カテゴリ:馬名・オ~( 6 )

第321回目は第48回金鯱賞勝ち馬、碧き海"オーシャンブルー"です。

通算成績30戦7勝、重賞勝利は2勝。

春クラシック本番時に未勝利戦を勝ち上がった馬のためクラシックとは縁遠い馬でしたが、その後は自己条件戦を着実に勝ち上がり古馬となってからOP入り、重賞初挑戦こそ壁に当たりましたが挑戦二戦目にして重賞馬となり、勢いそのままに暮れの有馬記念にて2着となり競馬ファンをアッと言わせ活躍が期待されたものの、その後は精彩を欠き重賞1勝をしたのみで引退となりました。良くも悪くもステイの仔らしい産駒だった思います。

そんなビックリ有馬の立役者ブルーに会いに行きました。

b0234851_14374174.jpg


近頃にしては珍しく名前も憶えやすい仔だったなー。

b0234851_143849.jpg


おっ、そこにいるのはステイの愛息子・ブルーでは...。

b0234851_14381534.jpg


ブルー、初めまして。元気してたかい?種牡馬になれて良かったねー!って聞いてる?

b0234851_14382726.jpg


アレー、聞こえてないのかな?って、アナタ!その顔(目)聞こえているよねー、絶対に(笑)。

b0234851_14383984.jpg


ワタシ、じぇん、じぇん聞こえてません!」だって?聞こえてんじゃん(笑)!そんな天邪鬼なところ好きだけど、ホント誰に似たのかねー。


見学中、終始こちらを気に掛けていたものの、終始無視され続けました(笑)。

現役を引退後、種牡馬となり初年度となった昨年27頭の肌馬を集めました。実績等を考慮すれば新種牡馬としてはまずまずのスタートを切れたと思います。父は永遠のヤンチャ小僧・ステイゴールド、母・プアプーには日本ではまだ異系の独血統・Dashing BladeSurumuの血、そして欧州最強馬・Dancing Braveが流れる魅力な血脈を持つ種牡馬です。それだけに急逝してしまった名種牡馬であった父の血を繋ぐ馬として期待したいものです。

澄み渡る海原の蒼さ・オーシャンブルー。君は現役時、クラシックとは縁がなかったもののその力強く強靭な走りを武器に重賞を勝ち、大舞台でその非凡な能力を発揮したね。その後君らしい走りが出来なかったのは能力が落ちたのではなくきっと繊細な君の事だ、何か気分的なモノが削がれたからなんだろう。それでもその内なる能力、そして魅惑な血統背景をかわれ種牡馬入り出来たのだから、これからはほんの少しだけで良いから素直になって仔供たちに優れた能力を遺伝させておくれ。

頑張れオーシャンブルー、天国からお父さんもみているからね。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2017-03-08 18:00 | 馬名・オ~ | Comments(2)

第269回目は最小種付け数の名も無き種牡馬"オウケンマジック"です。

通算成績27戦3勝、主な勝ち鞍が500万下が2勝という異色な種牡馬です。
この馬の事を今日の今日まで気にかけていた競馬ファンはいなかったでしょう。

確かにこの馬の現役時の蹄跡を思い起こす事は皆無かも知れませんが、この馬に只なるぬ想いや夢を抱いた人がいました。そう、オウケンの冠号で知られる福井オーナーです。この馬の母がオーナーが初めて所有された馬だっただけに愛息子であるこの馬に対する想いが一入だったのでしょう。G1勝ち、重賞勝ちがあっても行く末が絶たれる名馬がいながら、所有馬に想いと夢を託し続けたオーナーの夢が繋がった日が正に今日でした。

そんなオーナーに愛され続けているマジックに会いに行きました。

b0234851_19202432.jpg


今日はオウケン...ってマジック、ちょっと見切ってるよ(笑)。

b0234851_19203681.jpg


改めて、初めましてマジックって、ありゃー何してんだい?

b0234851_19204769.jpg


おっ、止めた。へぇーそんなお顔してるんだね。

b0234851_19205835.jpg


こっちに気付いた!五月蠅くしたから、機嫌悪くしたかな?

b0234851_1921924.jpg


それでも来てくれた!アリガトウ!優しいねー、君はどんな仔なのかな?

b0234851_19213156.jpg


おっ、おっ、どうした?どうした?えっ、えっ、いきなり!

b0234851_19212158.jpg


って本当は君は、甘えん坊で超人懐っこい仔なんだよねー。本当に可愛いなー。


見学中、あった直ぐから近寄って来てくれ、その後ズ~と側に居続けてくれた優しいこでした。

現在はイーストスタッドさんにて種牡馬として繫養されています。

血統は父タニノギムレット、そして母オウケンガールは名馬マーベラスサンデーと名牝ロジータの血を継ぐ馬です。それだけにこの成功も奇跡でも何でもないのかもしれません。種付け数は昨年も2頭だっただけに非常に厳しいです。しかし、どうでしょう、初年度産駒が中央新馬勝ちという輝かしいスタートを決めただけに来年の種付け数は桁が一つ増える気がします。

オーナーの想いと夢とロマンを託された奇跡の馬オウケンマジック。見出しにはマイナー種牡馬代表!と謳われたけど、オーナーにとっては君はブルースリと並ぶ名馬に違いない。私は陰日向な種牡馬、そしてオーナーのロマンがギッシリ詰まった君の様な仔が大好きだ。これまでは種牡馬として暇な時期があったかも知れない。しかし、来年はどうだろう?

来期に迫る慌ただしさに備えて今は体力を蓄えてね。マグレ、奇跡と言わせないオウケン仕込の魔法を披露しておくれ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-08-22 20:04 | 馬名・オ~ | Comments(2)

第224回目は第69回菊花賞勝ち馬"オウケンブルースリ"です。

通算成績27戦5勝、重賞2勝。菊花賞以降は京都大賞典しか勝てなかったのは残念でしたが、女傑ウオッカに惜敗したJCはこの馬の最高のパフォーマンスだと思っています。

現役中は腰の弱さから、その後脚を痛め、本来の力を発揮する事が出来ず勝ち星を重ねる事が出来ませんでした。それでも健気に一生懸命に走る姿を観る度にいつも応援していた思い出の一頭です。

そんな大好きなオウちゃんに念願叶って会いに行くことが出来ました。

b0234851_20172126.jpg


この場所に大好きなオウちゃんがいるのか。

b0234851_20173510.jpg


あの愛らしい姿は愛しのオウちゃんでは?

b0234851_20174784.jpg


わーい!オウちゃんだ、ホントカワイイなー。食べている姿も愛らしい。

b0234851_20175821.jpg


オウちゃ-ん!ってこっち見た!って、お小水中でしたか...これは失礼。

b0234851_201888.jpg


動いた!、もしかして、こっちに来てくれるのか...。

b0234851_20182284.jpg


おー、オウちゃん、近くに来てくれたのかい?ありがとうね、ホントに大好きなんだよ、それでね、ズ~と.......

b0234851_2018325.jpg


って、おーい。もういっちゃうの?寂しいなー、悲しいなー。でも元気そうで何よりだよ、また会いに来るからね。


現在はイーストスタッドさんにて種牡馬として繫養されています。

今年初産駒が誕生し、種付け数は少ないものの着実に二世に夢を繋いでいっています。

個人的にはその愛らしい風貌とジャングル産駒らしいヤンチャさから、オウチャンブルースリと呼んでいた位、大好きな一頭でした。それだけに産駒にはオウちゃんの無念を晴らして欲しいと思っています。

オウちゃん、腰を痛め、その痛みをかばい走り続け、まともに実力を発揮出来ず歯痒い思いをしていただろう?父譲りの君の実力はそんなものではないだろう?その悔しさを産駒に託してジャングルから続く、親仔三代G1制覇の夢を叶えてくれよ。あと親仔三代JC連対の記録も良いかも知れない、その時の産駒は勿論一着でね。また、会う日時には愛らしい姿で迎えてね、それまで元気でいてね。

放牧地で黙々と草を頬張るオウちゃんの姿を観た方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-10-22 18:00 | 馬名・オ~ | Comments(4)

第203回目は第54回桜花賞勝ち馬、兄の夢を叶えた名牝"オグリローマン"です。

泣く子も黙る偉大なるアイドルホース、怪物・オグリキャップの(半)妹であり、クラシック出走が出来なかった兄の無念を晴らした名牝です。デビューは兄と同じく、地方競馬の笠松競馬場。主戦ジョッキーも兄と同じく笠松の英雄・安藤勝己。地方成績7戦6勝、鳴り物入りで移籍したエルフィンSではシンガリ負けとなるものの、続く桜花賞TRであるチューリップ賞で2着となり、迎えたクラシック第一弾・桜花賞。

手綱を握るのは兄の引退レース・有馬記念で奇跡の復活劇を成し遂げた天才・武豊騎手。兄の夢、競馬ファンの夢をのせ、ローマンは素晴らしい豪脚でクラシックのタイトルを獲得しました。その後は残念ながら勝ち星を挙げれなかったものの、競馬界最大の浪漫と感動を与えた葦毛の怪物兄妹は今も伝説となっています。


b0234851_151432.jpg


ここにあのローマンが...(大泣)。重賞は一勝だったけど、この一勝の重みは何物にも代えがたいものだ。

b0234851_1513830.jpg


おー、ローマン、ホントにそこにいるのはあのローマンなんだね...(大泣)。

b0234851_152191.jpg


もう二十年前の事だけど今でもあのレースの衝撃は忘れらないよ。

b0234851_1523827.jpg


おっ、こっちを向いてくれた...って違うかー、すっかり白くなったんだね。

b0234851_1531354.jpg


本当に、本当に君は凄い事を成し遂げたよね、君はとてつもない名牝だよ。

b0234851_1543766.jpg


「えっ、ホント?」って正気も正気だよ。君はあのクラシックを勝ったんだから。

b0234851_1554998.jpg


ありがとうね、少しだけ顔をみせてくれて...

b0234851_1572116.jpg


ローマン、いつまでも、いつまでも長生きしてね。ありがとう。


見学中、ほとんど近寄ってもらえず、後ろ姿のみでの見学となってしまいました(笑)。

現在は繁殖を引退し故郷の稲葉牧場さんにて功労馬として暮らしています。

私にとっては聖地とも思える稲葉牧場さんに念願叶って伺え、尚且つローマンに会え、しかも、暫しの間、牧場主である稲葉さんにオグリの事やローマンのお話を聞かせて頂いた事はこの上ないない幸せなひと時でした。本当に伺って良かったーと思えた瞬間でした。

そのお話の際、とても興味深いお話をして頂いたのでここで少し...。ローマンの父である名種牡馬ブレイヴェストローマンは種付け時満口で当時付ける事は出来なったんです。それでも稲葉さんが絶対にこの配合は素晴らしい産駒が誕生する!と考え、何とか知り合いに無理を言って追加料金まで払って種付けしました。その様な生産者の熱い想いを汲んで誕生したのがローマンだそうです。その熱意に応えたローマンは勿論、母・ナルビーはどれ程の名牝でしょうか...(大泣)。ホント、ロマンを感じさせる一族です。

繁殖として10頭の産駒を輩出しましたが、自身を越す名馬は残念ながら現れていません。しかし、最後の産駒である現役馬のオグリテツがいつの日か地方から中央に挑戦してくれる事を願っています。後継馬としてはチジョウノテンシ、ロマンシエール等が良い産駒を産んでくれると思うのできっと大丈夫です。大名牝クインナルビーの血を継ぐ偉大過ぎる母・ホワイトナルビーの血を何としても繋いで欲しいと思います。

ナルビーとローマンの産駒は牝馬が多い為か、今では冠名のオーナー様はあまりこの血に興味がない様です。なので現在、稲葉さんは偉大なる母・ホワイトナルビーの血を後世まで残そうと必死になっています。本当の本気でナルビーの血を残したい、キャップ、ローマンの兄妹に救われたと思っている方は熱意と決心をお持ちなら一度伺って思いを伝え、それから産駒のお話をしたら良いかも知れません...。

ローマン、君は兄が成し遂げれなかった悲願を達成し、母が偉大たる事を世に知らしめてくれた伝説の牝馬だ。君の血、一族の血を残す事が私の夢、競馬ファンの夢、いやいや競馬界がやらなければならない事なのかも知れない...。言い過ぎかも知れないが本当にそう思うんだ。何故なら私は、君たち一族以上の浪漫を競馬からもらっていないからなんだよ。いつまでも、いつまでも元気で。いつの日かクラシック制覇を成し遂げる子孫の誕生を心から待っているよ。

見学中と同じく、後ろ姿ばかりのローマンですが、良かったらこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2014-04-09 18:00 | 馬名・オ~ | Comments(4)

第147回目は第51回京王杯SC勝ち馬"オレハマッテルゼ"です。

前走G1・高松宮記念で重賞初勝利、そしてG1ホースの仲間入りを果たした後の安田記念の前哨戦であるSCを59キロを背負って制し、名実共に最強短距離馬としての道を歩むのだと思っていました...。しかしこのレース以降、勝利する事無く引退。安田、スプリンターズとも強力な外国(セン)馬に負けた事がショックだったんでしょうか...。

b0234851_1216518.jpg


ついに"キ・ミ・ニ・ア・イ・ニ・キ・タ・ゼ"なんて(笑)。って、アレーどこ行くんだよ~!

b0234851_12194576.jpg


マッテルゼ、会いたかったよ。でも、めっちゃ警戒されてる!その顔はあまり歓迎されてないようだね...(悲)。

b0234851_12213273.jpg


でもさー、せっかく会いに来たんだから、少しは優しく...って、イキナリ無視かい!

b0234851_12241085.jpg


あーそっか食事中だったのに話かけたから機嫌を損ねたんだねー、ゴメンネー、どうぞどうぞ続けて!

b0234851_12242021.jpg


今がチャンス!とばかりに君の食事中を激写。あまりにも近すぎたかなー?

b0234851_1224308.jpg


改めて君の全体像を観たけど相変わらず惚れ惚れする美しさだねー、ブロンドヘアーが眩しいよ。

b0234851_12243956.jpg


いつもそうやって見学に来る人たちを君は待っているんだね...

現在はイーストスタッドさんで種牡馬として繋養されています。

父サンデーサイレンス、母カーリーエンジェル、母母・名牝ダイナカール、叔母に名牝エアグルーヴ、そして全姉が名牝エガオヲミセテ(泣)、良血を絵に描いたような血統背景。それだけに種牡馬となってから成績以上の種付け数を集めれています。始めて4年位は70,80頭、一時下がって50頭になったところに孝行娘ハナズゴールの活躍がありました。その影響か昨年は自身最高の100頭越えを果たし、これから益々種牡馬としての活躍が期待されます。

非業の死を遂げた姉、早世した叔母の分まで長生きして活躍馬を輩出してほしいものです。良血の名に恥じない活躍と出で立ちのマッテルゼ。

君の産駒から名馬の誕生を”オ・レ・ハ・マッ・テ・ル・ゼ"
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-05-07 18:00 | 馬名・オ~ | Comments(7)

第4回目は”芦毛の怪物”オグリキャップです!

人気実力を含めこの馬も説明無用の地方競馬出身の最強馬。

タマモクロス、イナリワン、スーパークリーク、ヤエノムテキにバンブーメモリー...etc。
同世代、世代を超え数々の最強ライバル達と凌ぎをけずり死闘を繰り広げてきた名馬。

現在は”優駿メモリアルパーク”にオグリキャップ記念館が建立されています。

ogu1.jpg

イキイキとした素晴らしい銅像。

ogu2.jpg

ライバルがライバルなだけに恐るべし、成績...。

ogu3.jpg

今も変わらずファンの方が訪れています。

ogu4.jpg

記念館には様々な記念品が展示されています。

ogu5.jpg

この頭絡がほしいなーと思っちゃいました。

ogu6.jpg

みんなのオグリ、愛されているオグリ、みんなが大好きなオグリ...。

私は個人的に今の競馬界に必要な起爆剤はオグリのような馬の出現だと思っています(泣)。
オグリの栄光は後世に受けつがれて行くでしょう。オグリよ永遠に...ちょっとクサくなってしまいました。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2011-10-02 21:37 | 馬名・オ~ | Comments(0)