カテゴリ:馬名・シ~( 17 )

第333回目は2004年巴賞勝ち馬”シェルゲーム”です。

通算成績8戦3勝、主な勝ち鞍はOP特別の1勝のみ。

デビュー前から偉大な半兄の後釜として期待され、デビューから2連勝でクラシック有力馬候補となり、挑んだ初重賞にて後のダービー馬の2着。クラシック戦線でも活躍が期待されたものの勝ち切れず、その後挑んだ古馬との初対決にてOP特別を快勝。しかし秋には故障を発生し早期に引退となってしまいました。厩舎が厩舎だけに血統面を含め、その溢れるんばかりの素質が秋に開花するモノだったと思っていただけに引退が惜しまれる馬でした。

そんなほっとけない良血馬・シェルゲームに会いに行きました。

b0234851_9391197.jpg


初めまして、シェルゲーム会いに来たよ。

b0234851_9392442.jpg


どうした?どうした?急に隠れて...?

b0234851_9395256.jpg


ナニナニ、そんな顔して何が言いたいの?

b0234851_940659.jpg


ホントは僕の事なんか会いに来たんじゃないでしょ?誰かを観に来たついででしょ?」だって、何て馬鹿げた事いってんのー!

b0234851_9393746.jpg


エッ、ほんと?」ってもちろんだよ。私はねー、君に会いに来たんだ、特にね、君の血筋が大好きなんだよー。

b0234851_940353.jpg


安心したようで良かった、これからも身体に気を付けて過ごすんだよ、私の夢の結晶馬君。


現役後、引退後種牡馬となりましたが種付け数が伸びず血を残す事は厳しい状態です。

母は異端の最強馬・アグネスデジタルや未完の大器馬・ジャリスコライトを産み出した名牝Chancey Squaw。父は世界屈指の大レース・キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドSを連覇した名馬・Swain。世界的にも数少ないSwainの後継種牡馬だけに種牡馬として大いに期待しただけに残念でありません。私的にはBlushing Groom狂だけにその血を汲む馬に一入想いがあります。それだけに現役を引退後に大暴れして欲しかったモノでした。

英国産まれの良血馬・シェルゲーム。現役時は慣れないまま故障してしまいその内なる能力を発揮出来なくて辛かっただろう。君がもし自国でデビューし怪我なく走り続けていたらどんな競走生活を送れていたのだろうか。否、そうなると必然的に種牡馬生活もきっと別のモノになっていた様に思える。でも、縁あって日本の地で走り、少ないながら種牡馬として頑張れたのだから良かったんだよね。

偽りなき良血馬・シェルゲーム。君の走り、そしてその血は小手先だけのモノではなかった、素敵な夢、ゲームを魅せてくれてありがとう。これからの余生が穏やかなモノである事を願っているよ。

放牧地でアブと格闘しながらも挨拶をしてくれるシェルゲームをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2017-06-28 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(0)

第322回目は第23回ファルコンS勝ち馬"ジョーカプチーノ"です。

通算成績23戦6勝、重賞勝利はG1(NHKマイルC)を含む3勝。

初勝利に4戦を要しその後一戦挟み、500万下、重賞と連勝。その後また一戦挟んで迎えた三歳マイル王決定戦にて勝利し、古参馬主・上田オーナーと藤岡康太騎手に初のG1タイトルを齎しました。それ以降は不良馬場や脚部不安等の不運が続きながらも重賞勝利し、常に大崩れしない走りを続けた馬でした。

そんな葦毛の俊足馬・カブチーノに会いに行きました。

b0234851_17173438.jpg


そこにいるのはカプチーノ。おっ、後光が射し込んでいるよ...。

b0234851_17174734.jpg


初めまして、カプチーノって...、お食事中でしたか失礼しました。

b0234851_1718126.jpg


おっ、顔を上げるか...。おーい、カプチーノ!げん...き...

b0234851_1718143.jpg


ってまた食べるんかーい?それにしても、何だか食べてる姿も勇ましいね。

b0234851_171827100.jpg


最後にありがとうね、顔を上げてくれて。一杯食べて頑張るんだよ。


現役を引退後、種牡馬となりました。

初年度は30頭弱、2年目、3年目は15頭前後と厳しい状態でしたが、産駒がデビューしてからは一変し昨年は50頭越えを果たし中堅クラスの種牡馬となりました。現役産駒がこの先重賞戦線で活躍すればもっと種付け数を確保出来るかも知れません。父は早世してしまった名馬・マンハッタンカフェ。母・ジョープシケは名が表す様に馬主さん縁の繁殖馬。その血にはダービー馬・フサイチコンコルド。天馬・トウショウボーイが流れる魅力の血統です。その血筋が生産者さん方の配合意欲を掻き立てるのかも知れません。

オーナーの夢の結晶馬・ジョーカプチーノ。現役時、君は連勝に次ぐ連勝をする馬ではなかったけど着実に堅実に走りビッグタイトルを勝ち取った馬だった。脚元の不安が無ければもう一つ二つタイトルが増えていたかも知れないね。オーナーの想いが募り種牡馬となれた今、もう遠慮は必要ない。思う存分その能力と愛らしさを産駒に繋いでおくれ。

葦毛の快速馬・ジョーカプチーノ。君とみるホロ苦くも甘い夢なら何度でも観てみたい...。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2017-03-16 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(0)

第313回目は有馬記念連覇馬、「漆黒の帝王」"シンボリクリスエス"です。

通算成績15戦8勝、G1勝利は二年連続での天皇賞・秋有馬記念
日欧米のTOPジョッキーを背に走ったレース全て掲示板を外さなかった名馬でした。

クラシックのタイトルこそ逃したものの、三歳秋には天皇賞・秋そして有馬記念を制覇。良くも悪くもまさに名門・藤沢和雄厩舎らしいローテションで大仕事を成し遂げた名馬でした。古馬となってからは思う様なローテションを組めなかった中で二年連続の偉業を成し遂げ引退レースでは現役最強誇示する圧巻のレースを魅せ付けた名馬でした。JCこそ勝てませんでしたが、あの最後の有馬記念を観る限り正に帝王という異名が相応しい馬だと思います。

そんなシンボリ軍団の黒き帝王に会いに行きました。

b0234851_16243564.jpg


おっ、いつもはここで放牧されているのか...名オーナーの、近年の最高傑作馬だったなー。

b0234851_16245360.jpg


ハーイ、クリスエス、NICE TO MEET YOU!

b0234851_16251161.jpg


うわぁ、急にこんな処に...。初めまして、そしてありがとうね、クリスエス。

b0234851_1625249.jpg


嬉しいなー、君と間近にこうして向き合えるなんて。

b0234851_16253931.jpg


元気してたかい?今年で17歳かー、パパとしても、もうベテランだねー。

b0234851_16255170.jpg


帝王とか呼ばれていたからもっとクールな仔かなーと思っていたけど、中々チャーミングなところあるんだね。

b0234851_16261043.jpg


まだまだ、老け込む歳じゃないからね、まだまだ良い仔を沢山誕生させてね。


現役を引退後、種牡馬となり初年度から多い時には200頭越え、平均でも150頭以上の肌馬を集めて来ました。本年から繫養先が変わった事と自身の有望後継産駒がスタッドインした影響を受けた為か、今年の種付け数は60頭強となってしまいましたが、毎年の様に優良な産駒を送りだしてきた馬だけに今後もまだまだ期待したいものです。父は米の名種牡馬・Kris S.、母・Tee Kayは父系こそ米の名種牡馬の血が連なりますが、母系は決して主流とはいえない血筋だけに主流であるサンデー、ミスプロ、ノーザンダンサー系にも配合が出来るのも利点です。

晩秋の大舞台を愛した黒王・シンボリクリスエス。君は名オーナーが停滞していた空白の期間を埋め、そのオーナーと共に王者として再臨した名馬だった。勲章の数では、さきの帝王に及ばずとも成し遂げた功績は決して遜色はないと思っている。中々自身級の産駒に恵まれなかったけど、到頭とんでもない産駒を誕生させたね、私は本当に嬉しいよ。あれだけの名馬を誕生させたのだから、まだまだ息子たちに遠慮はいらない。もっと王者を誕生させておくれ。

名オーナー子息が送り出した米からの帝王・シンボリクリスエス。そんな海外競馬を先取っていた名オーナー一族から誕生した二頭の帝王馬がRoyal Chargerを血を継いでいるのは何か只なるぬ縁を感じてしまうね。そのシンボリの歴史に連なる血統を活かし、いつの日にか第三の帝王の誕生を夢みてるよ。

馬房から顔を覗かせるクリスエスをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2016-12-22 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(0)

第299回目はブリーダーズGC連覇馬、「南北戦争」"シビルウォー"です。

通算成績51戦11勝、地方交流重賞を5勝もした名馬です。

勝ち鞍の殆どがダート2000m以上、交流重賞には滅法強い(地方の深い砂が向いていたのでしょう?)馬でビッグタイトルこそ獲得出来ませんでしたが、砂の中距離重賞には欠かせない馬でした。良血馬でありながら、大きな怪我も無く50戦以上走った頑張り屋だった彼を私は好きでした。

そんな直向きなダート中距離界の立役者に会いに行きました。

b0234851_16321177.jpg


おっ、其処にいるのは愛しのシビルウォーでは...姿形も良かったが名前もカッコイイ馬だったなー。

b0234851_16324838.jpg


元気そうでなにより、それにしても種牡馬入り出来て本当に良かったねー。

b0234851_16331566.jpg


長く走っていたから、もしかしたら種牡馬入り出来ないんじゃないか?と本当に心配していたんだよ。君の血は貴重だからさ...ってシビル、聞いている?

b0234851_1717410.jpg


おっ、ちょっとこっち向いた!話聞いてくれてたのかなー?

b0234851_17171727.jpg


聞こえているよ!うるさいなー、今食事中だから少し黙ってて!」。そ、そうかゴメンね、

b0234851_17173038.jpg


でも、君が元気そうで何より良かった。沢山食べて第二のお仕事頑張るんだよ、また会いに来るからね。


現在はブリーダーズ・スタリオン・ステーションさんにて種牡馬として繫養されています。

初年度から60頭以上の種付け数を集め、種牡馬として順調なスタートを切りました。実績のみを考慮すればそれ程、種付け数を集めるタイプの馬ではないですが、この馬が人気を得ているのはSS系に配合出来る事が大きいからでしょう。父は米二冠馬・War Emblem、母・チケットトゥダンスには大種牡馬・Sadler's Wells、そしてRivermanが連ねる血統。父はミスプロ系ですが、三代前なのでそれ程の近親配合になりずらく、母系は日本ではまだそれ程主流血統ではないところが買われているのだと思います。何よりも魅力は遺伝能力には長けていたが繁殖能力に難があったミステリアスな名馬・War Emblemの唯一の後継馬という点でしょう。父の貴重な血を是非とも繋いで欲しいものです。

砂の中距離巧者馬・シビルウォー。君の第一の争いは終戦したけれど、第二の内戦は始まったばかりだ。国内外で砂の中距離重賞が姿を消してゆく時代だけに君の特徴を余り活かしにくくなってしまっている。しかし、君はそんな中でも実績を残しこうして種牡馬となった不屈の馬だ。その偉大な父の血を繋ぎ自身の成し遂げれなかった一番の勲章を齎す産駒を誕生させおくれ。

偉大なる米の象徴馬の夢の懸け橋馬・シビルウォー。いつの日か君の血を引く馬が偉大な父の祖国のG1を制覇する日を夢にみているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2016-08-10 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(0)

第295回目は97年バーデンバーデンC勝ち馬、オーナーに溺愛されている馬"シャドウクリーク"です。

通算成績33戦7勝、重賞勝ちこそないもののOP特別を2勝し、障害でも走った馬。

スーパー未勝利戦も近づく夏競馬にて初陣をあっさりと勝ち上がり、僅か5戦でOP入り。その後、3戦は勝ち切れないレースが続きましたが、初夏の福島競馬の名物レースにてOP特別勝ち、その後1戦を挟み秋競馬の東京でもOP特別勝ちをし、重賞勝ちを確信したものの重賞では勝ち切れず、障害馬へ転身、ここでも初陣は勝利し次なるチャンスを掴みかけたものの、勝ち切れないまま引退となりました。

当時のファンの中には連勝街道を歩んでいた時には厩舎が厩舎だけに古馬になったら物凄い大物になるのでは?とは思っていた人も数少ないズです。

芝、ダート、障害を問わず善戦し走り続けたクリークに会いに行きました。

b0234851_1410873.jpg


シャドウといえば、やっぱり君だよね。父・ジェイドロバリーていういのも魅力なところ。

b0234851_14102083.jpg


初めまして、クリークってもうお顔を出してくれていたんだね(笑)。

b0234851_14103178.jpg


クリーク君、既にとてつもなくカワイイ顔しているねー、君はどんな性格の仔なのかなー?

b0234851_14104865.jpg


おっーと急にどうした?どうした?って。まあ、そんな性格だよね、君は...(笑)。

b0234851_14111556.jpg


こんなんだったり...

b0234851_1411145.jpg


こんなんだったり...。ド!アップ...って、それにしてもちょっと近過ぎないかい?クリーク?

b0234851_14112974.jpg


何が...???」って、いやー、これまでに色んな仔に会って来たけど、君程人懐っこい仔は稀だよー。君は本当に人間が大好きだね。

b0234851_14114170.jpg


そんな、悩ましい顔しないでよー(泣)。君と遊びたい気持ちは山々だけどでもこれ以上は出来ないよー。だって君に何かあったら君の大好きなオーナーさんや牧場の方がどれ程悲しむ事だろう、だからね。また、会いに来るからね。


現在は産まれ故郷にて、素晴らしい馬主さんと牧場の御夫妻の愛情を十二分に受け、穏やかな日々を暮らしています。

引退後、オーナーさんの計らいにて、産まれ故郷にてそのまま功労馬となりました。

この馬の名前を聞いて真っ先にどんな馬だったか、想い出す方は競馬ファンといえども極稀だと思います。月日も経っていますし、クラシック戦線を賑わした馬でもありませんし、重賞勝ちもありません。しかし、この馬は世界一幸せな馬だと私は思っています。その理由は産まれた場所、自分を見い出し所有して下さったオーナー、そして管理された調教師さん、全てが馬想いの愛ある方々ばかりでした。

競走馬は生を受けた瞬間から、あらゆる人と携わり、その目まぐるしく変わる環境下の中で育ち、デビューし引退を迎えます。その後は種牡馬、繁殖入りする馬、乗馬、競技馬に転身する馬、そしてそれ以外の9割の馬の成れの果ては...。それが競走馬として生を受けた馬の宿命といえばそれまでですが、この世に生を受けたばかりの仔たちは、そんな事は露知らず、周りの人間を喜ばすためだけにライバルたちと死闘繰り広げ、痛みに耐え、命を削り、走り続けます。そんな健気な生き物をパートナーと想い、余生までを考え世話をし続けるそんなオーナーに出会えたクリークを私はやはり世界一幸せな馬だと思うのです。

私の拙い文では言葉足らずなのでこちらにクリークの馬主さん飯塚 知一・オーナーのこの馬に対する想いが綴られています。馬を経済動物と思わず、パートナーだと考える競馬ファンの方はぜひ競馬界屈指の馬想いオーナーの想いに触れてみて下さい。

影の小川・シャドウクリーク。君は確かに競馬界の大河には成れなかったけど、馬好きの人の心の片隅に流れ続ける癒しの小川だよ。私は人の集まり過ぎている絶景よりも、秘境を好む性質なんだ。本当に君を観ているとどんな名所にいる時より、心が澄み渡ってゆくのを感じるよ。君の人懐っこさ、天真爛漫さは生まれつきのものと、沢山の方の愛情によるものだね。君はこれまでに本当に沢山の愛情を受けて来たんだね、君程幸せな馬はいないかも知れない。これからもオーナーさん、牧場の方の為に長生きするんだよ、またその屈託無い笑顔に会いに行くからね。

世界一幸せな競走馬・シャドウクリーク。君の様な境遇を持つ馬たちが多く誕生する事を心より祈っているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2016-07-13 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(4)

第230回目は第68回日本ダービー勝ち馬、府中の2400mの申し子"ジャングルポケット"part2です。

通算成績13戦5勝、重賞勝利4勝の内、3勝が東京競馬場という正に府中の申し子でした。

数年前と同じ齊藤オーナー、渡辺先生、角田騎手の同陣営で挑んだ第68回東京優駿。幻の三冠馬と呼ばれたフジキセキの思いを晴らした瞬間でした。強力過ぎる同世代のライバルを相手に世代の頂点にたち、秋の同舞台では強豪古馬を相手に勝利し、競馬界屈指の名馬となりました。その後は度重なる故障により思う様な成績を残す事は出来なく引退となりました。

現役時にダービー、JCというビッグタイトルを手中に収めた名馬ですが、そのヤンチャさや素行に親近感を感じてしまう大好きな一頭です。

そんなワンパク小僧のジャングルに一年ぶりに会いに行きました。

b0234851_1012626.jpg


おーい、ジャングル久しぶり、会いに来たよー!

b0234851_10121891.jpg


おっ、気づいた!直ぐに寄ってきてくれるとは健気な仔やねー。

b0234851_10123088.jpg


そうか、そうか、覚えてくれたか。嬉しいいなー、本当に君は良い仔だねー。

b0234851_10124495.jpg


君は世間では君は変わり者とか云われているけど、そんな事ないよ..ね...って、ジャングル何してんの?

b0234851_10125623.jpg


いやー、こういう登場の仕方もありかなーと思って...」って何それ(笑)?

b0234851_101388.jpg


いやー、僕ってクールなイメージでしょ?だからちょっと変わった一面もアピール出来ればと...」、そっそうなんだ...。

b0234851_10132035.jpg


多分だけどね、そんな事しなくても君は個性的だって事は君のファンなら皆知ってると思うよ。「フーン、そうなんだ...つまんないなー。

b0234851_10133315.jpg


あれー、ジャングルもう行っちゃうのかい...?まあ、いいか。


見学中、終始近くにいてくれ甘え続けてくれた人懐っこい仔でした。しかし、少し飽きると直ぐにどこかに行ってしまう、独特の間と個性を持つ馬でした。

現在もブリーダーズ・スタリオン・ステーションさんにて種牡馬として繫養されています。

初年度産駒からG1ホースを輩出し、現在までに牡牝クラシック馬、海外G1馬をも誕生させている名種牡馬です。近年ではダート重賞馬まで産み出し、未だ活躍の場を広げています。種付け数は初年度から三桁以上を保ち続け、ここ数年は二桁となりましたが種牡馬として、もはやベテランの域になってきたジャングルの体調面を考慮すれば理想的な数字に思えます。後継馬も誕生させ、今や種牡馬として成し遂げた感があるジャングルですが、私的には欲をいえば府中の2400mのタイトルホルダーの誕生を願っています。

記憶と記録に残るダービー馬・ジャングルポケット。府中2400mのレースがある毎に君の事を想い出す。残念ながら未だ府中の最高のタイトルを獲得してくれる孝行息子は誕生していないけど、種牡馬としても偉大な父に最高の勲章を齎し、血を繋いでくれた事を本当感謝しているよ。これからは少しスローダウンしてのんびりと末永く過ごしておくれ。

府中に愛され、選ばれた馬・ジャングルポケット。いつまでも君の豪脚と咆哮を胸に刻もう。

かなり短いですが、放牧地で草を頬張るジャングルをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2016-05-25 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(0)

第52回目は第1回ユニコーンS勝ち馬、噛み噛み王子”シンコウウインディ”part2です!

ユニコーンS、フェブラリー(G1格上げ)も一回目でした。この仔は初物が好きなのでしょうか?それともただ単に同距離、同コースが強かったのでしょうか?

通算成績17戦5勝、重賞も3勝しているG1馬だけに知られているのは当然ですが、何よりこの仔が有名なのは噛みつきグセでしょう。闘志が有り過ぎる事が所以なのか、将又他の要素がるのか...繊細かつ賢い馬故の行為だったと思います。

そんな稀代のクセ馬、ウインディに数年ぶりに会いに行きました。

b0234851_2125718.jpg


おーい、ウインディ、元気してたかい?今回もこちらからお邪魔するね。

b0234851_21264747.jpg


分かってますよ。裏から回ればいいんでしょ?ホラ、気づいた。

b0234851_21292650.jpg


どーも、お久しぶりです。お元気でしたか?今回もそれ以上お顔を出されないおつもりでしょうか?

b0234851_21301179.jpg


って、まさか!出してくれたのかい?ありがとうね、ウインディ。

b0234851_2131550.jpg


二回目にして、やっと心を開いてくれましたね。何を笑っているんだい?

b0234851_21324057.jpg


ド・アップでも撮ってみるよ。それにしてもカワイイ顔だなー、アナタは歳を重ねているのかい?

b0234851_21333531.jpg


って、どうした?急にしょんぼりして...。なになに?「僕の事なんて皆んな覚えてくれていないんだろうなー?」って何を馬鹿な事、言ってるんだよ!ウインディ、君の事を忘れる事なんかないでしょ?

b0234851_21343331.jpg


ホントかなー?」って、当たり前だよ、こんなカワイイ・ヤンチャ王子の事は誰も忘れはしないよ。


見学当初は依然と同じ様に馬房から顔を出そうとしませんでしたが、会話を重ねると顔を出し、愛嬌を振り撒き続けてくれた優しい仔でした。改めて、私はウインディの虜になってしまいました。

この写真はある施設で当て馬兼功労馬として暮らしていた時のものです。

稀代のクセ馬・ウインディ。レース中の逸話はあれど、黒の勝負服と美しい栗毛の馬体が魅せる走りは素敵だったよ。体質面や幼さがあったためか能力ほどの勝ち数には恵まれなかったけど、君は紛れもないダート王だったよ。不運も重なり種付け数を伸ばせず、産駒に君以上の活躍馬を出せなかったのは悔やまれるけど
引退後にこうして君の新たな一面を垣間見る事が出来て本当に良かった。

初代運を持つ栗毛のお茶目な王子・シンコウウインディ。この先、君の様な奇抜で勝負根性を兼ね持つ名馬に出会う事は稀だろう。君に出会えて良かった、君の事を少しでも深く知り得る事が出来て良かった。いつまでも若々しいままでいてね。私の大好きなヤンチャ王子よ。

馬房で寛ぐ愛らしいウインディをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-06-18 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(2)

第248回目は第141回天皇賞・春勝ち馬、「愛すべき老将」"ジャガーメイル"です。

昨年の天皇賞・春まで競走生活を送り、馬齢10歳まで駆け抜けた素晴らしき古豪でした。

中央競馬としては超高齢まで走り続けながら通算で34戦しか走っていなかったのは関係者様が適正を見極め、脚元の状態を看ながら使い続けた証の様に思えます。重賞勝ちは一勝なれども、老いても直向きに走り続ける姿に魅さられ続けた人はただ多かった様に思えます。

同じく古豪で同路線の良きライバルであった、トウカイトリック翁(大泣...)と並ぶファンに絶大に支持された馬でした。そんな大好きなジャガーさんに会いに行きました。


b0234851_12175867.jpg


ジャングルの子供というのがまた、大好きな要因の一つなんだよねー。

b0234851_1218108.jpg


おー、そこにいらっしゃるのは!ジャガーさん、なんですか?

b0234851_12182184.jpg


ジャガーさん、初めまして。わ、わたっしは、ホント、本当にアナタが大好きなんです。

b0234851_1218319.jpg


うわー、少しずつ近づいてる。でも、お顔が見えないなー。

b0234851_12184369.jpg


おっ!ついに見えた!そうそう、この顔、この顔。ジャガーさん、お元気でしたか?

b0234851_12185489.jpg


いつも、凄く深いブリンカーとメンコをしていたけど本当はこんなにカワイイ顔をしているんですもんね。

b0234851_12191515.jpg


第二のジャガーさんの馬生が穏やかで幸あるものである事を祈っています。


現在はノーザンホースパークさんにて乗馬馬として頑張っています。

見学中も話しかけると直ぐに近寄って来てくれ、近くに寄り添ってくれていました。高齢に見えない若々しい表情に驚き、その優しい表情をみて改めて大好きになりました。歳は私の方が当分上なのですが、何故かジャガーさんには敬語を使ってしまいます(笑)。

私的には大好きなジャングル産駒で、牝系が素晴らしい血統であるジャガーさんに種牡馬になって欲しい気持ちはあったのですが、余りにも主流血統である血だけに種牡馬となっても種付け数が集まらなかった可能性もあり、種牡馬として成功出来なくなるよりは現在の状況の方が良かったのかも知れません。

長きに渡りファンに愛され続けた、古豪・ジャガーメイル。脚元と相談しながらダマし、ダマしで良く頑張ったね。G1・重賞勝ちは一勝だったけど、脚元がしっかりしていればもう一つ、二つタイトルが増えていただろう。でも、重賞でどうこうよりも、君が出走するレースは掛け値なしで応援していたよ。そんな気持ちになっていたのは私だけではなかったハズだよ。きっと君にはとんでもない魅力があるんだね。君なら持ち前の仁徳(馬徳?)で第二の馬生もしっかりと充実したものになるだろう。だから、身体に気を付けて長生きして下さい。

老将・ジャガーメイル、君がターフに残した蹄跡は少なくとも、ファンの脳裏にはその一戦、一戦が刻まれているだろう。本当に長きに渡り、夢と希望をありがとう。これからもお元気で...。

馬房で和んでいるジャガーさんの姿を観たい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-04-28 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(2)

第230回目は第21回ジャパンカップ勝ち馬、府中の申し子"ジャングルポケット"です。

通算成績13戦5勝。重賞4勝の内G1は2勝ながら、その二つのタイトルが日本ダービーとジャパンカップとは正しく府中2400mのスペシャリストでした。前日のジャパンカップダートを同期のライバル・クロフネが制し、能力のピークは過ぎかけていたとはいえ当時の最強馬オペラオーを相手に3歳で制したジャパンカップを観た時にはとんでもない三歳世代が現れたと感じました。タキオン、マンハッタン等、スター揃いの中でも一際人気があるダービー馬でした。

私的には尊敬する調教師・渡辺栄先生と、愛しの騎手・角田晃一にダービーのタイトルを齎してくれた最高の孝行息子です。それだけにJCも角コーだったらどんなに幸せな事か。まあ、最近ご無沙汰のガリガリ君好きのフランス人・Oさんも好きでなので良いんですが...。

そんなジャングルに念願叶って会いに行く事が出来ました。

b0234851_157197.jpg


ここに愛しのヤンチャ坊主がいるのか、やっと会えるんだ。

b0234851_1574015.jpg


おーいたいた愛しのヤンチャ王子が。けど、ちょっと遠いなー、どうせステイと一緒のヒネクレ者だろうから近くに来ないんだろうなー。

b0234851_1575029.jpg


いやー、カワイイなー。御年16歳とは思えない位若々しい顔しているね。

b0234851_158673.jpg


こっち見た、きた。どうしよう、どうしよう?って急だったからブレちゃったよ。

b0234851_15123750.jpg


えっ、、ジャングル来てくれたの、ホント君があのジャングルだよね(泣)。

b0234851_158231.jpg


嬉しいなー、ホント可愛い顔だねー。そのヤンチャな顔立ちが何より大好きだよー。

b0234851_158989.jpg


行っちゃった...でもありがとうね、挨拶してくれて。ジャングル大好きだよ、いつまでも元気でいてね。


現在はブリーダーズ・スタリオン・ステーションさんにて種牡馬として繫養されています。

種牡馬となってから種付け数は毎年100頭以上(一時は200頭越え!)を集め、産駒も順調に活躍馬を輩出しその中から何頭ものG1馬も誕生しています。後継馬も何頭か誕生しているだけに偉大なトニービンから続く血が受け継がれようとしています。

ジャングル、私は君、そして君の産駒たちも大好きだよ。その類まれな個性と強さを後世に繋ぐべくこれからも君の能力を受け継ぐ産駒をもっと多く輩出してしておくれ。あと一つだけお願いがあるとしたら君の産駒での親仔ダービー制覇がみたいんだ。その子供は君と同じくJCも制覇してくれるハズ、その時は角田厩舎だったら格別なんだけど...。愛しのヤンチャ王子・ジャングルポケットこれからも応援しているからいつまでも元気でいてね。

放牧地で近寄って来てくれたヤンチャ王子の若々しい姿をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by hakodatemagosaku | 2014-11-27 18:16 | 馬名・シ~ | Comments(4)

第216回目は第35回函館記念勝ち馬"ジョービッグバン"です。

軽ハンデ・50キロを活かしての重賞初制覇。条件戦を勝ち上がった後の重賞制覇とはいかにも夏の上がり馬らしいですが、前走が500万下とは極稀なケースだと思います。それ程急成長を遂げていた時期だったのでしょう。その後二戦は昇級した洗礼を受けてしまいますが、年明けに金杯、小倉大賞典と連勝。初のG1挑戦した宝塚記念も三着となり、実力があるところを魅せ付けたのですが、その後は燃え尽きた様に勢いを失くし、掲示板に載る事もほぼ無くなってしまいました。

何といってもこの馬といえば、担当であった坪正直先生と相棒の山田和広・元騎手との結びつきでしょう。この三位一体の関係が多くの重賞タイトルを獲得できたのだと思います。

b0234851_2022672.jpg


G3とはいえ三勝もしているとは改めて大した馬だよ。

b0234851_20212340.jpg


おっ、いたいた、ビッグバンお食事中ですかー?

b0234851_20213382.jpg


こっちを向いてくれた!おーい元気していたかい?

b0234851_20214766.jpg


近づいて来てくれたの?初めましてビッグバン、ありがとうね。

b0234851_20215985.jpg


それにしても、君はどうしてこんなに人懐っこいのかなー?

b0234851_20221165.jpg


全く人間を警戒していないよね、あっそうか、きっと君は今まで携わってきた人達に大事にされてきたからだね。

b0234851_20231694.jpg


そろそろ時間だから名残惜しいけど帰るね。バイバイってそんな表情で見送られると...帰り辛くなってしまうよ(泣)。

b0234851_20225951.jpg


では、元気でね。いつまでも君がこんな風に穏やかに暮らせる事を祈っているよ。だから元気でいてね。

見学中、何処にいても近くで寄り添い、時に近寄り過ぎだよ(笑)!と思うくらいサービスしてくれた優しい仔でした。この仔を生で見て感じた事は愛らしい表情や人懐っこさも勿論ですが、一番はその馬格です。私の様な素人がみても惚れ惚れしてしまう、均一がとれた馬体に一目で心を奪われてしまいました。サンデーの走る仔とは正にこういう馬の事なんだなーと思いました。一目でもビッグバンに出会った人は彼に惹かれてしまう事間違いなしです!

現役を引退後、数年は種牡馬として頑張っていましたが、サンデー系のライバル種牡馬たちがいた為、種付け数がとれず引退してしまいました。現在は産まれ故郷である習志野牧場さんにて功労馬として穏やかな日々を送っています。

ビッグバン、産駒はあまり残せなかったけど君は幾人にも夢や感動を与えてくれた記録よりも記憶に残り続ける名馬だ。この先も愛らしい笑顔で見学に訪れる人たちを和まし、そして虜にしてね。愛しき名馬、ビッグバン、君の日々が穏やかで幸せに包まれる事を祈っているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-07-18 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(4)