カテゴリ:当ブログを初めての方へ( 8 )

今一度だけ、忠告致します。

ようやく、北の地も長梅雨の様だった夏が過ぎ去り、牧場巡りにうってつけの季節になりました。秋の行楽シーズンと合わせてこちらに馬巡りに訪れる方もいらっしゃると思われます。

再三に渡りこのブログで忠告しているのですが未だに牧場見学マナーが改善されていないとのことなので、今一度だけ忠告いたします。

当ブログの記事や写真を観て牧場巡りの参考となさる方がおられる様ですが、当ブログで書かれている記事、出来事を参考にしないで下さい。これらの写真や記事に書かれいる出来事は私が伺った際の出来事です。その際に関係者様に特別な許可を得て撮影しているものも多数有、現在では全く状況が変わってしまっているものが多々あります。ですので、当ブログの出来事は全くアテになりません。

何よりも正しい最新情報は"競走馬のふるさと案内所"さんと"現地の施設の方"のおっしゃる事です。その事が守れない人は、当ブログでは一切の責任を負いません。


何度もこの様な注意書きを書いてしまいましたが、人馬にとってトラブルを避ける事となると考慮し記しました。

最後に、当ブログの主旨は引退馬の現況をお伝えしたいという想いのみで続けております。ですので、もうこの様な忠告は致しません。これ以上、何らかのトラブルを関係者様等から伺った際は当ブログをファン限定もしくは非公開とさせて頂きます。

その様な事にならない様、訪問の際は是非ともルールを守り、見学して下さい。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2016-09-08 18:00 | 当ブログを初めての方へ | Comments(0)

2015年暮れのご挨拶を兼ねて一言...。

今年も、暑苦しく誤字、脱字がある拙い文にお付き合いしてくれた方々に心より感謝致します。

誤字、脱字については今年書いた記事を見直しても、かなり多かったなーと気づかされます。言い訳をいうつもりではないのですが、今年はここ数年の中でも一番馬の為に使える時間がなく、殆どの記事が移動中等のちょっとした時間に書き殴った状態のまま確認もせず投稿していたので、これまで以上のミスが多くなってしまいました。改めてそんな拙い文を毎回付き合ってくれた方には本当に歯痒い思いをさせてスイマセンでした。

そんな状況下の中だったので毎週の様に記事も書けず放置状態の時期があり、一時はブログ休止も考慮しましたが、こうして年末のシーズンには再開することが出来て本当に良かったです。

ブログに身が入らない理由は時間を割けない事が一番ですが、もう一つの理由はウマ事に対する虚しさを感じた事が要因でした。

ブログ、Twitter等で私の趣旨とは違う囚われ方をする人と関わった事、承諾なしの当ブログ写真の無断使用、そして当ブログ形態、文等の引用等です。

私は第一にブログのアクセス数を伸ばしたい訳ではありませんし、このブログ、動画チャンネル等で一切の報酬を得ていません、このブログは私なりの馬達に対する敬意を示すつもりで続けているものです。その事はここに記されている記事、写真等を観て頂けていたら分かって頂けるハズです。

私が競馬を観始めた頃のテレビの競馬番組は競馬の素晴らしさや血の奥深さ、そして人と馬との絆を重視する良識ある方が伝えてくれていたので、そこから過去の偉大な名馬の蹄跡を教わり、重視して当時の競馬に活かし競馬を観ながら成長してゆく事が出来ました。現在の芸人やアイドルのための番組でなく、競馬というスポーツの素晴らしさを感じられる時代でした。

今日の様に映像や血統を容易に確認出来る時代ではありませんでしたが、その為か競馬ファンが一頭一頭に募らせる想いも一入だったと思います。競馬は知識やデータばかりを知っていても、そこに心や夢、浪漫がなければ空虚で味気ないモノだと思います。

これが私の主観です。
ですので私の競馬、馬に対する情熱、愛情、趣向が合わない方は一切こちらにお越し戴かなくて結構です。もっと良い名馬の写真、文は世に数多あります。ですから、他で写真、文等をお楽しみ下さい。


いつも観て頂いて下さっている方にはこの様な抽象書きを読ませてしまい本当に申し訳ありません。もちろん趣旨を理解して頂いている方、賛同して頂ける方々はこれからも拙いモノですがよろしくお願いします。


最後に毎年の様に書きますが、アナタには会いたい馬がいますか?自身の人生を根底から覆させ、心を掻き乱された様な一頭が...。もしそんな一頭がいるのでしたら、ぜひ会いに行ってあげて下さい。

彼ら、彼女らはあの純粋無垢な澄んだ瞳で、アナタの熱い想いを汲み取り、受け止め、そして愛で包んでくれるでしょう。いつでも会えるさ!は一生会えない事態を産み出します。なのでぜひ、アナタにとっての名馬が存命の内にあってあげて下さい。そしてその歩めぬ、一歩として、当ブログがその手助けになれていれば幸いです。

来年中には何とか300頭目の紹介が出来よう頑張ります。来年もどうぞ暖かい気持ちで拝読して頂ければ何よりです。では...

b0234851_121733.jpg


ねえねえ、来年はどんな仔や人たちに出会えるんだろうね、今から楽しみだなー!
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-12-31 17:00 | 当ブログを初めての方へ | Comments(0)

暮れのご挨拶を兼ねて一言...。

今年も、暑苦しく誤字、脱字がある拙い文にお付き合いしてくれた方々に心より感謝致します。

私、Magosakuは、今年、午年かつ年男だっためかこれまで以上に多くの牧場さんや種牡馬場に伺い沢山の馬たちに出会った年でありました。ウマ年のウマが取り持つ縁故か、今年は馬好きの方との出会いもあった一年でした。こんなブログをやっている輩が言う事ではないのですが、私はどちらかというと競馬ファンの方に出会うよりも馬好きの方に出会った時の方に喜びを感じます。モチロン、競馬好きで馬好き!の方だとなお嬉しいですが...。

偶然とはいえ、旅先、訪問先で出会った方やブログの一記事から繋がった方と素晴らしい縁を感じた一年でした。その点で今年はとても恵まれた一年だったと感じます。今年新たに出会い、縁を繋ぐ事が出来たウマ友さんにこの場を借りて感謝致します。

ただ、人馬とも素晴らしい出会いの陰に、悲しい別れもただ多くあった一年でした。念願叶って会いに行った仔、そして掛け替えのない思い出をつくる事が出来た仔たちとの突然の別れは身を切られる様な思いでした。悲しい事ですが、失った時に自分の中で占めるその仔の想いを感じました。

長々と駄文を書きましたが、1つだけ忠告があります。

どんな名馬だとしても競走馬の命、行く末は安泰ではありません。今、会いたい名馬、自分の思い出の馬がいる方は、ぜひ来年にでも会いに行って上げて下さい。そして、会いたかった想いと思い出を話して上げて下さい。その時、きっとアナタの思い出の仔はアナタの思いを汲み取り、笑顔を返してくれるハズですから。

来年も素晴らしい名馬たちを紹介していきたいと思うので、どうぞ暖かい気持ちで拝読して頂ければ何よりです。

b0234851_16161825.jpg


ねえねえ、来年はどんな出会いが待っているんだろうね...。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-12-31 18:00 | 当ブログを初めての方へ | Comments(2)

厚かましながら、再度、お願いと忠告です。

春競馬も終焉に近づき、夏競馬が始まるこの季節、牧場巡りに行かれる方もいらっしゃると思います。

場末のブログながら固定のファンが付いて下さっているようで、少しずつですが最近アクセス数が増えてきています。いつも、拙い文、写真に付き合って下さっている方へ、この場を借りて感謝致します。

これから書く事は当の記事を書いている本人が書くべきではないかも知れませんが、お願い、忠告だと思って読んで頂けると幸いです。

とても無責任な言い方で申し訳ないのですが、当ブログで書かれている記事、出来事をあまり鵜呑みになさらないで下さい。

なぜなら記事を書いた時と閲覧するタイミングがズレてしまっていたら、その馬の居所、別の施設さんになっていた場合の見学条件等が変わっている場合が唯多い為です。

3年程前から様々な馬たちと出会わせて頂きましたが、この3年間の間に移動や見学の是否も変わってしまっている仔もたくさんいます。

なので私の記事は当時(私の見学時)の環境、状況の見本であって、これから見学に伺う方の現況ではないとお考え下さい!

何よりも必ず"競走馬のふるさと案内所"さんで会いたい馬の条件を要確認し、"牧場見学の9箇条"を遵守し、案内所さん、牧場の方の指導に従って下さい。

何度もこの様な文を書いて恐縮ですが、何時になっても見学者のマナーが改善されず、益々酷い状況になっていると関係者さんからお聞きします。(もちろん、きちんと遵守している方は歓迎されていますのでお気になさらず...)

悪しき名ばかりの馬好きの輩のせいで、このままでは本当に見学が出来ない場所が増えてゆく一方です。

本当に同じ馬好き仲間なら、今一度、管理なさっている方々、並びに会いたい馬の事を思って見学にお越し下さい。そうしたら、このような仔たちとの沢山の出会いがきっと待っている筈ですから...。

b0234851_17102635.jpg


マナーを守ってくれる人だけが僕らに会いに来てね、待ってるよー!
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-06-07 17:38 | 当ブログを初めての方へ | Comments(0)

今更ながら、自己紹介させて頂きます...

当ブログを初めて早1年半くらい経ちました。いつも拙いブログを拝見して下さっている方々ありがとうございます。

なのになぜ?今更自己紹介?と思われるかと思いますが、最近当ブログの閲覧数も徐々にですが上がって来ておりますので恐らく新規の方々も増えている気がします。なので常連の方も新規の方も踏まえて改めて私Magosakuの競馬観を自問自答タイプでお伝えしたいと思います。


・競馬に興味を持ち始めたのは...

私の生まれは中央競馬で唯一スタンドから海が見渡せる競馬場があるところです。その競馬場に接している裏側に住んでいた為、よく朝調教での馬の脚音や息遣いが聴こえてくる環境でした。
ちなみに筆者、中学生の際に騎手課程の試験を受験したことがあり、体力測定で見事落選し現在に至っております(笑)。 

・競馬歴は...

中学生の頃に"ダビスタ"が発売され、漫画"風のシルフィード"を読んで以来ですので20数年となります。競馬ファンとしてはまだまだ若輩者ですね...
 
・行ったことのある競馬場は
...

函館、札幌、門別、旭川、帯広、小倉、高知、ロンシャン、etc

・競馬に求めているものは...

脈々と受け継がれる血のロマンとレースの感動、人(生産者、オーナー、調教師、騎手、厩務員)との絆。

・ちょっとした自慢...
 
ナリタブライアンのデビュー戦を現地観戦したこと。2010年の凱旋門賞を現地観戦したこと。

・好きな作家は...
 
やまさき拓味、手塚治虫、白戸三平、つげ義春、金子光晴、ジョン・スタインベック、アーネスト・ヘンミングウェイ、フランツ・カフカ、マーガレット・アトウッド、チャールズ・ブコウスキーetc

・尊敬する馬は...

シンザン、トウメイ、ダイオライト、トウルヌソル、クリフジ、スピードシンボリ、ナスルーラ、ノーザンダンサー、セクレタリアト、サドラーズウェルズ、そしてオグリキャップ!

・愛しの馬は...

ミスターシービー、グリーングラス、シービークロス、カブラヤオー、ハードバージ、マチカネアラシフク

・(個人的)最強馬は...

シンザン、タケシバオー、マルゼンスキー、セクレタリアト、ダンシングブレーヴ、キンチェム

・思い出の馬は...

ホワイトストーン、トウショウファルコ、ヤマニングローバル、シャコーグレイド、ダイタクヘリオス、ツインターボ、ミホノブルボン、ヒシアマゾン、マイシンザン、サンエイサンキュー、ホクトベガ、ナリタトップロードetc

・思い出のレースは...

1994年東京スポーツ杯、1993年AJCC、1993年産經賞オールカマー、1993年有馬記念、1996年阪神大賞典、1994年クリスタルC、1992年菊花賞、etc

・好きな騎手は...
 
角田晃一、岸滋彦、菅原勲、熊沢重文、佐藤哲三、渡辺篤彦、戸崎圭太、服部茂史

・好きな調教師は...

戸山為夫、山本正司、小林稔、渡辺栄、武田文吾、川島正行、二ノ宮敬宇、松永幹夫

・好きな馬主は...

近藤克夫、伊達秀和、阿部雅信、永井啓弍、松本好雄、竹園正繼、横瀬寛一、飯塚知一etc


のような感じです。今思いつく限りのことを書いただけなので思いついたら、少し書き直すかも知れません。こんな輩ですが、お気にいりましたら末永くよろしくお願い致します。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-02-01 18:00 | 当ブログを初めての方へ | Comments(6)

Magosaku・bokonkoの動画チャンネルについて

当方は馬だらけのチャンネル"あの馬たちの住処"で動画も配信させて頂いています。

これらの動画は牧場を訪れた時に撮影出来る際は写真と一緒に動画も撮らせて頂いています。

その馬たちの写真をスライドショーのようにして製作したPV前作は"あの馬たちは今"という動画を私の相方と製作させて頂きました。

続編として新たに新しい馬の追加や写真を入れ替えたりした作品"思い出の名馬を訪ねて"も創らせて頂きました。

あとBGMなどや字幕など極力加えず、牧場での名馬を観ているような動画"あの名馬に会いに行ったシリーズ"にも数々の馬たちがいますので良かったらどうぞ。


拙い動画ですが、少しでも皆さんが楽しんでくれればと願います。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-09-27 20:47 | 当ブログを初めての方へ | Comments(4)

厚かましながら、お願いと忠告です。

私を含め、数多くの方が牧場見学に行かれていると思います。
その方々やこれから行こうと思っている方にお願い致します。

私はここ数年、足繁く牧場の方に通っています。
その際、チラホラと施設の方から言われる事があります。それは悪しき見学者のマナー違反についてのことでした。その概要は...

・<要連絡>と記している牧場さんの所に連絡無しで無断で押し入る!

・勝手に放牧場に入ったり、触ったり、餌やりをする!

・従業員さんの迷惑を気にせず騒いだり動き回ったりする!

・フラッシュを使って馬の撮影をする!

・ブログ等で適当な情報を流し、何をしても良いと促がす!

等など、様々です。

このような行為をする人達は果たして、その馬のファンだったのでしょうか?

競馬はファンあってのスポーツとはよく言います。
しかし、決して忘れてはならないのは、そこに携わっている(携わってきた)人(生産者、馬主、調教師、厩務員、従業員さん)が今もこうして世話をなさって下さっていると云う事です。

なぜ私がこのような注意書きを書いたのかというと

数年前、オグリキャップが生前の時、ある悪しき見学者がオグリの鬣を切り取ったという事件がありました。それ以降その牧場は見学中止となってしまいました。(トップガンやマーベラス、カネヒキリが観れない!)

あとつい先日、私の大好きなミホノブルボンの牧場が悪しき見学者のマナー違反によって、見学中止となってしまいました。

等があった為です。

ほぼ全てに近い牧場、施設の牧場主さん並び従業員さんは忙しい合間を縫って説明して下さったり、気に留めて下さったりして、貴重な時間を割いて下さります。
その方々の献身と御厚意を邪気にする行為をする悪しき人がいるだけで全てが台無しになってしまうのです。

牧場、施設の方にとって私達見学者は決してお客様ではないのです。どちらかというと言葉は悪いですが邪魔者に近い存在なのです。

私を含め皆さんがルールを守ることにより、憧れの追い続けてきた名馬達に会えることが出来ます。
改めて今一度、牧場見学の9箇条をよく読み、訪問したい牧場のことを競走馬のふるさと案内所で調べてから伺ってみて下さい。

そうしたら素晴らしい名馬との出会いが待っている筈なのですから...。

b0234851_1343297.jpg


みんな、待ってるよー!
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-08-01 17:29 | 当ブログを初めての方へ | Comments(0)

初めましてHakodate Magosakuと申します。

当ブログは筆者がこれまでに訪れた競馬場、牧場、施設を紹介しています。

名馬の素晴らしく勇ましい写真は世に数多にあるので当ブログの写真はあえて間の抜けたようなリラックスしている時の写真を取り上げて行きたいと思っています。

「あの名馬がこんな表情をするもなのか?!」と思って頂ければ幸いです。

気が向いた時に不定期に写真をUPしていきますので長い目で見守ってください。

当ブログは写真ブログなのですが、当方は素人の為、写真技術及び、機材に関しては御了承下さい。

当ブログの写真は牧場、施設の方々の御厚意によって見学や体験をさせて頂いておりますのでその時の状況によっては写真撮影等の行為は必ず行えるとは限りません。

ですから牧場見学の9箇条のルールを守れなかった方の責任は当ブログでは一切追いませんので御了承願います。

[PR]
by HakodateMagosaku | 2011-09-21 21:08 | 当ブログを初めての方へ | Comments(0)