カテゴリ:馬名・ノ~( 3 )

第315回目は第15回根岸S勝ち馬、「砂の無事是名馬」”ノボトゥルー”です。

通算成績88戦11勝、第18回フェブラリーS勝利馬。

中央、地方、問わず将又ドバイまで、2歳から12歳まで走るも走った88戦。流石に10歳を越えてからは成績は伴わなくなったものの、砂の1200m~1600mまでの距離では抜群の成績(特に1400mの成績は突出) を残した名馬でした。G1勝ちこそ一勝ですが、現代の様に砂の重賞レースが整理されていたら、もう一つ、二つのビッグタイトルは楽に手中に収めていたハズでしょう。重賞勝利数だけでも名馬と呼ばれる馬ですが、その最大の功績は63戦連続重賞競走で走り抜けた事と、10年以上も大きな怪我なく走り抜けた事でしょう。地方競馬では稀にいますが中央競馬の一線級馬として、この先この馬ほど長きに渡り走り続ける馬はもう現れる事は無いでしょう。

そんなダート短距離界の伝説馬に会いに行きました。

b0234851_12493866.jpg


おっ、そこに居られるのは砂の英雄・トゥルー様では...。

b0234851_12495010.jpg


アレアレ、もしかして?そちらからお越しになってくれるのでしょうか?

b0234851_125004.jpg


初めまして、トゥルー、君に会えて嬉しいよ。

b0234851_12501333.jpg


御歳、21歳!とは思えない勇ましい姿だね。それにしてもさー、いくら君が丈夫とはいえもう少し休ませながらさー、走らせてくれたらねー、でもそんな中で成績をあげ続けた君って...やっぱり生ける伝説馬だよなー。

b0234851_12502261.jpg


そうかなー、そんな大袈裟なものではないと思うんだけど...(照)。」イヤイヤ、ご謙遜なさらず...。それ位の功績をあげた馬ですよ、アナタは。

b0234851_12503775.jpg


何だか照れ臭いから、もう行くね。また来てね。」あれ、せっかく会えたのにもう行っちゃうのかい?寂しいなー。でも元気にしている様で安心したよ。


長~い競走生活を終えた後、種牡馬となり一昨年まで少数ながら産駒を輩出させ、現在は功労馬として暮らしています。

父・Broad Brushはヒムヤー系の代表馬で日米でも活躍馬を誕生させている名種牡馬。母・Nastiqueに流れる血はLe Fabuleuxこそ見掛けるものの、その他は日本ではほぼみかけない異系の血が流れる牝馬です。それ故にサンデー系やミスプロ系にも配合出来る貴重な種馬だっただけに今更ながら種牡馬引退が悔やまれ馬です。自身級の産駒は未だ誕生していないものの、数少ない産駒が中央で勝利しているだけに種付け数さえ集める事が出来ていたら重賞馬も誕生させる事が出来たかも知れません。

砂の紛いなき真の名馬・ノボトゥルー。砂なら場所、条件、時代を問わず本当に長きに渡り砂の猛者として走り続けたね。君の強靭さはどんなG1勝利数を誇る名馬より優れていただろう。現代の交流重賞の隆盛を築けたのも君の様な仔がいてくれたお陰だと思う。種牡馬として君の血をあまり残せないのは悲しいけど、この先も君の功績は決して色褪せる事はない。それだけに、これからはその満身創痍な身体を休めておくれ。

ダート界の超馬・ノボトゥルー。君のこれからの馬生が健やかで穏やかなものである事を心から祈っているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2017-01-26 18:00 | 馬名・ノ~ | Comments(0)

第175回目は第41回府中牝馬S勝ち馬、「マイル女王」フーちゃんこと"ノースフライト"です。

私的にこの馬は思い入れが強すぎて一体、何から熱く書き始めれば良いのかわかりません。伝説のレースのこと、女性担当厩務員とのこと、母としてのこと。うーん、ドラマとロマンが有り過ぎる...(泣)。そんな逸話の中でも一番の思い出は主戦だった私が敬愛している角コーこと角田晃一(現・調教師)騎手とのコンビ、超絶最高でした。

この馬をマイルG1の週に出さないなんて勿体ない気もしますが、私にとってこの馬の思い出のレースは何と言っても府中牝馬Sに尽きます。体調面で春のクラシックの出走が叶わず、じっくりと夏競馬を勝ち上がりながら、牝馬最終クラシックの切符を獲得するため出走したレース。3歳牝馬(旧4歳)、軽ハンデながら古馬牝馬を一蹴したあのレースを忘れる事は出来ません。その後、距離不安があって出走したエリザベス女王杯(当時2400m)で伝説の名牝"ホクトベガ"に2着と敗れたものの、その後マイル路線に転向してからは春秋マイル制覇を成し遂げました。本当に最上級の名牝として語り継がれるべき一頭です。

そんな彼女と念願叶い、遂に会いに行くことが出来ました(感涙)。

b0234851_665228.jpg


そこにいるのはフッ、フーちゃんではないでしょうか!会いたかったホント(涙)。

b0234851_67174.jpg


フーちゃん、朝のお散歩ですかー?貴女をこんなに間近に感じれるなんて...ヤバイ、また涙が...。

b0234851_673641.jpg


フーちゃん、フーちゃん。おー、愛しのフーちゃん。やっとこちらを向いてくれましたね(嬉)。

b0234851_6182276.jpg


えー!アップで撮らせてくれるのー、嬉しー!フーちゃん優しいねー。
(あまりにも好き過ぎてストーキングし続けた挙句、そんな変人行為に呆れて仕方なく愛想を振り撒いてくれている優しすぎるフーちゃんでした。皆さんはこんなおバカな行為は止めましょうね!笑)

b0234851_6195518.jpg


尚且つ、牧場の方の御厚意により、2ショット写真を撮らせて頂きました。これは家宝になりそうだー。(ちょっとフーちゃん、ウザ過ぎてひいてます...笑)

b0234851_620944.jpg


ムシャムシャと青草を食べているフーちゃん。私のお気に入りの一枚です。それにしても美しい瞳だなー。

b0234851_6202062.jpg


馬房に戻ったフー嬢。そっ、そんな表情...。フーちゃん、私を骨抜きにするつもり...カワイ過ぎる。

b0234851_6203215.jpg


バイバイ、フーちゃん。君に会うことが出来て本当に良かった、また来るね、元気でね。


現在は繁殖を引退し故郷の大北牧場さんで功労馬として大事にされています。

スイマセン、とても気持ち悪い記事で...。こんなのをアラフォーのオッサンが書いているなんて気持ち悪さの極みですが、私にとってフーちゃんとイクノ、そしてアマゾンは初恋の仔みたいなもので、どんな名牝よりもこの馬たちは特別な思い入れがある仔たちなのでお許し下さい。

繁殖としては10頭の産駒を産み出し、重賞ホースは輩出出来なかったものの孝行息子ミスキャストの種牡馬活躍のお蔭でやっと一族にG1の称号を齎しました。現役時代の大活躍を知る身としてはフーちゃんの実力はまだまだこんなものではない!残された子供たちが名牝フーちゃんの繋いでくれると信じています。

フーちゃん、未だに私にとっては君とルビーが最強のマイル女王だよ。君のように可憐で上品でそれでいて強い牝馬は未だに見ないよ。いつの日か君の血が入った仔たちがマイルG1のタイトルを君に捧げる日を夢見ているからね。その時はもちろん、愛しの相棒・角コー厩舎だったら最高だね。

自由に放牧地を歩き回り、その後馬房の中でまったりするフーちゃんをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-10-09 18:00 | 馬名・ノ~ | Comments(4)

第105回目は第1回JBCスプリントの覇者"ノボジャック"です。

地方交流荒らしともいえる活躍で一時期ダート1500m以下には交流戦敵なしの馬でした。2001年、黒船賞制覇から重賞6連勝で掴み取ったJpn1のタイトル、ノボジャックここにあり!と思わせた瞬間でした。


b0234851_2105825.jpg


中央では重賞が勝てなかったのに地方は凄いな...

b0234851_2111036.jpg


ノボ、初めまして会いたかったよ。

b0234851_2112275.jpg


お食事中でしたか...

b0234851_2113584.jpg


わざわざ寄ってきてくれたんだー、ありがとう!

b0234851_212912.jpg


何という表情!眠いのかな?それとも苦しいの?

b0234851_212214.jpg


やっぱり眠いのかー!それなら何も無理しなくてもいいんだよ。

b0234851_2124459.jpg


と、思ったらお目々パッチリではないですか?それにしてもその藁は何だい?


見学した当初は藁を食べていて全く興味がないような素振りをしていたものの、一度顔を出してくれた後はズーと愛嬌を振りまいてくれていた気遣いのある優しい馬でした。本当に可愛いらしい仔です!

当初種付けはオーナーさんの馬のみだったので僅かだったのですが、チラホラと活躍馬が出ているので今年度の種付け数はけっこう伸びたようです。血統は北米の重厚な血が流れているのでダート馬の方に活躍馬が偏る気がします。産駒に父が果たせなかった中央G1の夢を託したいものです。

「頑張れノボ・ジャッック、ノボ・ジャーーーック」!(サトル風にしてみました...)
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-11-04 17:56 | 馬名・ノ~ | Comments(2)