第323回目は第12回マーチS勝ち馬、「砂の白き重戦車」"クーリンガー"です。

通算成績61戦10勝、交流重賞を含め砂の重賞を6勝。

500kgを優に超える白き馬体で各地を転戦し走り抜けた砂の猛者でした。その地方重賞での安定感と愛らしく勇ましい姿に魅せられたファンは数多かった様に思えます。ほぼ全ての騎乗で手綱を取った和田騎手と岩元先生というお馴染みのコンビも人気を得ていたのかも知れません。

そんな交流重賞の雄に会いに行きました。

b0234851_1533890.jpg


重賞勝利数書ききれない位になってるよ...それにしても61戦かー、ホント良く走ったね。

b0234851_15332345.jpg


初めまして、クーリンガー、今日もお仕事ご苦労様。

b0234851_1533375.jpg


今日も良く頑張ったねー、こっちの事は気にしないでいいからタップリ食べるんだよ。

b0234851_15335286.jpg


美味しいかい?仕事終わりの飼葉は格別だろうね。

b0234851_15341248.jpg


すっかり白さが増して...可愛さも益々UPしたんじゃない?

b0234851_15342710.jpg


まだまだ立派な馬体だー、これからも無理しないで身体に気を付けて頑張ってね。


現役を引退後、種馬となり種牡馬として6年程繫養されていましたが10頭前後しか肌馬を集める事が出来ず引退。現在は乗馬馬として第3の馬生を頑張っています。

父は日本でも多くの活躍馬を誕生させた米の名種牡馬・フォーティナイナー。母・クールアライヴァルRelaunchBold RulerWar Admiral等の米の名種牡馬たちの血が流れる血統です。昨今、ダート路線が新たな動きをみせているだけにこの様な血統背景を持つ馬の産駒が砂の本場でどの様な活躍をみせてくれただろうを考えてしまいます。

砂の白きアイドル馬・クーリンガー。現役時はその雄大な馬体を震わせ怪我にも負けず不屈の精神で走り続けたね。そのハイブリッドな砂の遺伝子を汲む優秀な血を多くに伝える事が出来ないのは悲しいけど、愛らしく温厚な君には今のお仕事の方が向いているのかも知れないね。これからもその馬柄を活かして頑張っておくれ。

仕事終わり馬房で一服するクーリンガーをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2017-03-22 18:00 | 馬名・ク~ | Comments(0)
<< 第324回目は第48回産経大阪... 第322回目は第23回ファルコ... >>