カテゴリ:馬名・ツ~( 1 )

第282回目は第45回朝日CC勝ち馬、名牝・名繁殖馬"ツルマルガール"です。

通算成績14戦5勝。
3(現2)歳新馬デビューし実力がありながらも勝ち切れない状態が4歳春先まで続いていましたが、夏競馬で一変し本来の実力を発揮して重賞馬と上りつめました。その後は長期離脱により一戦しか走れませんでしたが順調に使われていたら幾つものタイトルが増えていた気がします。重賞勝ちは1勝のみですが、強い牝馬世代と呼ばれた中でも世代屈指の実力馬だったと様に思えます。

そんな名競走馬で、お母さんのガールのお墓参りに行きました。

b0234851_11591158.jpg


初めまして、ツルマルガール。それにしても早過ぎる死が惜しまれるね。

b0234851_11592451.jpg


父譲りの毛色が美しい君だった、元気な内に会いたかったものだね。


現在は産まれ故郷にて安らかに眠っています。

現役引退後は繁殖馬となり、5頭の産駒を誕生させ5頭とも中央勝利馬となる名繁殖ぶりをみせた名牝でした。OP級の馬を3頭も産み出し、中でも初年度産駒だったツルマルボーイ は自身の成し遂げれなかったG1のタイトルを齎す孝行息子となってくれました。競走馬時代も優秀ですが、繁殖となってからがこの仔の真の実力を魅せつけた気がします。それだけに早過ぎる死がやはり惜しまれます。残された産駒からこの名牝の血を繋ぐ産駒の誕生を願うばかりです。

名門・濵本牧場の天才少女・ガール。君は偉大な父の毛色と末脚を受け継ぎ、偉大な母から繁殖力を受け継いだ希有な競走馬かつ名繁殖馬だった。現役時と引退後に共に輝いた君の様な馬を真の名牝といえるだろう。数々の優秀な産駒を産み出し、これからという時に去ってしまったのは非常に悲しい事だけど残された仔がその偉大な血を繋いでくれる事だろう。

良馬賢母の名牝・ツルマルガール。偉大な父サッカーボーイ、そして偉大なる名牝たちの血を継ぐ君の血統はいつの日かまた必ず輝きを放つ事だろう。その時の産駒はソーダストリームダイハード、そしてサッカーボーイと連なる栃栗毛の産駒だった嬉しい。天国から牧場の繁栄と安全を祈っておくれ、安らかに...。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-12-09 18:00 | 馬名・ツ~ | Comments(0)