<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

第45回目はG1ブロンズコレクター、みんな大好き”ナイスネイチャ”です。

どんな有馬記念の優勝馬より私にとってはミスター有馬と言えばこの馬です。3年連続3着はある意味金字塔とも呼べる記録でしょう。翌年も(ナリタブライアン)の5着に入っている事を考えれば全ての世代で上位の実力を持っていた名馬だとも云えるでしょう。実際、重賞4勝もしていますし。思い出のレースは2年7ヶ月ぶりの勝利の高松宮杯(当時G2の2000m戦)。まさかの復活劇に誰もが涙したレースでした。


b0234851_23192981.jpg


G13着のイメージが強くて忘れられているけどG2を3勝もしてるんだよね。

b0234851_23195040.jpg


寄って来てくれたんだ、ありがとうね。

b0234851_23201426.jpg


23歳とは思えない位の若さ、可愛い顔してるねー。

b0234851_23202780.jpg


牧場のご婦人の計らいで人参を上げさて戴きました、あのネイチャに...感動!(決して常時とは限りません!)

b0234851_23203972.jpg


おいしいかい?ネイチャ、その食欲があればまだまだ元気でいれるね。

b0234851_2320506.jpg


もう人参なくなっちゃたよ。そんな悲しい顔しないでよー。今度一杯持って来るからね。


ここの牧場、渡辺牧場さんには毎年のように窺わさせていただいています。ご夫婦がとても親切で深い愛情に包まれているこの牧場が私は大好きです。猫ちゃんたちもカワイイ!ネイチャは現在生まれた牧場で母親と仲間達と幸せに余生を過ごしています。後継馬には恵まれなかったのは残念ですが、競走馬に生まれて余生をこんなに穏やかに過ごせているネイチャは幸せものに思えます。ご夫婦の愛情に包まれていつまでも元気でいてねネイチャ。人参もってまた会いに行くからね。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-03-29 17:33 | 馬名・ナ~ | Comments(0)

第67回目は日出処の天馬”サンライズペガサス”です!

重賞3勝、その全てがG2、勝ち鞍6勝のうち4勝が阪神コース。
中でも三年ぶりの勝利の2005年の産経大阪杯(凄まじいメンバー、ハーツ、アドグル、ドン、サイレントディール)は能力の高さを改めて感じさせられました。いつもながら、怪我さえなければ...と思ってしまいます。


b0234851_18281691.jpg


こんにちは、ペガサス。

b0234851_18282738.jpg


鼻筋が通ってイケメン顔だねー。

b0234851_18283678.jpg


何か言いたそうだね、どうしたの?

b0234851_18284448.jpg


横顔も見せてくれるのかい?こっちもいいねー。

b0234851_18285222.jpg


元気そうで何よりだよ、これからも元気でいてね。


とても、愛嬌が良く、近寄る度にいつも顔出して、とてもフレンドリーな印象の馬でした。
14歳とは感じさせない、若々しい馬体で安心しました。両親が主流の血統だけに肌馬選びは困難ですが、血統事態は良いのでチャンスさえあれば、まだまだこれからいい仔を出せる気がします。がんばれペガサス!
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-03-28 17:36 | 馬名・サ~ | Comments(0)

第66回目は第37回高松宮記念の勝ち馬不死鳥”スズカフェニックス”です。

生産牧場"稲原牧場",オーナー”永井啓弐”、調教師”橋田満”、主戦”武豊”、あの名馬を彷彿させる黄金の組み合わせ。この組み合わせでG1レースを勝てたことに何か只ならぬ競馬のドラマを感じてしまいました。
G1勝ちは1勝でしたが最速32秒台の末脚は成績以上のスケールを感じさせられました。

b0234851_18454941.jpg


初めまして、フェニックス。

b0234851_18455740.jpg


どうしたの元気のない顔しちゃって...?

b0234851_1846541.jpg


も、もしかして...。

b0234851_1847924.jpg


や、やっぱり、ね、寝てる。

b0234851_18472317.jpg


それにしても、かわいい顔だなー。大好きだ。

b0234851_18473193.jpg


起きている時の顔は超が付く位のイケメンだもんね。


この仔には2度ほど会いに行ったのですが、いつも眠い顔をしながらも、サービス精神全開で顔を出してくれます。とても人懐こい印象を受けた馬でした。それに本当にかわいい。現役時は栗毛で永井オーナーの馬というとなぜかあの馬とダブってしまうところがありますので個人的にはいつも応援していました。産駒は毎年、30頭前後と少なめですが、あの末脚を引き継ぐ馬が誕生してくれることを祈っています。その時は黄金のカルテットでぜひ!
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-03-22 17:35 | 馬名・ス~ | Comments(0)

第65回目は第1回黒船賞優勝馬、高知の雄”リバーセキトバ”です!

高知競馬最大のレース”黒船賞”。今年は14回目となりますが、その中で、JRA所属以外の勝ち馬であり、高知競馬所属として勝った唯一の馬。現在では地方交流競争はJRA勢が掲示板を独占する中、この馬が成し遂げた功績は後世まで語り継がれるでしょう。

b0234851_1385133.jpg


セキトバ君、会いに来たよ!

b0234851_139181.jpg


お利巧さんだから、自分で呼ばれたことがわかるんだね!

b0234851_1391294.jpg


なんか、のんびりしていて癒されるなー。

b0234851_1392211.jpg


ん、どうしたの?急にこっち向いて。ちょっとウルさかったかなー。

b0234851_1393418.jpg


超ドアップ!!!ほんと、大人しいなー。

b0234851_1394588.jpg


四股を踏ん張って、勇ましいねー。

b0234851_1395569.jpg


猫のシゲちゃんとのツーショット!最高だね。


セキトバ君は”黒船賞”を勝っただけでも凄いことですが、実はこの仔が本当に凄いのはその戦績なんです!
中央地方合わせてなんと、141戦16勝、141戦ですよ、141戦!!!中央では考えられない驚愕の出走数です。よくそんなに走り続けたのに大きな怪我も無かった...。重賞やG1を何勝もする馬も凄いですが、私はこういう馬こそ最も評価されるべき馬だと思います。

そんな頑張り屋さんのセキトバ君は現在高知の土佐黒潮牧場さんでゆっくりと暮らしています。ここは馬にとって天国のような場所なのでセキトバ君もうーんと長生きしてくれるものと思います。たくさん走った分、これからも元気でいるんだよ。

セキトバ君の不思議なダンス?をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-03-19 17:42 | 馬名・リ~ | Comments(0)

第64回目は怪我に泣いた幻の名馬”ブラックタイド”です。

弟がデビューしてから、偉大な弟の兄と呼ばれ続けた、悲しき馬。私的には怪我さえなければ、G1級の活躍をしていたと思っています。雄大な馬格にサンデーを彷彿させる黒鹿毛。スプリングSを勝ったときにはこれはトンでもない大物が現れた!と思ったものでした。


b0234851_2323051.jpg


素晴らしく雄大な馬格の馬だなー。

b0234851_2324079.jpg


お、近寄ってきてくれるのかい?

b0234851_2324883.jpg


なかなか、愛らしい顔立ちだねー。かっこいい。


今ではディープの全兄と呼ばれてしまう処が少し悲しい気もしますが、そのことで種付け数を増やすことが出来ているのでまずは良しとするしかありません。初年度が何と150頭!と人気があるだけに早めに活躍馬が出てきてくれることを願っています。ディープの仔が爆発しているだけに、この仔にもいい牝馬が当たると素晴らしい産駒も夢ではないかも知れません。父の出来なかった悲願を子供達に託したいものです。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-03-16 17:49 | 馬名・フ~ | Comments(0)

第63回目はセン馬の快速馬”セントミサイル”です。

現在のファルコンSの元だった名レース”第7回クリスタルC”の勝ち馬。前年の勝ち馬があの短距離王バクシンオー!そして後年の勝ち馬が女傑”ヒシアマゾン”(あの伝説の鬼脚と呼ばれたレース!)とG3とはいえ恐るべし重賞。父セントシーザーも魅力でした。


b0234851_2224204.jpg


ミサイル、会いにきたよー。

b0234851_22243014.jpg


牧場の方のご好意で餌やりをさせて頂きました。(感激!)

b0234851_22244029.jpg


モヒカン頭がカッチョいいねー。

b0234851_22244972.jpg


焦らないで、ゆっくりと噛むんだよ。

b0234851_22245959.jpg


わんぱくなイメージだったけど、けっこう独特の間があるゆったりした馬だね。


ミサイルには毎年のように会いに行かせてもらっています。現役時のイメージでとても気性的に難しい仔なんだろうなーと思っていたのですが、いざ会ってみるとけっこう不思議ちゃんなキャラでほっとけないタイプの仔でした。現在はネイチャ親子と同じく生まれ故郷で穏やかに過ごしています。最近はすっかり子育てキャラとしても活躍しているようです。歳をとって丸くなったのかなー?また、会いに行くよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-03-15 17:10 | 馬名・セ~ | Comments(0)

第62回目は長距離のダイタクこと”ダイタクバートラム”です。

2003年度の阪神大賞典の勝ち馬。勝ち鞍がステイヤーズS、万葉Sと、ダンスインザダーク産駒らしく長距離レースに滅法強いイメージがある馬でした。その実績ゆえ、天皇賞・春での一番人気も納得できます。


b0234851_21403763.jpg


重賞3勝か、もっと勝っていてたイメージがあったなー。

b0234851_2140508.jpg


う、残念せっかく寄ってきてくれたのに柵が邪魔してしまってる...。


すいません、ヒドイ写真で。しかし、阪神大賞典の週にはどうしても出したくて...お許しを。実はこの馬の写真、もう少しで続きをお見せできるかも知れません...お楽しみを。

橋口先生が管理し、ダンスの子供、尚且つダイタクヘリオスの親族というだけでロマンを感じたものです。天皇賞は惜しかった。種牡馬としては産駒は種付け数が少なく、あまり結果も出ていないので引退も囁かれていますが、何とか少ない産駒が血を残してくれることを願っています。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-03-13 17:38 | 馬名・タ~ | Comments(0)

第61回目は中日スポーツ賞4歳Sの勝ち馬”イブキラジョウモン”です!

天才”武豊”と共に3連勝で若草Sを勝ちダービー(四位騎手騎乗)に挑戦、9着に敗れるものの、その後夏の中京1800mだった頃の中日スポーツ賞4歳Sを勝ち、これからの時に怪我により...。

父アウザール、母父カブラヤオーという一発を期待させる血統も魅力の馬でした。


b0234851_2115117.jpg


こんにちは、モン君、元気そうだねー。

b0234851_212472.jpg


中々のイケメンだねー。流石、未知の大物と呼ばれただけあるねー。

b0234851_2121660.jpg


愛らしく人懐こい君はかわいいね。元気でいるんだよ。


とにかく怪我に泣かされ、その能力を発揮することが出来ない馬でした。長年怪我で休み、晩期には高知所属。もう満足に走れない状態でした。しかし、現在は高知の牧場で穏やかな暮らしをしています。
本当に現在のモン君は元気一杯です。何度も困難に打ち勝ってきたラジョウモンにとにかく、長生きしてほしいものです。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-03-12 17:47 | 馬名・イ~ | Comments(0)

第60回目はG2番長こと”バランスオブゲーム”です。

勝ち星8勝のうち、重賞が7勝、その内6勝がGⅡという正しくGⅡの鬼とも呼べる馬です。GⅡ番長というのはあまりほしくない称号かも知れませんが、そのGⅡの勝ち鞍がスーパーGⅡと呼ばれるものばかり。GⅠには届きませんでしたが、ある意味、同様いやそれ以上の成績かも知れません。

b0234851_219173.jpg


バランス君、会いに来たよ。いい顔してるねー。

b0234851_2192476.jpg


こちらから観ても男前だねー。

b0234851_2193366.jpg


ゴメンね、うるさくして。ちょっと、驚かせ過ぎたかなー?


b0234851_2194281.jpg


なーんだ、眠かったのかい?かわいい表情だなー。

b0234851_2191298.jpg


おっ!どうした、どうした、急に!!!


b0234851_2195026.jpg


また、大人しくなった。面白い仔だなー。

b0234851_2110010.jpg


そうそう、せっかくの男前なんだからその顔が一番だよ!


この仔は今まで私が会ってきた馬たちの中でも表情が豊で観ていて飽きなく、スコブルかわいい仔でした。いつも挨拶してくれますし。大好き!
私的にはお父さんが大好きだった散切り頭のコンコルド、尚且つ主戦騎手がカッチーだったので余計に応援していました。カッチーとこの仔にG1を勝たせたかった...。しかし素晴らしいライバルの中で重賞を7勝とは良く頑張りました。コンコルドが種牡馬として一線を離れてしまっただけにバランスにかかる期待は大きいのですが産駒数が少なく中々厳しい状態となっています。血統的には決して成功が難しい馬ではないので良い相手と出会うといい仔が出る気がするのですが...。ガンバレ、バランス!いつか君の仔にカッチーが乗ってG1を勝つことを夢にみているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-03-02 17:12 | 馬名・ハ~ | Comments(0)