2017年 03月 08日 ( 1 )

第321回目は第48回金鯱賞勝ち馬、碧き海"オーシャンブルー"です。

通算成績30戦7勝、重賞勝利は2勝。

春クラシック本番時に未勝利戦を勝ち上がった馬のためクラシックとは縁遠い馬でしたが、その後は自己条件戦を着実に勝ち上がり古馬となってからOP入り、重賞初挑戦こそ壁に当たりましたが挑戦二戦目にして重賞馬となり、勢いそのままに暮れの有馬記念にて2着となり競馬ファンをアッと言わせ活躍が期待されたものの、その後は精彩を欠き重賞1勝をしたのみで引退となりました。良くも悪くもステイの仔らしい産駒だった思います。

そんなビックリ有馬の立役者ブルーに会いに行きました。

b0234851_14374174.jpg


近頃にしては珍しく名前も憶えやすい仔だったなー。

b0234851_143849.jpg


おっ、そこにいるのはステイの愛息子・ブルーでは...。

b0234851_14381534.jpg


ブルー、初めまして。元気してたかい?種牡馬になれて良かったねー!って聞いてる?

b0234851_14382726.jpg


アレー、聞こえてないのかな?って、アナタ!その顔(目)聞こえているよねー、絶対に(笑)。

b0234851_14383984.jpg


ワタシ、じぇん、じぇん聞こえてません!」だって?聞こえてんじゃん(笑)!そんな天邪鬼なところ好きだけど、ホント誰に似たのかねー。


見学中、終始こちらを気に掛けていたものの、終始無視され続けました(笑)。

現役を引退後、種牡馬となり初年度となった昨年27頭の肌馬を集めました。実績等を考慮すれば新種牡馬としてはまずまずのスタートを切れたと思います。父は永遠のヤンチャ小僧・ステイゴールド、母・プアプーには日本ではまだ異系の独血統・Dashing BladeSurumuの血、そして欧州最強馬・Dancing Braveが流れる魅力な血脈を持つ種牡馬です。それだけに急逝してしまった名種牡馬であった父の血を繋ぐ馬として期待したいものです。

澄み渡る海原の蒼さ・オーシャンブルー。君は現役時、クラシックとは縁がなかったもののその力強く強靭な走りを武器に重賞を勝ち、大舞台でその非凡な能力を発揮したね。その後君らしい走りが出来なかったのは能力が落ちたのではなくきっと繊細な君の事だ、何か気分的なモノが削がれたからなんだろう。それでもその内なる能力、そして魅惑な血統背景をかわれ種牡馬入り出来たのだから、これからはほんの少しだけで良いから素直になって仔供たちに優れた能力を遺伝させておくれ。

頑張れオーシャンブルー、天国からお父さんもみているからね。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2017-03-08 18:00 | 馬名・オ~ | Comments(2)