<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第129回目は第8回アーリントンカップの勝ち馬"エイシンキャメロン"です。

前々走の朝日杯3歳ステークスがアドマイヤコジーンの2着、前走、きさらぎ賞をナリタトップロードの2着の後挑んだアーリトンカップ。またしても2着となってしまったが1着入線のバイオマスターの進路妨害による降着により勝利馬となりました。しかし、そこで歯車がずれた様にそれ以降は勝ち星から見放されてしまいました...

b0234851_219187.jpg


なかなか渋い血統だったんだよなー、この馬。

b0234851_2193838.jpg


こんにちは!初めましてキャメロン!「んっ?」

b0234851_20205773.jpg


「何だ、急にお前は?俺は仕事をして来た後でクタクタなんだぞ!」ってスイマセン...

b0234851_2021935.jpg


「ところで何の様で俺様の写真を撮ってるんだ?」

b0234851_20212173.jpg


あのー、重賞戦線で活躍していたキャメロンさんの近況を幾つかお聞きしたくて伺ったのですが...

b0234851_20213454.jpg


「なーんだ、そうか。それならカッコイイ写真を撮ってくれよ!」って有難うございます、キャメロンさん!


というのは私の勝手な想像ですが...(笑)。私が会いに行った際も乗馬のお勤めを終えたばかりでした。それでもこうして相手をしてくれるやさしい馬でした。現在は私が伺った私設を離れ、別の私設で乗馬として頑張っているようです。見学も出来るようなので、ぜひ会いに行ってあげて下さい。

種牡馬としては一世代しか残せなかったキャメロンでしたが乗用馬としては優秀な仔のようです。多くの子孫を残すことは出来なかったものの訪れる人に乗馬、そして馬の素晴らしさを伝え導いてくれている素晴らしい活躍をしているキャメロン、いつまでも元気でそして君の将来が幸せである事を祈っているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-02-21 18:00 | 馬名・エ~ | Comments(2)

第128回目は第22回フェブラリーS勝ち馬"メイショウボーラー"です。

シーキングザダイヤ、タイムパラドックス、アドマイヤドン、ストロングブラッド、ヘヴンリーロマンス、ユートピア。好メンバーが集まったレースで重賞3連勝の勢いそのままで勝利しダートマイル制覇した馬。ダート適正が高かったものの、父タイキシャトル同様に1600m以下なら芝・ダート問わない活躍をした馬でした。

b0234851_17252969.jpg


お、そこに居るのは...?

b0234851_17273552.jpg


寄って来てくれたのはいいけど、それで隠れているつもり?

b0234851_17262768.jpg


「私はだーれ、だ?」って言われても...ボーラーでしょ?

b0234851_17305269.jpg


「何でわかったんだよ!」って、だって自分で自己紹介しちゃっているよ(笑)!

b0234851_17323513.jpg


「え!そうなの?」ってプレートの前で顔を隠していても意味ないよ!

b0234851_17341030.jpg


そんなに残念な表情しなくても...とにかく君に寄って来てもらって私は嬉しいよ!

現在はイーストスタッドで繋養されています。最初に観に行った際は全く無視され、もう寄って来てくれないのかなー?と思っていたら、帰り際には寄り過ぎな位寄って来てくれて(笑)、終いにはちょっとだけ甘噛みされてしまいました(喜)!本当に人懐っこくのんびり屋さんで大好きな仔でした。

種牡馬としては父はもちろん、母系(Storm Catに名馬Nashua!の血も入っていている)も素晴らしい血統の為か毎年、種付け数は優に100頭越えを果たしており、重賞勝ちは出していないものの中央での勝ち馬は多く輩出しています。ますます、これからが楽しみな一頭です。

いつの日か親子三代G1制覇の夢を叶えてほしいものです!頑張れ、”浦河の星"ボーラー!君の活躍が名馬産地を活気づけるだろう。
[PR]
by hakodateMagosaku | 2013-02-12 18:00 | 馬名・メ~ | Comments(4)

第127回目は第94回京都記念の勝ち馬"マックロウ"です。

当時、条件馬の身でありながら格上挑戦で手に入れた重賞タイトル。この年の京都記念のメンバーにはダービー馬アグネスフライト、菊花賞馬ナリタトップロード等が出走していた中での勝利、血統が血統だけにこの先どれほど強いなるのか!と期待した一頭でしたがこのレースの勝利がこの馬の唯一の重賞となりました。

b0234851_1859236.jpg


あの名牝ベガの全弟。

b0234851_18593481.jpg


おーい、マックロウ!ってオヤスミ中でしたか...。

b0234851_1859432.jpg


起こしてしまったかな...だとしたらゴメンね。

b0234851_18595355.jpg


すっかり起きてしまったかー、気を使ってくれなくてもいいんだよ。

b0234851_190414.jpg


初めましてマックロウ。元気してたかい?

b0234851_1903980.jpg


ってまだ眠かったようだね。ほんと気にしないで休んでていいからね。

b0234851_1905826.jpg


わざわざ、私の為にそんな素敵な笑顔を振りまいてくれるんだね。君はホントに優しい仔だなー。


見学に伺った際も寝ぼけ眼ながら終始、愛想を振りまいてくれた優しい仔でした。血統が良い為か良家のお坊ちゃまのようなカワイイ仔でとても大好きでした。

姉が姉だけに超が付く位の良血馬ながら種牡馬としては結果が出ず、早々と引退となってしまいました。現在はノーザンホースパークさんで乗馬(競技馬)として頑張っています。

偉大なる姉が鬼籍に入ってしまっただけに、何とかお姉さんの分まで長生きして欲しいものです。姉、姉と書いてしまったが充分に君も名馬だよマックロウ。この先も見学者を和ましてね。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-02-07 18:00 | 馬名・マ~ | Comments(10)

第126回目は名手・政人の夢を乗せた幻のダービー馬"エアジョーダン"です。

第26回共同通信杯4歳S(2着がジュンペーのノーザンコンダクト!)の勝ち馬で1992年のクラシック候補馬と呼ばれた馬。皐月賞トライアル、若葉Sで故障を発生し残念ながら引退してしまった幻の名馬です。

b0234851_19192637.jpg


アンバーシャダイ産駒、全盛の時代の馬だったなー。

b0234851_19193870.jpg


おーい、ジョーダン会いに来たよ。まさか君と対面出来る日が来るとは...

b0234851_19194949.jpg


あまり、人懐こくない馬なのかなー?

b0234851_19195964.jpg


ありがとう、寄って来てくれたんだ!寄って来てくれたのは嬉しいけど、ちょっと近すぎない...(笑)。

b0234851_1920995.jpg


もう、24歳にもなるのになんて澄んだ瞳だ...

b0234851_19203212.jpg


体は少し衰えを感じるものの、笑い顔は若々しい限り。

b0234851_19203980.jpg


今はのんびりと過ごせているようで安心したよ。


私が競馬を真剣に観始めた頃の馬なので思い入れがたくさんある世代です。同時期に走っていた"世界の良血"オンエアーと共に無事でいれば...と言いたくなる個性馬揃いの世代でした。毎年、様々な馬が重賞を勝っている中で自分に強烈なインパクトを残している馬は数少ないですがその中でもエアジョーダンは鮮明に思い出される馬でした。

吉原オーナーもこの馬に対する思いはきっと一入なんでしょう。この馬以降、冠号をエアにしたような気がします。

重賞の数は一勝かも知れませんが、そのオーナーや生産者、ファンにとってされぞれ特別な仔がいるはずです。その思いに応えるべく、その仔たちは命を懸け走り続けています。全ての馬に強力なサポーターがついてくれ、幸せな余生を送ってほしいと願いたいものです。

エアジョーダン、君は数多くのファンにとってスペシャルな馬でした。これからも長生きしてね。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-02-05 18:00 | 馬名・エ~ | Comments(4)

今更ながら、自己紹介させて頂きます...

当ブログを初めて早1年半くらい経ちました。いつも拙いブログを拝見して下さっている方々ありがとうございます。

なのになぜ?今更自己紹介?と思われるかと思いますが、最近当ブログの閲覧数も徐々にですが上がって来ておりますので恐らく新規の方々も増えている気がします。なので常連の方も新規の方も踏まえて改めて私Magosakuの競馬観を自問自答タイプでお伝えしたいと思います。


・競馬に興味を持ち始めたのは...

私の生まれは中央競馬で唯一スタンドから海が見渡せる競馬場があるところです。その競馬場に接している裏側に住んでいた為、よく朝調教での馬の脚音や息遣いが聴こえてくる環境でした。
ちなみに筆者、中学生の際に騎手課程の試験を受験したことがあり、体力測定で見事落選し現在に至っております(笑)。 

・競馬歴は...

中学生の頃に"ダビスタ"が発売され、漫画"風のシルフィード"を読んで以来ですので20数年となります。競馬ファンとしてはまだまだ若輩者ですね...
 
・行ったことのある競馬場は
...

函館、札幌、門別、旭川、帯広、小倉、高知、ロンシャン、etc

・競馬に求めているものは...

脈々と受け継がれる血のロマンとレースの感動、人(生産者、オーナー、調教師、騎手、厩務員)との絆。

・ちょっとした自慢...
 
ナリタブライアンのデビュー戦を現地観戦したこと。2010年の凱旋門賞を現地観戦したこと。

・好きな作家は...
 
やまさき拓味、手塚治虫、白戸三平、つげ義春、金子光晴、ジョン・スタインベック、アーネスト・ヘンミングウェイ、フランツ・カフカ、マーガレット・アトウッド、チャールズ・ブコウスキーetc

・尊敬する馬は...

シンザン、トウメイ、ダイオライト、トウルヌソル、クリフジ、スピードシンボリ、ナスルーラ、ノーザンダンサー、セクレタリアト、サドラーズウェルズ、そしてオグリキャップ!

・愛しの馬は...

ミスターシービー、グリーングラス、シービークロス、カブラヤオー、ハードバージ、マチカネアラシフク

・(個人的)最強馬は...

シンザン、タケシバオー、マルゼンスキー、セクレタリアト、ダンシングブレーヴ、キンチェム

・思い出の馬は...

ホワイトストーン、トウショウファルコ、ヤマニングローバル、シャコーグレイド、ダイタクヘリオス、ツインターボ、ミホノブルボン、ヒシアマゾン、マイシンザン、サンエイサンキュー、ホクトベガ、ナリタトップロードetc

・思い出のレースは...

1994年東京スポーツ杯、1993年AJCC、1993年産經賞オールカマー、1993年有馬記念、1996年阪神大賞典、1994年クリスタルC、1992年菊花賞、etc

・好きな騎手は...
 
角田晃一、岸滋彦、菅原勲、熊沢重文、佐藤哲三、渡辺篤彦、戸崎圭太、服部茂史

・好きな調教師は...

戸山為夫、山本正司、小林稔、渡辺栄、武田文吾、川島正行、二ノ宮敬宇、松永幹夫

・好きな馬主は...

近藤克夫、伊達秀和、阿部雅信、永井啓弍、松本好雄、竹園正繼、横瀬寛一、飯塚知一etc


のような感じです。今思いつく限りのことを書いただけなので思いついたら、少し書き直すかも知れません。こんな輩ですが、お気にいりましたら末永くよろしくお願い致します。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-02-01 18:00 | 当ブログを初めての方へ | Comments(6)