カテゴリ:馬名・ホ~( 1 )

第125回目は第53回東京新聞杯の勝ち馬"ボールドブライアン"です。

重賞勝ちは1勝ながら、今を時めく名オーナー、小林英一オーナーに初重賞勝ちを齎した思い出の名馬です。怪我にさえ泣かされなければ短距離重賞のタイトルがもう1,2つ増えていたかも知れません。が他に重賞タイトルはないものの上がり33秒台の脚を持つ彼は成績以上にインパクトが残っている馬でした。

b0234851_1235598.jpg


私の愛する大種牡馬ブラ様の仔というだけで愛してしまう。

b0234851_12351796.jpg


おっ、いたいたブライアン、お食事中だったかなー。

b0234851_1235266.jpg


初めまして...って初顔合わせからカワイ過ぎるぞ!君...

b0234851_12353516.jpg


お食事中なのに、わざわざ顔を出してくれたんだね、とても優しい仔だなー。

b0234851_12354414.jpg


お腹も一杯になったんで、眠くなったのかい?大丈夫だよ、相手にしてくれなくても。

b0234851_12355392.jpg


なに、まだ食べるのかい?カワイイ顔に似合わないくらい大食漢なのかなー。

b0234851_1236315.jpg


それにしても、近くで見れば見るほど、吸い込まれそうなくらいカワイイ顔だねー、大好きだなその表情。

b0234851_12361499.jpg


そんな苦しそうな体勢になってまで食べなくても...ホント全ての動作がカワイ過ぎる...

b0234851_12362335.jpg


最後はドアップでこの表情...もう、君を連れて帰るしかない!っと思ってしまうよ...

あまりにも可愛すぎて写真の数が多くなってしまいました...(笑)。
見学させて頂いている最中、終始色々な仕草で私を和ましてくれた本当にカワイイ仔でした。これまでに出会ってきた仔の中でも指折りに愛らしい仔でした...

現在はモモセライディングファームで功労馬として余生を過ごしています。

現在もオーナーの関係者の方が会いに来られているようです。重賞1勝という身ながらも、こうして現在も素晴らしいオーナー、調教師に愛され穏やかな余生を送っているブライアンはとても幸せだと思います。

改めて、重賞の数やG1の勲章は人間界だけのことで馬自信には関係ないことなのだと思いました。一頭でも多くの馬たちがブライアンのように素晴らしい人との出会いに恵まれることを切に願いたいです。

人懐っこく愛らしく、おっとりしたキャラのボールドブライアン。いつまでも大好きなオーナーの為に長生きしてね。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-01-30 18:00 | 馬名・ホ~ | Comments(6)