第301回目は第46回札幌2歳S勝ち馬、「雄大なる馬」"グランデッツァ"です。

通算成績19戦5勝、重賞勝利数はG2を含む3勝。
強豪犇めく皐月賞にて1番人気にもなったほどの実力馬であり人気馬でもありました。

デビュー戦こそ2着と敗れたものの、二戦目は2着馬に8馬身差をつける圧勝劇。3戦目の札幌2歳Sでは後のクラシック二冠馬に勝利、その後暮れのラジオNIKKEIでは3着と敗れたものの、明け3歳となったスプリングSでは後のダービー馬に勝利し、一躍世代のTOPとして注目された馬でした。本番のクラシック2戦では敗れ、その後故障等により思う様な走りが出来ない時期が続く中、レコード勝ちを収めた都大路S、そして久しぶりの重賞勝ちとなった七夕賞の復活走は今でも記憶に残っています。

その良家のお坊ちゃま然とした美しい風貌に魅せられたファンはただ多かった様に思えます。そんな貴公子・グランデッツァ に会いに行きました。

b0234851_11303813.jpg


おっ、いたいた其処にいるのは王子様では...。

b0234851_11304994.jpg


デッツァ、久しぶり。新馬戦以来ですねー、あのパドックを周回していた時から、正かこんな形で再会するとはね。

b0234851_1131084.jpg


アレ?デッツァ、何か、私が思っていた君のイメージが違うんだけど...。

b0234851_11311244.jpg


えっ、何処が?」。アレ?、そうだね、いつもの王子様顔だった、なーんだ、私の勘違いだったようだよ、ゴメンね。

b0234851_11312431.jpg


アレ?まただ!やっぱりさー、偶にちょっと怖い顔になるんだねー。でも、意外な顔がみれて嬉しいんだけど...。

b0234851_11313563.jpg


でもデッツァ、やっぱり最後はキミらしい美しい姿で終わろうか。ホントに美しい姿形の仔だねー。


見学中も終始、愛嬌満点に気品漂う姿でいてくれた優しい仔でした。

現在はブリーダーズSSにて種牡馬として繫養されています。

現役を引退後、本年から種牡馬となり第二の馬生が始まりました。父は栗毛の光速貴公子・アグネスタキオン、母・マルバイユは仏G1勝ち馬、そして半姉には桜花賞馬・マルセリーナがいる良血馬です。それ程の血筋を持つ当馬だけに種牡馬としての需要も多いだろうと思いましたが、タキオン後継馬の不振ぶりが危惧されてか、初年度種付け数は三十頭も集まらない厳しい船出となっています。数少ない産駒にはぜひ、頑張って欲しいものです。

名牝一家出身の王子様・グランデッツァ 。現役時はクラシック級の逸材と騒がれ、君の馬生には必ずや最高の勲章が齎されるものだと信じていたファンが多かった。しかし、故障等の不運に見舞われ思う様な走りが出来なくなってしまい、その夢は泡沫と消え去ってしまった。それでも君の能力を信じ応援し続けたファンは君の復活劇に歓喜し、涙を流した事だろう。スター街道から離脱し、イチから這い上がり重賞勝ちを収めた君の不屈の精神は何よりも素晴らしいと私も思っている。種馬として出足は後手を踏んでしまったけど、それは君のデビュー戦と同じでそれ程気に掛ける事ではないよ。君の血に流れる能力を一歩一歩着実に受け継がせる事が出来れば必ずや、道は開けるハズだからね。

光速の粒子と容姿を受け継ぐ貴公子・グランデッツァ。君の産駒たちから父が成し遂げれなかった最高の勲章を齎す偉大な産駒の誕生を祈っているよ。

馬房にて愛らしい表情で迎えてくれるグランデッツァをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2016-08-31 18:00 | 馬名・ク~ | Comments(0)
<< 今一度だけ、忠告致します。 第300回目は第45回北九州記... >>