<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第172回目は1989、90年JRA賞最優秀スプリンター、「私の夢は...」"バンブーメモリー"です。

通算成績39戦8勝、GⅠ2勝(安田記念、スプリンターズS) 、GⅡ2勝(スワンS、高松宮杯)。この名馬の事は何から語るべきでしょうか...

名パートナー「天才」武豊、「魔術師」武邦彦親子にG1勝利を齎した馬、まだ2000mだった頃の高松宮杯の勝利、「怪物」オグリキャップとの火の出るデットヒートを繰り広げたマイルCS(生涯のベストレース級、未だに魂が揺さぶられます)!その翌週のJCにオグリと同じく連闘参戦!?本当に今となると様々な逸話が残る人気、実力とも最高クラスの名馬でした。

そんな伝説世代の一角に念願叶って会いに行く事が出来ました(泣)。

b0234851_12212163.jpg


あのバンブーがG12勝しか出来ていないのかと思えてしまう。でもメンバーがメンバーだったもんなー。

b0234851_12213271.jpg


初めましてバンブー、本当に本当に会いたかったよ(泣)。

b0234851_12214689.jpg


おー、挨拶してくれるんだねー。あのバンブーをこうして間近に観れるなんて...(泣)。

b0234851_12215646.jpg


それにしてもバンブー、年とったねー。画面越しだったけど、20年以上の月日が経ったのだからお互い老けても仕方ないよね...。

b0234851_1222765.jpg


「フン!」ってちょっと怒ちゃったかな?決して馬鹿にしている訳でないんだよ。

b0234851_12221835.jpg


君の最高世代の仲間達が鬼籍に入ってしまってゆく中で君はこうして生き続けている、本当に素晴らしい事に思えるんだよ。

b0234851_12222941.jpg


だって生きていてくれなければこうして君を間近に感じる事は出来ないのだから...って寝ちゃったかな?

b0234851_12223889.jpg


バンブー、今日は君に会えて本当に嬉しかったよ。これからも元気でいてね。


現在は産まれ故郷のバンブー牧場さんにて功労馬として繋養されています。

見学中、ポカポカ陽気に誘われズーとウトウトしていました。そんな中でもバンブーは近くで私の暑苦しい無駄話を聞いてくれ愛想を振り撒き続けてくれました。現役時代は勝気な性格だった仔と聞いていましたが歳を重ねたせいでしょうか現在はとても穏かな仔でした。

今年で御歳28歳、人間でいうと百歳近くの年齢に差し掛かりました。老いは進行し、身体のいたるところに衰えを感じさせます。

今のバンブーに現役時代のような外見上の華やかさや美しさを感じることは出来ないかも知れません。しかしながら、言葉(人間語)を話さないこの仔から、私は老いるとは?生きるとは?生?とは何かを教えられたように思えます。私にとっては現役時代のバンブーより、今のバンブーが美しく、気高い名馬に思えるのです。

バンブーメモリー、私に、そして競馬ファンに夢や感動をありがとう。盟友オグリには競争では少し負けたけど、馬生ではもう君の勝ちだよ。これからも与えられた馬生を一日でも長く生き続けて下さい。後継産駒は残せなかったけど君は競馬界のスターであり、最大級の貢献馬だ、君の思い出はいつまでも色褪せやしないよ...

日向ぼっこで気持ちよくなってウトウト気味のバンブーをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-09-25 18:00 | 馬名・ハ~ | Comments(6)

第171回目は第46回神戸新聞杯勝ち馬、重役"カネトシガバナー"です。

通算成績58戦10勝、平地重賞2勝、障害重賞2勝という平地、障害を問わず、走り続けた名馬。秋山真一郎騎手、小坂 忠士騎手、そして生産牧場である三石川上牧場に初重賞を齎した幸せを運ぶ伝道馬。

父は大種牡馬ノーザンテーストの代表産駒である名馬アンバーシャダイ。母系に激渋種牡馬スルーザドラゴン、そして牝系を遡ると大牝馬クレオパトラトマスこと月城の血を引く血統背景も魅力満載の馬でした。

b0234851_7393839.jpg


初めましてガバナー、元気してたかい?

b0234851_7395343.jpg


おー、外で観ると一段と流星が映える顔立ちだねー。
(牧場の方の御厚意により、外に出して頂ました)

b0234851_74033.jpg


馬体も18歳とは思えない位の素晴らしい馬格をしているね。

b0234851_7401462.jpg


「どーんな問題!」って感じのドヤ顔だね、でもホントに素晴らしい馬体と顔立ちに惚れ惚れしてしまうよ。

b0234851_7402595.jpg


馬房に戻りたかったんだね、ゴメンネ邪魔しちゃって...。

b0234851_7403837.jpg


じゃあ、そろそろお暇するね...なっ、何だよ、最後にそんな顔してー、また来るからね、それまで元気にしていてね。

現在は種牡馬を引退し、藤春 修二さんの牧場にて功労馬として穏かな日々を送っています。

血が血だけに産駒は少数しか残せなったのは非常に残念ですが今こうして素晴らしい牧場さんで穏かな日々を送れているので良かったと思います。

平地、障害、問わず重賞を制覇し長きに渡って走り続けたガバナー、君のような競馬界にとって"縁の下の力持ち"的名馬がこうして穏かな余生を送れることが何よりも私は嬉しいよ。競争を頑張った分、ゆっくり、のんびり暮らすんだよ。

馬房でオチャメな動きをするガバナーをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-09-18 18:00 | 馬名・カ~ | Comments(4)

第170回目は第64回セントライト記念勝ち馬"クォークスター"です。

春に善戦しながら叶わなかった、クラシック出走の最後の切符を圧倒的な豪脚で掴み取ったレースでした。菊花賞では距離に泣かされたものの、短中長距離ではこれから益々活躍すると思っていた馬でした。個人的にはこの馬のベストレースは2着に敗れたラジオNIKKEI賞。あの豪脚が忘れることは出来ません。当時、「これは凄いタキオンの後継馬が現れたものだ!」と思った程でした。その最大の武器である豪脚を持つが故にタキオン産駒の宿命か脚元の不安が付き纏い、満足出来ない競争生活だった事が悔やまれます...(泣)。無事だったらタキオンを代表する後継種牡馬となっていただろうと思います。

b0234851_16354581.jpg


母系にヘクター、そして何といってもスカーレット一族!種牡馬になっても楽しみな仔だったろうなー。

b0234851_16355632.jpg


初めましてクォーク。元気してたかい?

b0234851_16362674.jpg


お食事中だった?ゴメンネ、邪魔しちゃって...。

b0234851_16363679.jpg


機嫌損ねちゃったかなー?きっと良血のお坊ちゃまだから気難しいんだろうなー...。

b0234851_1636669.jpg


それでも、こちらに寄ってきてくれるんだ!ありがとう、優しいね。

b0234851_16361745.jpg


そっ、そんな、顔をみせてくれるなんて(嬉)!君は気品があって美形でホント、お父さんにそっくりだよね。

b0234851_16364515.jpg


そんな顔もするんだね、そんなに照れなくてもいいよ。君は優しくて、美しくて、愛嬌が満点。本当にパーフェクトな仔だね。大好きになちゃったよ。


現在はモモセライディングファームで乗馬として頑張っています。

見学中、最初は新参者の私に少し警戒していたものの少し時間が経ってからは側にいく度に寄って来てくれた人懐っこいカワイイ仔でした。外見から想像出来ない位、甘えん坊かつ愛嬌たっぷりの仔だったので私はこの仔にメロメロになってしまいました(笑)。

満足な成績を残せなかったことは彼にとって悔いが残っているとは思いますが、この優しさと愛嬌を持つこの仔にとっては今の道も悪くないのかも知れません。

クォーク、これからも馬に初めて触れる人、知る人達にサラブレッドの持つ気品と美しさを教えてあげて下さい。そして少しだけ、君のお茶目な部分を魅せてあげたら、きっとその人たちは馬という芸術品の虜になるはずだからね。怪我に気をつけて元気してね、また会いに行くよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-09-11 18:00 | 馬名・ク~ | Comments(6)

第169回目は第9回セントウルS勝ち馬"ビコーペガサス”です。

通算成績27戦4勝。重賞2勝、G1レース2着3回。本当に後一歩のところでビッグタイトルを勝ち取る事が出来ない馬でした。勝ち鞍の京成杯、あの伝説の女傑ヒシアマゾンに土をつけたレースとして記憶に残るレースでした。
今になればセントウルSを勝った頃がこの馬のピーク時だったのかと思います。430kg前後の小さい馬体ながら一生懸命に走り続けた頑張り屋さんでした。

b0234851_1535153.jpg


おっ、あそこに観えるのはビコーでは...。

b0234851_1561485.jpg


来たきた、ありがとうビコー、挨拶しに来てくれて。

b0234851_157311.jpg


初めまして、元気していたかい?君の現役時を知り身としては君が目の前に居る事が感慨深いよ。

b0234851_1563282.jpg


今年で22歳とは思えない位に若々しい顔と姿だね、カワイイなー。

b0234851_1564352.jpg


そんな照れなくても...(笑)。そのオチャメなところが若さを保つ秘訣なのかな?

b0234851_156531.jpg


そうみたいだねー、それにしてもあなたは人見知りしないのかい?

b0234851_1562366.jpg


本当に人懐っこく大人しい仔なんだね、その優しさが君の持ち味だね。


現在はローリングエッグスクラブステーブルさんで功労馬として過ごしています。

現役を引退後、その素晴らしい血統背景(母はヨークシャーオークス馬(英・GI)、父は名種牡馬Danzig)から種牡馬入りしたものの、なかなか活躍馬を輩出する事が出来ず種牡馬を引退してしまいました。

種牡馬としては決して成功とは呼べないものの、早期に種牡馬業を引退し、穏かな日々を送ることが出来ている、今現在の彼の状況はサラブレッドとして生を受けた馬としては大成功の馬生と呼べるのではないでしょうか。

現役時はG1という大きなタイトルは取れずとも、最後にはこうして素晴らしい道を勝ち取ったビコー。君の馬生がこれからも穏かであることを願っているよ。

見学中、近寄るといち早く歩み寄って来てくれ、その後もズーと穏かな表情を浮かべ続けるビコーペガサスをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-09-04 18:00 | 馬名・ヒ~ | Comments(6)

第168回目は「燃え上がる炎」良血馬"スパイキュール"です。

通算成績10戦7勝。重賞勝ちこそないものの、ダート戦では5連勝を含む7戦7勝ながら故障のため引退。その未知数な能力と素晴らしい血統背景を持つため種牡馬入りとなりました。この馬が無事でいたら日本ダート界を牽引する大物になっていたかも知れません。

b0234851_1059411.jpg


いつもはこんなに広々した場所にいるのか...。

b0234851_1059539.jpg


初めまして、スパイキュール。元気かい?

b0234851_1101457.jpg


君の親族は本当に良く走る優秀な一族だよね。

b0234851_11036.jpg


えっ!急にソッポ向いてどうしたの?

b0234851_1102857.jpg


なになに?「親族の話ばかりしないでくれ!」ってそうだよね君が無事だったら一族で一番活躍したかも知れないもんね、ゴメンよ。

b0234851_1103813.jpg


笑ってくれたんだね、機嫌が良くなって安心したよ。それにしても君は凄く人懐っこい仔だなー。

この写真は昨年ビッグレッドファームさんで繋養されて居た頃のものです。現在は退厩し来季からは韓国にて種牡馬を続けるとのことです。

種牡馬となってからは順調に種付け数があったものの活躍馬はほぼ地方に限られ中央での重賞勝ち産駒は未だ輩出出来ていない状態です。何とか、金沢競馬の英雄”ナムラダイキチ”が交流重賞を取ってくれのを願いたいです(非常に残念ながら現在は骨折治療中です...泣)。

これだけ素晴らしい血統背景を持つスパイキュール。現役時も未知数の能力だったけど種牡馬としてもまだまだこれからなハズだ。これからドンドン活躍馬を輩出して日本競馬界が後悔する位の産駒を輩出してくれることを願っているよ。とにかく、異国の環境になるから無事でいてね。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-09-03 18:00 | 馬名・ス~ | Comments(4)