第325回目は第68回皐月賞勝ち馬、葦毛の良血馬"キャプテントゥーレ"です。

通算成績20戦5勝。
重賞勝利は朝日CC連覇を含む4勝、芝中距離戦線で活躍した馬でした。

日本競馬界にて長きに渡り貢献した良血女系一族が産み出したクラシック馬。一族のトレードマークである毛色と能力を受け継ぎ走り抜けた馬でした。この馬は母、叔父、姉の悲願だけではなく父の夢をも叶えさせた馬でした。それだけに皐月賞を親仔制覇成し遂げた後の故障が悔やまれます。もし、無事に走ることさえ出来ていればタイトルがもっと増えていたハズだと思います。

そんな葦毛の良血馬・キャプテントゥーレに会いに行きました。

b0234851_16365074.jpg


こんにちはトゥーレ、初めまして。

b0234851_1637939.jpg


ビックリさせてゴメンね、わざわざ挨拶しにきてくれたのかい?

b0234851_16372430.jpg


ありがとうね、嬉しいなー、私は君の一族のファンだからこうして間近に会う事が出来て嬉しいよ。

b0234851_16374180.jpg


ウワサには聞いていたけど、それにしてもカワイイ顔しているねー。

b0234851_163755100.jpg


本当に穏やかな顔しているなー、やっぱり君は良家の御坊ちゃまだね。

b0234851_16384336.jpg


なっ、何と!そんな顔しちゃって!そんな顔されたらイチコロになってしまうよ。

b0234851_16385682.jpg


良家の御坊ちゃま、これからも身体に気をつけて長生きして下さいね。


これらの写真は種牡馬場にいた頃のモノです。

現役を引退後、種牡馬となり5年程種牡馬として繫養されたいましたが、昨年種馬を引退し現在は産まれ故郷にて功労馬として過ごしています。

種付け数は初年度は90頭弱、それから三年間は50頭前後の数を集めていたものの昨年は10頭強となってしまいました。産駒がデビューしたものの勝ち上がり率が良くなく活躍馬が誕生しない事が要因となってしまったのでしょう。現代はあらゆる意味でスピードが求められる時代だけにその事に順応出来なかったのが種馬引退という結果を産んでしまいました。

父は栗毛の高速馬・アグネスタキオン、母・エアトゥーレ、祖母・スキーパラダイスは日本競馬界の名牝で知られる一族。現代にこの馬ほど日本競馬界に長きに夢を与え、父母、祖父、祖母どのラインにも馴染み深い馬柱を確認出来る種牡馬はいるものではありません。私的にはロイヤルスキーのクロスが効いているのが溜まりません。それだけにもう少し種馬を続けて欲しかった思いがあります。とにかく今は残された産駒に期待したいものです。

葦毛の快速馬・トゥーレ。現役時は父の夢、そして一族の悲願を叶えさてくれて本当にありがとう。怪我にも負けず果敢に走り抜ける姿に魅せらたファンは少なくなかっただろう。その在り回る良血を武器に種牡馬として大暴れしてくれるものだと思っていたけど中々厳しいものだったね。それでも君は良血一族の代表として十分役割を果たしてくれた。だから後はゆっくり休むんだよ。

葦毛一族の終着馬・キャプテントゥーレ。君の旅は夢半ばで途絶えてしまったけど、君の一族の壮大な旅はまだ終わっていない。いつの日か君の血、一族の血を引く馬が祖母や叔父が戦っていた異国の戦場で夢を叶えてくれる事を祈っているよ。

馬房にて愛らしい姿をみせるトゥーレをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2017-04-13 18:00 | 馬名・キ~ | Comments(6)
Commented by ミック at 2017-04-13 18:58 x
magosakuさん、お久しぶりです。
キャプテントゥーレ、すごく可愛いですね。
血統の事などさっぱりわからないのですが、ロイヤルスキーの名前に反応してしまいました。
テンポイントの甥っ子、ワカオライデンのお父さんですよね。
名門吉田牧場様が大好きなのです。
今日はケンザンの命日です。
いつまでも寂しく悲しいですが、故郷で幸せに過ごし、1年前に天寿を全うしました。
キャプテントゥーレも故郷で過ごしているそうで、ケンザンのように何よりの幸せですね。
いつも幸せなお馬さんの情報をありがとうございます。
これからも楽しみにしています。
Commented by 駸山 at 2017-04-19 23:36 x
そうでした、お祖母様は仏蘭西G1馬スキーパラダイス号、略して空きっ腹!(by馬なり1ハロン劇場)
功労馬としてのんびりしているのですね、何よりです。この夏、と言うかおそらく9月に北海道に行こう
と思っているので、私もお会いできるかなあ。

明日から土曜まで、休みを取って乗馬倶楽部に行ってきます。働くぜ!まずは夏前に頭絡を纏めて綺麗に
したい。無口も洗いたいし鞍下も(以下略)。ああ分身の術が使えたらなあ。全身全霊で馬に尽くして参る
所存。ついでに乗れたら良いな。(本当はそこをメインに据えたいのですが、実際行くと馬房作業で終わる
ことが多くて…)
あと、倶楽部の後輩…と言って良いのか、若い子が今ホースマン目指して谷川牧場近くのJRA育成牧場
にいるのですが、今帰っているということで久々に会えるのでそれも実に楽しみ。怪我なく夢を叶えて
欲しいものです。若人に幸あれ。
Commented by HakodateMagosaku at 2017-04-23 13:53
ミックさん、返信遅くなりましてスイマセン。

そうですね、トゥーレ想像以上に可愛い仔でした。
何度も書きますが、血統をさっぱりの方がロイヤルスキーをどうこう言わないですよ(笑)、そうだとしたら、私も血統はさっぱりな人間です。

そうでしたね、ワカオライデンもロイヤルスキー産駒でした。吉田さんは本当に名門ですね、私も伺った際はお世話になりました。

ケンザン縁の血族やブルボンや戸山ファミリーの面々と仲良くしているでしょうか、本当に終生が穏やかなモノで良かったと思います。トゥーレの残りの馬生も穏やかなモノであれ!と願うばかりです。

こちらこそ、いつも暖かいコメントありがとうございます。中々時間が取れず更新が難しいですが頑張ります。では
Commented by HakodateMagosaku at 2017-04-23 14:03
駸山さん、返信遅くなりましてスイマセン。

そうでしたね、私も未だに偉大な祖母をスキッパラと呼んでしまいます。おっ、またこちらにお越しになる予定ですか、また良い仔たちとの出会いがあるといいですね。

乗馬クラブですか、駸山さんは本当にサラブレッド、いや馬に魅せられた方ですね。そんな方に一時なれどお世話になる仔たちは幸せに違いありません。そのひと時を大切になさって下さい。

そうですか、若人が谷川さんで...。昨今好調ぶりをみせている谷川さんだけにそれは楽しみです。名門牧場の復権大いに期待したいものです。谷川さんの方々は素晴らしい方々ばかりなので必ずや良き馬人になってくれると思います。

そんな若き挑戦者には夢を夢で終わらせず、大志を抱いて励んで欲しいものです。
Commented by 駸山 at 2017-04-26 20:24 x
お返事有難う御座います。いえ、谷川牧場近くのJRAの育成研修センターです。色々面白い話が聞けました。
でも、「現実のところ、あのやり方が出来るのはJRAに余裕があるからなんですよね…」と、何とも痛い
お話が。彼が学び、他の牧場でも馬の為に取り入れたら、と思うのはやはり余裕が無いと出来ないものも
多かったそうで。うーん、また競馬が黄金時代を迎えて生産牧場全体に余裕が出来たらそういう流れも
生まれるかなあ。そうであれかしと願います。

三日間老体に鞭打って参りました。体力の衰えを、馬を視界に認めたことにより私の脳から排出される
脳内麻薬で補い朝5時半~夕方5時半まで只管動く。素晴らしきかな労働。(注・馬作業に限ること
ですので、私が肉体労働及び勤労意欲に燃える人間だということは1ピコもございません)
Commented by HakodateMagosaku at 2017-05-03 11:47
駸山さん、返信遅れまして申し訳ありません。

そうだったんですね、私の早とちりにより余計な説明書きをさせてしまいスイマセン。

お国が管理しているJRAは馬や生産者さんには冷遇なのに、競馬熱を全く感じさせないCMや番組には無駄な資金を散財しています。まあ、何もかも税金を使える身分が成せる業でしょうか...。

話がズレてしまいました。確かにあらゆる施設、やり方が資金繰りに悩みがない機関、故に出来る事が多くあると思います。個人牧場さんも構想があっても先立つものが無ければ厳しい限りですもんね。バブル時代の馬を生産すれば何でも売れた様な時代はもう戻る事はないでしょうね、それならば次なる世代に生産者と主催者が密が繋がり、高め合う仕組みが必要に感じます。何とか現状を打開しなければ、競馬というスポーツの存続も蝕まれると考えています。

心身ともにとても充実なさった時間を過ごされた様で何よりです。また新たな英気を養って北海道にお越し下さい。
<< 第326回目は第45回読売マイ... 第324回目は第48回産経大阪... >>