カテゴリ:馬名・ト~( 15 )

第309回目は第30回マイルCS勝ち馬、「太陽神」"トーセンラー"です。

生涯成績25戦4勝、重賞勝ちはG1、G2、G3と3勝。勝ち星全てが京都コースという淀巧者でした。

デビューは2歳11月、鞍上に後の才女の相棒・武豊を乗せ勝利。4戦目にして重賞勝利を果たしたもののクラシック戦線では秋まで活躍出来ず、古馬となった4歳も未勝利で終えます。この馬の真価は5歳になり鞍上を武豊に戻した時から始まります。京都記念にて2年ぶりの勝利。それ以降、距離を問わず特化して京都コースを使われれ好走を繰り返し、迎えたマイルCSに勝利し悲願のG1馬入り。怪我により低迷していた鞍上にG1、100勝目のタイトルを齎しました。京都なら俺に任しておけ!と言い放った様な会心の勝利が今でも記憶に新しい馬です。

そんな淀の愛好家・ラーに会いに行きました。

b0234851_1738647.jpg


おー、そこにいるのはトーセンの王子様ラーではないですか?

b0234851_17381893.jpg


初めまして、ラー。元気してたかい?

b0234851_17383041.jpg


ねぇ、聞いてる?ラーって...もしかしてその構えは...

b0234851_17384345.jpg


やっぱりねー、グイッポだ!そんなに好きなのかい?

b0234851_17385685.jpg


まあね」って...好きなのは分かるけど、あんまりやり過ぎないんだよ。

b0234851_1739951.jpg


最後に顔を出してお見送りしてくれてありがとうね。元気で頑張るんだよ。


これらの写真は以前いた種牡馬場で撮影されたものです。


見学中終始、グイッポを嗜んでいたラーでした。とても愛嬌があるカワイイ仔でした。

現役を引退後、種牡馬となり本年で種馬2年目を迎えました。初年度の種付け数は64頭、今年は数を減らしましたがまずまずのスタートを果たした思います。

父は今や種牡馬としても不動の地位を確立したディープインパクト。母・プリンセスオリビアの産駒にはトラヴァーズSの勝ち馬であり米二冠馬を産み出したFlower Alleyや天皇賞・秋勝ちのスピルバーグがいる良質の血統です。ディープ産駒種牡馬が飽和状態になりかけ初めている中でもこの血統背景を活かし確実に良い産駒を誕生させてくれると思います。

距離不問の淀巧者・ラー。京都にもっとG1があれば君にどれ程タイトルが増えていただろうか。淀だったらどの条件でも本当に良く走ったね。それだけに君の産駒からはどんな適正を備えた仔が誕生するのか今から興味深いよ。ただ、その産駒はもう少し雨に強くて、他のコースもこなしてくれるこだった良いよね。

淀を愛し、雨を嫌った太陽神・トーセンラー。この先、君の流れる偉大な母の血を広め、君が得られなかったタイトルを獲得する産駒の誕生を願っているよ。その時はまた武ちゃんが乗ってくれるといいね。

馬房にてグイッポを嗜むラーをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2016-11-16 18:00 | 馬名・ト~ | Comments(0)

第279回目はキャピタルS勝ち馬"トライアンフマーチ"です。

通算成績21戦3勝。主な勝ち鞍、OP特別2勝。
3歳新馬でデビューし3戦目で初勝利を挙げ、その後トライアルレースで出走権利を獲得し迎えたクラシック初戦の皐月賞。勝ち馬には離されたものの母父を彷彿させる豪脚で追い込み2着となり、大器の片鱗をうかがわせ、重賞勝ちは早々に後にはG1のタイトルも近い!のではと思いましたが、その後は怪我にも悩まされ重賞で惜しいレースはするものの、ビッグタイトルを獲得する事が出来ないまま引退となってしまいました。

重賞勝ちはないものの、その素晴らしい血統背景を持つ馬だっただけにいつ何時大輪を咲かしても可笑しくない逸材だったと思います。

そんな無冠の王子・マーチに会いに行きました。

b0234851_15274199.jpg


君の血統で重賞勝ちがないなんて、未だに無いなんて信じられないよ...。

b0234851_15275599.jpg


おーい、マーチ!会いに来たよって、ゴメン...黄昏時だったんだね。

b0234851_1528879.jpg


あれ?動いた?もしかしてこっちに来てくれるのかな...。

b0234851_15282541.jpg


マーチ、来てくれたんだね、ありがとう!優しいね。でも、柵越しはちょっと寂しいね。

b0234851_15283883.jpg


うわぁ、いつの間に柵が開いた!凄ーい、あのマーチがこんなに近くに...(泣)。
(スタッフさんのお計らいにより開けて頂きました、決して常時ではありませんので悪しからず)

b0234851_15285322.jpg


マーチだ、あのマーチだ、カワイイなー、君はお母さん似かなーお父さんにかなー。

b0234851_1529927.jpg


まだあどけない表情しているなー、マーチこっちだよ、こっち。

b0234851_15292384.jpg


超カワイイなー、マーチありがとうね。正面を向いてくれて。君は本当にイケメン君だね。


現在はノーザンホースパークにて乗馬馬として繫養されています。

父スペシャルウィーク、そして母キョウエイマーチという血統だけに私的にはぜひ種牡馬入りして欲しい気持ちがあったのですが、今のマーチの幸せな姿をみればこの形も良かった気がします。

良家の秘蔵っ子・マーチ。君は父・母からの期待を一身に受け走り続け頑張り屋さんだった。親仔G1制覇の夢は達成出来なかったけど、初重賞戦であり、ましてG1戦にてみせたあの豪脚は君が一線級の名馬だと証明しているハズだよ。脚元に不安がありながら良く走り続けたね。これからはその愛らしい表情と人懐っこさを武器に長きに渡り活躍し続けてね。

無冠の大器・トライアンフマーチ。大舞台で君の凱旋行進は観れなかったけど、君の行進はこれからも続くだろう。早世してしまった偉大な母の分までこれからも長生きしておくれ。

馬房で旋回している~顔を覗かせるマーチをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-11-24 18:00 | 馬名・ト~ | Comments(0)

第26回は第144回天皇賞・秋勝ち馬、トーセン軍団総大将”トーセンジョーダン”part2です。

通算成績30戦9勝、重賞4勝、G11勝。
2歳時から活躍したものの、裂蹄を起こし春のクラシックは不出走。その後古馬戦線から本格始動し、着実に勝ち星を重ね、重賞制覇、そして真夏のスーパーG2札幌記念を勝利し、勢いそのままで迎えた天皇賞・秋をスーパーレコードで制覇しG1馬入りとなりました。その後は勝利する事はありませんでしたが、慢性的な怪我に悩まされながらも長きに渡り走り続けた不屈の名馬です。

大好きなジャングル産駒であり、レース中のフォームのカッコ良さ、そして気性面での面白さから応援し続けた馬でした。

前回の写真は札幌記念出走時のものでしたが、今回は種牡馬となったジョーダンに会いに行きました。

b0234851_20455824.jpg


おー、いたいた、愛しのジョーダン。でも、けっこう遠いなー。

b0234851_2046971.jpg


こっちに気づいたか?って、うぁー、なんか良く分からないけど凄い勢いでやって来てるー!

b0234851_20462438.jpg


おっと、ジョーダンいつの間にこんな近くにいたんだい?改めて初めまして...。

b0234851_20464132.jpg


元気そうで本当に良かった。それに種牡馬になれて本当に良かったね...(泣)って、どうした?

b0234851_20465542.jpg


うあー、近っ!急にどうした?どうした?何したいの?

b0234851_20478100.jpg


何々どうしたって?「ちょっと遊びたかったんだけど...」ってそんな顔で言われても...こっちだってアナタと戯れたいのは山々だけど、触れ合う事は出来ないんだよー。

b0234851_20472522.jpg


チェッ、ナーンだよ、ツマンネー!」ってジョーダン、怒ったのかい?

b0234851_20473754.jpg


じゃあね、ジョーダン。今日は近くに来てくれてありがとうね。


現役時、ジャングル産駒らしい気性面等の逸話を聞いていたので中々人を寄せ付けないタイプなのかなー?思っていたのですが、見学中終始、時に近寄り過ぎて困り果ててしまう位、甘えん坊な仔でした。

現在はブリーダーズ・スタリオン・ステーションにて種牡馬として繫養されています。

初年度種付け数は100頭越えを果たし先ずは順調なスタートを切る事が出来ました。父は言わずもがな府中の鬼・ジャングルポケット。そして母は名牝・クラフテイワイフの血を引く、名繁殖馬・エヴリウィスパー。非サンデー種牡馬だけに産駒の活躍次第では種付け数が急増する可能性もあります。名馬である父・ジャングルの血、そして偉大なる祖父・トニービンの血を繋ぐ大役はジョーダンにかかっていると言っても決して言い過ぎではありません。

馬主の悲願、父の夢、ファンの願いを叶え走り続けた不屈の名馬・ジョーダン。君は府中の鬼と呼ばれた父の血を継ぐ息子だけに府中の舞台で悲願のG1タイトルを獲得したね。君の血が競馬史に残る事になって本当に私は嬉しい。度重なる怪我に泣かされながらも、走り抜いた君の姿にどれ程のファンが胸を熱くし涙しただろうか。これからはその不屈の精神を産駒に受け継いでおくれ。

不屈の闘将・トーセンジョーダン。モチロン、種牡馬となった君に望むものは府中G1親仔三代制覇の夢だ。もっと欲をいえば君が成し遂げれなかった府中の最高峰レース、ダービーJCのタイトルを制覇する産駒をみてみたい。そして、もっともっと欲をいえば海を渡り、偉大な祖父が成し遂げた世界最古峰のレースを制覇する産駒がみてみたい。

大いなる責務を背負ったジョーダン、君ならきっと大きな夢を叶えてくれるだろう。
 
放牧地にて甘えに甘えてくる愛らしい(笑)?暑苦しい(笑)?こちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-10-28 18:00 | 馬名・ト~ | Comments(0)

第250回目は第60回京都新聞杯勝ち馬、「誉れ高き一等星」"トーセンホマレボシ"です。

初勝利まで三戦を要し一戦足止めしたものの、その後は500万下、重賞と連勝し、その勢いのままダービーで三着になった実力馬です。秋以降の活躍が期待された一頭でしたが、故障してしまいそのまま引退となってしまいました。

通算成績7戦3勝。重賞は一勝のみながら、その素晴らしき血統背景と卓越したスピードを感じる走りに魅了されたファンも多かった気がします。今となれば錚々たるメンバーが揃ったダービーだっただけに怪我さえなければ大きいところが狙えていた馬だった様に思えます。

そんな未完の名馬に会いに行きました。

b0234851_12413517.jpg


おー、居た居た。名前もインパクトがある一頭だったな...。

b0234851_12414730.jpg


おーい、ホマレボシってお食事中だったね、ゴメン、うるさくして。

b0234851_12415735.jpg


ディープ産駒の割に馬格もあって良い馬体だよね。

b0234851_1242728.jpg


って、あれ?もしかして、そのまま...。

b0234851_12421745.jpg


行っちゃうのかーい!まあ、仕方ないよね。沢山食べて立派なお父さんになるんだよ。


見学中、全くとして近寄ってもらえませんでした。やはり、良血馬には嫌われる運命なのでしょうか(笑)。

現在はブリーダーズ・スタリオン・ステーションさんにて親戚一同と共に繫養されています。

初年度から100頭以上の種付け数を確保し、ディープを継ぐ一頭として期待されています。父の種付け料金よりも格安な事も好材料でしょうが、何といってもこの仔の魅力は間違いなく母系でしょう。今や大牝系を築き上げて来ている名牝・クラフテイワイフ系が流れる血に今を時めくディープの血。そして、その素晴らしい血統の要に、近代日本競馬の礎を築いた母父・ノーザンテーストの血が配合されているのが大きい気がします。必ずやこの仔の産駒は活躍する事だと思います。本当に楽しみな種牡馬です。

これから!という時に怪我に泣かされ引退を余儀なくされたホマレボシ。君は現役時、実力の半分も証明出来なくて歯痒い思いをしたろう。私も君の走りをもう少し観たかったけど、無事で何よりだったよ。君の早期の引退を嘆き悲しむみ人も多いけど、私はそれ程そうは思っていないんだ。何故かというと故障を抱えながら恐る恐る走り続ける事より、能力がピークの時に引退した方が第二の馬生としては良いように思えるのだから。君にはこれから立派な仕事がまだまだある、偉大な父の血、そして何よりも母の血を繋ぐ役割が。ターフで暴れる事が出来なかった分、自身の産駒でこれから大いに活躍してくれ。

未知の能力を証明出来ずに志半ばで引退した、オーナーの誉れ高き一等星、トーセンホマレボシ。夢の続きは君の仔で観ようじゃないか、府中の2400mを一着で駆け抜ける夢を...。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-05-06 17:00 | 馬名・ト~ | Comments(2)

第234回目は第54回有馬記念勝ち馬、グランプリコレクター"ドリームジャーニー"です。

通算成績31戦9勝、主な勝ち鞍は朝日杯FS、宝塚記念、有馬記念という節目に滅法強い印象の一頭でした。近年で最弱と呼ばれている牡馬世代の中で一頭気を吐いていた馬で長きに渡り、父譲りの小柄な馬体で二歳から七歳まで良く走り通しました。独特の走法も魅力の一頭でした。

そんな彼に札幌競馬場でのお披露目の時に会いに行きました。

b0234851_20402296.jpg


おっ、いきなりこんな真ん前にジャーニーが...!嬉しい限り。

b0234851_20403185.jpg


脚をカキカキ...。落ち着かないんだね、こんな大勢の前は久しぶりだもんね。

b0234851_20402493.jpg


やっと落ち着いたね、ホント小さい身体で良く頑張った。

b0234851_20403478.jpg


ホント、ジャーニーはカワイイ顔しているねー、君の愛らしさは父譲りなのかな...。んっ、どうした?

b0234851_20404362.jpg


あれ、もしかして苛立ってる?歳を重ねたから少し落ち着いたかも?と思っていたんだけど...

b0234851_20405217.jpg


違うんだもんねー(笑)。場長さんが言ってたけど、まだまだヤンチャ全開なんだもんねー。

b0234851_2041295.jpg


それにしても反対側の顔は愛らしい顔なんだけど、こっちは相変わらず阿修羅顔だねー。そんな処も大好きなんだけど...。

現在は社台スタリオンステーションにて偉大な弟さんと共に種牡馬として繫養されています。

種付け数は三桁とまでいかずとも二桁後半の種付け数を誇っています。弟が種牡馬入りしてしまっただけに数をこれ以上伸ばす事は困難かも知れませんが、同じマック、ステイの黄金配合を持つ血統背景だけにこの仔から最強馬が誕生してもおかしくない気がします。

ジャーニー、君の世代の牡馬は強い女性たちの間に挟まれ強さを誇示する事が大変だったろう?でも君は二歳チャンピオンとなり、古馬になってからもチャンピオンとなったんだから胸を張っていいんだからね。種牡馬となってからも、余りにも偉大過ぎる弟のせいで影が薄くなってしまっている感があるけど何も遠慮せず、親仔グランプリ制覇、そして君の成し遂げれなかったクラシック制覇といこうじゃないか。その時に君の真価が問われるハズ、だからその日まで頑張れドリームジャーニー、「夢の旅路」は絶えず続く...。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-12-23 17:00 | 馬名・ト~ | Comments(2)

第108回目は第19回マイルCS勝ち馬”トウカイポイント”part2です。

地方の盛岡からデビューし中央へ移籍後、自己条件戦をゆっくりと勝ち上がり30戦以上要した後、芝のマイルG1を制覇しました。日本競馬界屈指アイドルのハイパースター・トウカイテイオーに産駒初のGIのタイトルを齎した孝行息子です。

大好きなテイオーにビッグタイトルをの齎してくれた孝行馬ポイントに三年振りに会いに行きました。

b0234851_21102844.jpg


マイチャンは勿論だけど、中山記念の勝利も鮮やかだったなー。

b0234851_21103797.jpg


ポイント、元気していたかい?今日もいつものポジションにいるのかい?

b0234851_2111811.jpg


おー、ポイントこっち来てくれたのかい?嬉しいなー。

b0234851_21105845.jpg


こっち向いた!ポイント久しぶり、それにしても相変わらず満点の可愛さだねー。

b0234851_21111917.jpg


君はホント愛らしいし、人懐っこいから、皆んなのアイドルだね。まあその点は父譲りかなー(笑)。

b0234851_21112915.jpg


触れ合いたいのは山々なんだけど...残念だけど、これ以上触れ合う事は出来ないんだよ(泣)。


現在もノーザンホースパークさんにて功労馬兼乗馬・競技馬として頑張っています。

父トウカイテイオーの血だけでも魅力な馬でしたがパーソロン、リアルシャダイ、ノーザンテーストという日本競馬界の礎を築いた血が配合されている魅力的な血統だっただけに種牡馬入りしても面白かったと思ってしまいます。しかし、そんな事を言ってもどうにもならないのですが...。

ポイント、君は偉大な父に大きなタイトルをプレゼントしてくれた孝行息子だ。その愛らしさと溢れ出る親しみ易さは持って産まれたものだろう。もう少しヤンチャな部分が無ければ種牡馬の可能性もあったかも知れないけど、そのヤンチャさがあったからG1馬になる事が出来たハズだもんね。この先も君の愛らしいオーラで会う人達をメロメロにしてお馬さん好きを沢山増やしてね。

愛らしい性格が濃縮された様子をご覧になりたい方は短い動画ですがこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-11-19 18:00 | 馬名・ト~ | Comments(4)

第185回目は史上初のジャパンカップダート連覇馬"トランセンド"です。

通算成績24戦10勝。内ダートG1(jpn1を含む)4勝。その全てが中央の馬場で行われたレースというのも珍しいタイプに思えます。この馬といえば2着に敗れたものの、あの世界のヴィクトワールとの熱戦を繰り広げたDWC、新世界三大レースで日本馬がワンツーを決めるなんて想像も出来ませんでした。時期が時期だっただけに本当に励みとなった忘れられないレースでした。完成されてからのこの馬のレースぶりは圧巻の一言です。

b0234851_16155642.jpg


おー、そこにいるのはクールな天才馬君かなー。

b0234851_1616515.jpg


こんにちは、トランセンド君、初めまして。

b0234851_16161458.jpg


うわぁー、何てクールな表情をしているんだ。やっぱり君はインテリな馬なんですね。

b0234851_16162493.jpg


あれー?そうでもないのかなー?それにしてもやっぱりイケメンだよねー。

b0234851_16164152.jpg


なーんだ、ただ眠かっただけなんだねー。お目目がカワイイなー。

b0234851_16165918.jpg


眠たかったのに、わざわざ顔を出し続けてくれてありがとうね。


私は現役中の有無を言わせない勝ち方を観ていたイメージからクールでインテリジェンスを感じさせる馬だと思い込んでいました。しかし見学中、眠気と戦いながらもファンサービスをし続けてくれた優しい仔でした。

現在はアロースタッドさんで種牡馬として繫養されています。

種付け数は65頭と初年度としてはまずまずと言える数字ですが、個人的にはトランセンドの活躍を考えればもうひと伸びして欲しかった気もします。晩期の成績が尾を引いているのでしょうか...。

トランセンド、一時の君は手の付けられない位の完成されたダート馬だった。しかもあと一歩で世界最強のダート(AW)馬の称号も手に入れていたかも知れないんだからね。引退してお父さんと隣の馬房に入れる馬なんてそうはいないんだ。だから親子三世代が隣に並ぶくらいの後継者の誕生を楽しみしているよ。その仔はきっと君が届かなかった砂の王になってくれると信じているからね。

眠い目を必死で隠して何とかこちらの相手をし続けようとしてくれているトランセンドをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-11-27 18:00 | 馬名・ト~ | Comments(4)

第165回目は由緒正しきフォーティナイナーの後継種牡馬"トワイニング"です。

現役時はベルモントSの前哨戦であるピーターパンS (米・G2)など重賞を二勝し、現役最後のレースであるドワイヤースSではあの怪物Holy Bull!の2着だった事を考えれば能力は素晴らしいものがあったと思います。

b0234851_18302595.jpg


ハロー、トワイニング君。

b0234851_18303595.jpg


こっち向いてくれた、お元気ですか?

b0234851_18304652.jpg


何か言いたげな顔してるなー...、何を話したいんだい?

b0234851_18305699.jpg


特に無いのか...(笑)。うるさくして悪かったね、これからも元気でいてね。

引退後、日本と米・豪と種牡馬として渡り歩き、再び日本に戻り、現在はブリーダーズSSさんで種牡馬として頑張っています。

一時は100頭越えしていた種付け数も近年は減少し30頭前後となってしまいました。大物産駒は輩出出来ずとも、それでも毎年のように地方では重賞クラスの馬を輩出し続けてくれている堅実な種牡馬です。やはり父のみならず牝系にNever Bend、War Admiralなどの大種牡馬系がいるのが良い産駒を輩出出来ている要素かも知れません。

日本競馬界に多大なる影響は与えることは出来ずとも堅実に競馬界を支えてきてくれているトワイニング君。君の余生がこれからも安泰である事を願っているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-08-22 18:00 | 馬名・ト~ | Comments(4)

第157回目は「東京の真夏の夜にブリザード」第3回JDダービー勝ち馬"トーシンブリザード"です。

史上初の無敗の南関東三冠馬で最初で最後の四冠馬。その他に全日本3歳優駿、かしわ記念、そして中央ダートG1フェブラリーSをあのデジタルの2着!と、素晴らしい成績を残した名馬でした。ジャパンダートダービー勝利後の骨折が無ければ2000m以下のレースではどれ程の強さを誇っていたでしょうか...?現在の南関、地方競馬にぜひ現れて欲しいと思わせる程の一頭です。

b0234851_18273162.jpg


手作りのプレートが愛を感じさせるなー。

b0234851_18282176.jpg


おー、ブリザード、元気そうに走っているね。

b0234851_18283028.jpg


こっちを観た!おーい、ブリザード会いたかったよ。元気してたかい?

b0234851_18284263.jpg


いいねー、美味しそうなのがたくさんあって。一杯食べるんだよ。

b0234851_18285168.jpg


おっ、食べながらこちらに近づいて来てくれている気がする...ワクワク!

b0234851_1829240.jpg


ってダメだったかー(泣)。今日はあんまり近づきたくない日だったのかな...でも、元気な姿を観れて安心したよ。


見学中、何度か居座っていたのですがほとんど寄ってもらえませんでした(笑)。しかし、普段はとても人懐っこく優しい仔のようなので私以外の方にはきっと近くで挨拶してくれるハズです。

現在は種牡馬を引退し、荒木克己育成牧場さんにて功労馬としてのんびりと暮らしています。こちらの牧場さんは引退馬の余生を真摯に考えて下さる素晴らしい牧場さんで現在、荒木牧場功労馬サポーターズという会を行なっていらっしゃいます。興味のある方はぜひ。

ダート馬のレベルは、地方なれども地方にならずの南関で数々の金字塔を打ち立てた名馬トーシンブリザード。種牡馬としては数少ない血しか残せなくとも、君の功績はこれからも語り継がれるだろう。そして、何より最高の終の棲家に辿り着いた事が君にとっての一番の勝利に思える。これからも南関の英雄としていつまでも長生きして下さい。また、会いに行くよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-07-08 18:00 | 馬名・ト~ | Comments(4)

第108回目は帝王唯一の芝G1、牡馬産駒!”トウカイポイント”です。

第19回マイルチャンピオンS(G1)の勝ち馬。

偉大なる超ドラマチックな名馬、父トウカイテイオーの産駒で、芝では牡馬唯一のG1ウイナーながら、残念なことに騸馬なので種牡馬入り出来ず後継者を残す事が出来ないという悲しさ(泣)。母父リアルシャダイも魅力だけに何とか、どうにかしてでも後継者がみたかった...。

b0234851_233255.jpg


苦労人(馬)だけに32戦もしていたんだね、よく頑張った。

b0234851_23321778.jpg


初めまして、ありがとう。いきなり挨拶に来てくれたんだ。

b0234851_23322949.jpg


どアップ!本当に人懐っこい仔だなー。

b0234851_23324030.jpg


反対側からお顔を出してくれたんだね、ありがとう。

b0234851_23325484.jpg


わ、笑ったー!愛嬌も満点だー!馬さんというより、リスさんやバンビさんみたいなカワイイ顔だねー!

b0234851_2333330.jpg


こっちを見た!超絶イケメンのお父さんと違うタイプだけど、君も本当にイケメンだねー。

b0234851_23331871.jpg


カッコよくて、愛嬌があって華があって美しくて...本当に血は争えないねー。君の家系はズル過ぎるぞ!


現在はノーザンホースパークで乗馬として頑張っています。

この仔はテイオーにG1の称号を与えてくれただけでも感謝しきれない馬です。本当にありがとう!テイオーも孝行息子を持ててさぞかし嬉しかったはずだよ。産駒はみる事が出来なかったけど、お父さんと同様にこれからも私達の憩いの馬としてズーと長生きして下さい。また会いに行くよ、それまで元気にしていてね。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-11-15 18:13 | 馬名・ト~ | Comments(4)