リーチ出てきてくれたんだね、アリガトウ。

b0234851_1522471.jpg


初めまして、リーチ君、会いたかったよ。

b0234851_15231139.jpg


想像通り端正な顔立ちをした父譲りのイケメンだね。

b0234851_1524278.jpg


君の世代は魅力的なライバルが多かったけど、私は君が一番好きだったよ。

b0234851_15251912.jpg


えっ、ホントだよ。その少し陰を感じさせるマスクが大好きだよ、では、またね。


現在はアロースタッドさんにて繫養されています。

見学中、中々顔を出してもらえず、もう無理なのか...と思った矢先に一度だけ顔を出してくれました。とても繊細で賢そうな印象の馬でした。

初年度は53頭に種付けし、今春に産駒が誕生し続けているようです。父は言わずもがな名馬スペシャルウィーク、そして母父には世界的大名馬Seattle Slew!そして母系にはMr. Prospector、Secretariat等、偉大なる種牡馬が名を連ねています。それ程の良血馬だけに、配合次第ではとんでもない名馬の誕生も夢ではありません。その夢も今年度どれだけの数の牝馬を集める事が出来るかがこれからの種牡馬生活のカギとなりそうです。

リーチ、君はあのスペシャルの大事な大事な後継者なんだ。現役の頃から数々のプレッシャーに追われて辛かったろうけど、君にはどうしても種牡馬として成功して貰いたい。そして君が叶えられなかったG1の勲章及びクラシックのタイトルを「戴冠」する産駒の誕生を心から願っているよ。頑張れリーチザクラウン、いつの日か種牡馬の王となれ!
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-04-24 18:00 | 馬名・リ~ | Comments(4)

第204回目は第47回皐月賞勝ち馬、サクラ軍団一等星!"サクラスターオー"です。

ゴールドシチー、マティリアル...悲劇の世代と呼ばれたスターホース揃いのクラシックで二冠を制覇した名馬。皐月賞を制覇後、鞍上の東信二騎手が指を一本示した通り、これから始まる三冠ショーなのか?と思わせた矢先に故障を発生し、ダービーを回避、しかし長期休養後に出走したクラシック最終戦・菊花賞で見事な復活劇で勝利し、世代最強を示した瞬間でした。その後暮れの大一番・有馬記念に出走するもののレース中に故障を発生し...長きに渡る闘病生活の後、安楽死を措置となってしまった悲運の名馬です。

b0234851_1594071.jpg


ここに伝説の名馬スターオーが眠っているのか...。

b0234851_15152451.jpg


スターオー、初めまして。こんな形でしか会えなかったのは非常に無念だよ。

b0234851_1516294.jpg


あの有馬で無事だったら、君の勲章はどれ程増えていたんだろうか...。古馬戦線でタマやイナリと、そして君にとって生意気な存在の後輩オグリと凌ぎを削っていたんだろうね。

b0234851_1851379.jpg


そんな事を考えただけで胸がワクワクしてしまうのは何故だろうね。きっと君の世代がそう思わせてしまうスター世代だったからだろうね。

b0234851_15164927.jpg


もう、痛みの事は忘れて穏やかに過ごすんだよ。ありがとう。


現在は産まれ故郷の藤原牧場にて眠っています。

日辺りも良く、閑静な場所にお墓はあるのでスターオーが脚の痛みも感じる事、無く穏やかに過ごせていると思います。

スターオー、君は乳母である大名牝スターロツチに育てられ、父はダービー馬ショウリ、叔父にシンゲキ、ユタカオーがいる良血馬だった。種牡馬になっていたら、必ずや親仔三代クラシック制覇の夢を果たしてくれる産駒を輩出していたことだろう。

天国では痛みがないはずだろうから、盟友ゴールドシチー、マティリアル、メリーナイス、タマと一緒に駆けっこを楽しんでね。君の名と功績を後世まで伝える事が遺されたものの使命だと思うよ。悲運世代の英雄をただ安らかに...。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-04-17 18:00 | 馬名・サ~ | Comments(2)

第203回目は第54回桜花賞勝ち馬、兄の夢を叶えた名牝"オグリローマン"です。

泣く子も黙る偉大なるアイドルホース、怪物・オグリキャップの(半)妹であり、クラシック出走が出来なかった兄の無念を晴らした名牝です。デビューは兄と同じく、地方競馬の笠松競馬場。主戦ジョッキーも兄と同じく笠松の英雄・安藤勝己。地方成績7戦6勝、鳴り物入りで移籍したエルフィンSではシンガリ負けとなるものの、続く桜花賞TRであるチューリップ賞で2着となり、迎えたクラシック第一弾・桜花賞。

手綱を握るのは兄の引退レース・有馬記念で奇跡の復活劇を成し遂げた天才・武豊騎手。兄の夢、競馬ファンの夢をのせ、ローマンは素晴らしい豪脚でクラシックのタイトルを獲得しました。その後は残念ながら勝ち星を挙げれなかったものの、競馬界最大の浪漫と感動を与えた葦毛の怪物兄妹は今も伝説となっています。


b0234851_151432.jpg


ここにあのローマンが...(大泣)。重賞は一勝だったけど、この一勝の重みは何物にも代えがたいものだ。

b0234851_1513830.jpg


おー、ローマン、ホントにそこにいるのはあのローマンなんだね...(大泣)。

b0234851_152191.jpg


もう二十年前の事だけど今でもあのレースの衝撃は忘れらないよ。

b0234851_1523827.jpg


おっ、こっちを向いてくれた...って違うかー、すっかり白くなったんだね。

b0234851_1531354.jpg


本当に、本当に君は凄い事を成し遂げたよね、君はとてつもない名牝だよ。

b0234851_1543766.jpg


「えっ、ホント?」って正気も正気だよ。君はあのクラシックを勝ったんだから。

b0234851_1554998.jpg


ありがとうね、少しだけ顔をみせてくれて...

b0234851_1572116.jpg


ローマン、いつまでも、いつまでも長生きしてね。ありがとう。


見学中、ほとんど近寄ってもらえず、後ろ姿のみでの見学となってしまいました(笑)。

現在は繁殖を引退し故郷の稲葉牧場さんにて功労馬として暮らしています。

私にとっては聖地とも思える稲葉牧場さんに念願叶って伺え、尚且つローマンに会え、しかも、暫しの間、牧場主である稲葉さんにオグリの事やローマンのお話を聞かせて頂いた事はこの上ないない幸せなひと時でした。本当に伺って良かったーと思えた瞬間でした。

そのお話の際、とても興味深いお話をして頂いたのでここで少し...。ローマンの父である名種牡馬ブレイヴェストローマンは種付け時満口で当時付ける事は出来なったんです。それでも稲葉さんが絶対にこの配合は素晴らしい産駒が誕生する!と考え、何とか知り合いに無理を言って追加料金まで払って種付けしました。その様な生産者の熱い想いを汲んで誕生したのがローマンだそうです。その熱意に応えたローマンは勿論、母・ナルビーはどれ程の名牝でしょうか...(大泣)。ホント、ロマンを感じさせる一族です。

繁殖として10頭の産駒を輩出しましたが、自身を越す名馬は残念ながら現れていません。しかし、最後の産駒である現役馬のオグリテツがいつの日か地方から中央に挑戦してくれる事を願っています。後継馬としてはチジョウノテンシ、ロマンシエール等が良い産駒を産んでくれると思うのできっと大丈夫です。大名牝クインナルビーの血を継ぐ偉大過ぎる母・ホワイトナルビーの血を何としても繋いで欲しいと思います。

ナルビーとローマンの産駒は牝馬が多い為か、今では冠名のオーナー様はあまりこの血に興味がない様です。なので現在、稲葉さんは偉大なる母・ホワイトナルビーの血を後世まで残そうと必死になっています。本当の本気でナルビーの血を残したい、キャップ、ローマンの兄妹に救われたと思っている方は熱意と決心をお持ちなら一度伺って思いを伝え、それから産駒のお話をしたら良いかも知れません...。

ローマン、君は兄が成し遂げれなかった悲願を達成し、母が偉大たる事を世に知らしめてくれた伝説の牝馬だ。君の血、一族の血を残す事が私の夢、競馬ファンの夢、いやいや競馬界がやらなければならない事なのかも知れない...。言い過ぎかも知れないが本当にそう思うんだ。何故なら私は、君たち一族以上の浪漫を競馬からもらっていないからなんだよ。いつまでも、いつまでも元気で。いつの日かクラシック制覇を成し遂げる子孫の誕生を心から待っているよ。

見学中と同じく、後ろ姿ばかりのローマンですが、良かったらこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-04-09 18:00 | 馬名・オ~ | Comments(4)

第202回目は第33回阪神牝馬特別勝ち馬"メインキャスター"です。

父ノーザンテースト似の派手な風貌とは対照的に地道に勝ち星を重ね掴み取った重賞のタイトル。重賞はこの一勝止まりとなったものの、並み居る名馬との重賞戦線では掲示板を外さない堅実な走りをし、OP特別も2勝を挙げた時代を代表する牝馬でした。

b0234851_14475077.jpg


初めまして、キャスター。ズ~と会いたかったよ。

b0234851_14495815.jpg


ホントだよ、競馬を観始めた頃からキミの名前は良く覚えていたもの。えっ、何だい?
「そんな事より、例のモノ持ってきたの?」ってゴメン、今日は人参もってないんだよ...。

b0234851_1450187.jpg


「へぇー、何だ、詰まんない奴だなー」って、オイオイ、もう行っちゃうのー?悲しいなー。

b0234851_14511832.jpg


完全に機嫌を悪くして、ソッポを向かれちゃったなー...(泣)。

b0234851_1453334.jpg


おーい、キャスター、もう来てくれないのかーい。って無理だよね...。

b0234851_14563085.jpg


でも、こうしてノーザンテースト似の美人な君の姿を観れただけ幸せだよ、じゃあね。

b0234851_14534663.jpg


って、最後に挨拶しに来てくれたのかい!嬉しいなー、ホントに君は優しいね、美人なお顔も撮れたし本当に嬉しいよ、元気でいてね。


現在は繁殖を引退し、市川牧場さんにて功労馬としてのんびりと過ごしています。

産駒は10頭以上を輩出したものの期待を越す名馬は誕生出来ませんでした。それでも初仔であるシーズアチャンスが母の夢であったクラシック出走を果たしました。

それにしても、この時代、あれ程主流だったノーザンテーストの血が十数年の間で衰退してしまうとはあの時には想像しがたいものでした。母系に入っている大種牡馬パーソロンまでもサイアーラインが無くなってしまっている事はとても嘆かわしい事に思えます。

キャスター、君は父が種牡馬全盛だった頃の最上級の牝馬だった。血は衰退してしまっているけど、そのルックスを観る度に日本競馬界にノーザンテースト在り!と思わせてくれるよ、今はまだ表れていないけど、きっと君の血、そしてゴッドファーザー・ノーザンテーストの血が後世まで受け継がれる名馬の誕生を心待ちにしているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-04-08 17:30 | 馬名・メ~ | Comments(4)

第67回目は阪神コースの鬼!日出処の天馬”サンライズペガサス”part2です!

産経大阪杯を2勝。阪神・中距離コースを最も得意とする馬でした。怪我に泣かされながらも、G2を3勝した頑張り屋さんでした。

三年ぶりに彼に会いに行きました。

b0234851_14411055.jpg


ペガサス、久しぶり元気していたかい?

b0234851_1444104.jpg


どうしたんだい?眠い目をしているね、今日はいつもの君の笑顔を観れないのかなー?

b0234851_14443592.jpg


笑顔は観れないけど、相変わらずカワイイ顔しているねー。ホント王子様みたいだー。


現在はアロースタッドで種牡馬として頑張っています。

初年度24頭から数は減ってゆき、現在は一桁台となってしまっています。しかし、数少ない産駒ながら勝ち上がり率はかなり高いので種牡馬としての能力はかなり高いと思います。主流血統なだけに肌馬を集めるのが大変ですが、何とかその強い遺伝力を活かして自身が成しえなかったG1制覇の夢を叶える産駒の誕生を期待したいものです。

ペガサス、君は競走馬時代も幾度も困難に挫けず頑張ってきた。種牡馬となってからも厳しい生活を送っているけど君ほどの頑張り屋さんなら、この試練を乗り越えてくれるハズだ。頑張れペガサス、君の産駒からG1制覇の夢を叶えてくれる産駒の誕生を夢みているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-04-03 18:00 | 馬名・サ~ | Comments(4)