カテゴリ:馬名・ワ~( 2 )

第326回目は第45回読売マイラーズC勝ち馬、「世界のエース」"ワールドエース"です。

通算成績17戦4勝、重賞勝利はマイラーズCの他に、きさらぎ賞の2勝。

デビュー戦を勝ち切り一戦挟んだものの、その後はクラシック前哨戦を危なげなく連勝、一躍クラシック筆頭馬となりました。そして迎えたクラシック第一戦・皐月賞、そのタイトルを手中に収めるモノだと確信していましたが不運も重なり2着と敗れます。仕切り直して迎えたクラシック二戦目・日本ダービーでは一番人気となり制覇の期待がかかりましたが、ここでも最速タイムの上がりをみせたものの結果はまさかの4着...。その後、故障により長期の休養を余儀なくされました。
次にエースがターフに戻って来たのは約1年8ヶ月後、初戦こそ敗れたものの、二戦目の重賞にてコースレコードにて勝利し完全復活か!と思われましたが、その後は精彩を欠き復調出来ないまま引退となってしまいました。

クラシック前にはあの社台グループの総帥いや日本競馬界の首領である吉田勝己オーナーが絶賛するほどの馬だったと記憶しています。確かに古馬となってからは体型などの点でマイラー度が強くなっていたかも知れませんが、私的には三歳春の時点では人気実力を兼ねた世代の中でも間違いなく一番完成度が高かった馬だった今でも思っています。それだけに春クラシックの二冠を二つとも逃す事は想像し難いモノでした。兎に角、あらゆる意味で運が悪かったとしか言えない悲運の名馬だったと思います。

そんなの幻のクラシック馬・ワールドエースに会いに行きました。

b0234851_1035738.jpg


おっ、そこに見えるのは、あのエースでは...?

b0234851_1041247.jpg


えっ、もう登場してくれるのかい?初めましてエース、君に会えて嬉しいよ。

b0234851_1043990.jpg


んっ、どうしたの?そんな顔をして...。

b0234851_1042424.jpg


なになに、「G1勝ちない僕なんて興味なんかあるの?」だって...?

b0234851_104518.jpg


何を馬鹿げた事を言ってるの?たとえ君にG1の勝ち鞍がなくっても、大丈夫!君の実力は競馬ファンなら誰しも知っているよ。

b0234851_105426.jpg


ただね、君はちょっとした運が無かっただけなんだ...。だからその悔しさは父として晴らそうね、頑張るんだよ。


現役を引退後、昨年から種牡馬となりました。

初年度の種付け数は131頭と大台に早くものせ、種牡馬として最高のスタートを切る事が出来ました。その初年度の種付け数が物語っている様に生産界からの期待も窺えます。父は今や日本競馬界の絶対的エース種牡馬・ディープインパクト。そして母・マンデラは名馬・Manduroの異父兄弟という良血馬。その血には今流行りの独血統を背景に持つ魅力溢れる系統です。私的には必ずや名馬が誕生するものだと思っています。

名に託された夢を継ぐ馬・ワールドエース。君は現役時は度重なる不運や故障により満足なレースが出来なかったね。君程の実力馬が長きに渡り走る事が出来なかった事はとても辛かっただろう。それでも一度きりといえ、その能力の片鱗を再度魅せつける事が出来て本当に良かった。これからはその非凡な能力を内に秘めるのではなく外に解放して良いんだからね。

幻の世界牽引馬、ワールドエース。私は願っているよ、その壮大な夢の続きは第二章へ...。

馬房からカワイイ顔を覗かせるエースをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2017-04-20 18:00 | 馬名・ワ~ | Comments(0)

第12回目は新ダート王?トランセンドの父”ワイルドラッシュ”です!

昨日の南部杯の勝ち馬”トランセンド”の父として有名なアメリカ産の種牡馬です。
他に日本での代表産駒にパーソナルラッシュやクリールパッション等がいます。


wairu1.jpg

近づいたら、ひょっこりと顔出してくれました。

wairu 2

元気がないのかなー?

wairu 3

一度馬房に戻って、また顔を出してくれました。

wairudo 4

真剣な顔してるけど、藁ついてるよ!

wairu 5

御歳17歳。それにしてもかわいい顔だなー。

wairu 6

愛しい顔で見送ってくれました。


個人的にこの馬はアメリカ血統が濃すぎて日本で成功するの難しいだろうなーと思っていました。
しかしトランセンドの成功によって種付け数が増えて、ますます日本での活躍が見込まれるはずです。

輸入種牡馬が日本で種牡馬を続けて行くには日本馬よりコンスタントに成績を残していかなければなりません。
この先も過酷な種牡馬競争が待っていますがせっかく縁あって日本に渡ってきたのですから長く種牡馬を続けてほしいものです。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2011-10-11 22:42 | 馬名・ワ~ | Comments(0)