第328回目は第59回京王杯SC勝ち馬、「赤き剣」"レッドスパーダ"です。

通算成績27戦7勝、重賞勝利は東京新聞杯関屋記念を含む3勝。

2歳から8歳まで長きに渡り短距離戦線の名脇役馬として活躍した馬でした。500キロを優に超える雄大な馬体とチャームポイントの流星に魅せられ応援し続けたファンも多かった様に思えます。

そんな愛らしき大型馬・スパーダに会いに行きました。

b0234851_992435.jpg


おーい、スパーダ会いに来たよ...て、オヤスミ中でしたか。

b0234851_993687.jpg


どうも、どうも初めまして、お顔を出して挨拶してくれたんだね、ありがとう。

b0234851_994888.jpg


えっ、どうした?ソワソワして、「顔みせたから、もう戻っていい?」って。

b0234851_91017.jpg


ゴメン、ゴメン。まだ休みたかったんだね、今日は会えて嬉しかったよ。


現役を引退後、一昨年から種牡馬となりました。

父は日本競馬界が誇る世界の短距離馬・タイキシャトル。母・バービキャット
の父は米競馬界の最高峰種牡馬・Storm Cat。そして母系の近親馬には米の名馬・Curlinがいる世界的にも素晴らしい血統背景を持つ種馬です。初年度は30頭前後、昨年度は20頭前後と中々数を伸ばせていませんがこれ程の血を持つ馬だけに数少ない産駒から大物が誕生しても可笑しくありません。

シャトルの血を繋ぐ馬・レッドスパーダ。現役時は父譲りの雄大な馬体を活かし長きに渡り短距離戦線を駆け抜けたね。あと一歩のところでビッグタイトルは得る事が出来なかったけど、その夢の続きは君の産駒に託す事にしよう。その内に秘めた能力と愛らしさが十二分に遺伝された産駒の誕生を期待しているよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2017-05-10 18:00 | 馬名・レ~ | Comments(0)
<< 第329回目は第14回平安S勝... 第327回目は第58回京都新聞... >>