第313回目は有馬記念連覇馬、「漆黒の帝王」"シンボリクリスエス"です。

通算成績15戦8勝、G1勝利は二年連続での天皇賞・秋有馬記念
日欧米のTOPジョッキーを背に走ったレース全て掲示板を外さなかった名馬でした。

クラシックのタイトルこそ逃したものの、三歳秋には天皇賞・秋そして有馬記念を制覇。良くも悪くもまさに名門・藤沢和雄厩舎らしいローテションで大仕事を成し遂げた名馬でした。古馬となってからは思う様なローテションを組めなかった中で二年連続の偉業を成し遂げ引退レースでは現役最強誇示する圧巻のレースを魅せ付けた名馬でした。JCこそ勝てませんでしたが、あの最後の有馬記念を観る限り正に帝王という異名が相応しい馬だと思います。

そんなシンボリ軍団の黒き帝王に会いに行きました。

b0234851_16243564.jpg


おっ、いつもはここで放牧されているのか...名オーナーの、近年の最高傑作馬だったなー。

b0234851_16245360.jpg


ハーイ、クリスエス、NICE TO MEET YOU!

b0234851_16251161.jpg


うわぁ、急にこんな処に...。初めまして、そしてありがとうね、クリスエス。

b0234851_1625249.jpg


嬉しいなー、君と間近にこうして向き合えるなんて。

b0234851_16253931.jpg


元気してたかい?今年で17歳かー、パパとしても、もうベテランだねー。

b0234851_16255170.jpg


帝王とか呼ばれていたからもっとクールな仔かなーと思っていたけど、中々チャーミングなところあるんだね。

b0234851_16261043.jpg


まだまだ、老け込む歳じゃないからね、まだまだ良い仔を沢山誕生させてね。


現役を引退後、種牡馬となり初年度から多い時には200頭越え、平均でも150頭以上の肌馬を集めて来ました。本年から繫養先が変わった事と自身の有望後継産駒がスタッドインした影響を受けた為か、今年の種付け数は60頭強となってしまいましたが、毎年の様に優良な産駒を送りだしてきた馬だけに今後もまだまだ期待したいものです。父は米の名種牡馬・Kris S.、母・Tee Kayは父系こそ米の名種牡馬の血が連なりますが、母系は決して主流とはいえない血筋だけに主流であるサンデー、ミスプロ、ノーザンダンサー系にも配合が出来るのも利点です。

晩秋の大舞台を愛した黒王・シンボリクリスエス。君は名オーナーが停滞していた空白の期間を埋め、そのオーナーと共に王者として再臨した名馬だった。勲章の数では、さきの帝王に及ばずとも成し遂げた功績は決して遜色はないと思っている。中々自身級の産駒に恵まれなかったけど、到頭とんでもない産駒を誕生させたね、私は本当に嬉しいよ。あれだけの名馬を誕生させたのだから、まだまだ息子たちに遠慮はいらない。もっと王者を誕生させておくれ。

名オーナー子息が送り出した米からの帝王・シンボリクリスエス。そんな海外競馬を先取っていた名オーナー一族から誕生した二頭の帝王馬がRoyal Chargerを血を継いでいるのは何か只なるぬ縁を感じてしまうね。そのシンボリの歴史に連なる血統を活かし、いつの日にか第三の帝王の誕生を夢みてるよ。

馬房から顔を覗かせるクリスエスをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2016-12-22 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(0)
<< 第314回目は第42回AJCC... 第312回目は第62回朝日杯F... >>