第42回は偉大なる祖父、「ミスターグランプリ」”グラスワンダー”part3です。

当ブログで三度目の登場となりますが、これ程の名馬なので致し方ありません。

通算成績15戦9勝、G14勝のうちグランプリが3勝!という正にグランプリコレクターとも思える馬でした。主戦ジョッキーだった名人・的場 均(元)騎手が惚れ込んだ名馬だっただけに、長期の怪我や体調不良さえ無ければ、並居るライバルがいながらもグランプリ以外のタイトル獲得も夢ではなかったと思わざるおえないほどの馬でした。近年は種牡馬としても見直され、自身の孫たちが偉大なグラスの血を波及してくれています。

そんな名競走馬で名種牡馬のグラスに会いに行きました。
(これからの写真は2014年函館競馬場で行われたイベント時のモノと今年の夏のモノです。)

b0234851_18522180.jpg


有馬~宝塚~有馬ってホント、締めに強すぎるよ。

b0234851_18523247.jpg


おー、きたきた。パドックを回っているのを観るとちょっと前の事に思えるよ。

b0234851_18524332.jpg


キリッとした顔つきだー、やっぱり放牧されている時とは全然違う表情するねー。

b0234851_18525420.jpg


俺はこの後本場馬に入って走るんだ、走りたいんだー!」って顔になってるよ。


b0234851_185314100.jpg


でも、普段のグラスはこんな穏やかな顔しているもんねー。関係者さんからナデナデしてもらってるんだね。

b0234851_1853384.jpg


とにかく君は競馬界の宝なんだから長生きするんだよ、元気でね。


現在もブリーダーズ・スタリオン・ステーションにて種牡馬として繫養されています。

種付け数は繁忙期ほどではありませんが、今年も60頭越えを果たし、まだまだ直仔での大物の誕生も夢ではありません。しかし、今年で20歳を越えるグラスの体調を考慮するとそろそろ数を減らしてもいいのではないかという想いもあります。まあ、何といっても今は孫たちの活躍が目覚ましいものがありますので、スクリーンヒーローだけでなくアーネストリー、メガワンダーの残された産駒にもぜひ頑張ってもらいいつの日かグラスワンダー系を確立してもらいたいものです。

愛嬌満点の栗毛のプリンス・グラス。現役時から君にはあっと驚かされる事ばかりだったけど、正か引退して一旦小休止してから再度驚かされる事になるとは...君は本当にいつも競馬ファンにワンダーな衝撃を与え続けてくれる名馬だ。少し前まで君程の血を繋げないのでは?と一抹の不安があったがそんな事は今となれば私の杞憂に過ぎなかった。これからは少しスローダウンして競馬界屈指の名馬として、そして偉大な祖父としてゆっくりして長生きしておくれ。

稀代の名馬・グラスワンダー。君の蹄跡、そしてその血は永遠なり。また今年も締めのレースがやってきた。今年はどんなドラマが待ち受けているのだろう。君の様な名馬が誕生する事を願いたい。

函館競馬場で行われたイベント時のパドックの模様をご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-12-23 18:00 | 馬名・ク~ | Comments(2)
Commented by らすかる at 2015-12-23 19:42 x
こんばんは。

グランプリといえばグラスワンダー。
実は、現役時代はライバルのスペシャルウィークに肩入れしていました。
しかし、グラスが宝塚記念で故障して引退してから、心にぽっかりと穴が開いたことに気づきました。
彼の存在の大きさに、その時気付いたのでした。

グラスワンダーって、実は結構お茶目でかわいいのでは、と思います。
というのは、舌をぺろぺろと出す癖があって、その顔がとても愛嬌あるものだからです。
何年か前にそのことに気づいて、ベーしている写真を撮り、
その翌年の年賀状に使いました。

グラスの子供、孫が活躍していますね。
モーリスもマイルG1統一のみならず香港マイルまで勝ちました。
スペシャルが母父として優秀な仔を送り出しているのに対し、
こちらは父系がつながっていきそうな勢いです。
だから、アーネストリーの産駒にも期待したいです。

今年の有馬記念、どの馬が主役を演じるでしょうか。
Commented by HakodateMagosaku at 2015-12-23 20:13
らすかるさん、こんばんわ。
わざわざコメントありがとうございます。
でもいかんせん、休み明けなのでご無理はなさらず。

グランプリでも強さを誇りましたが、休み(故障)明けの強さに定評がありましたね。スペシャルにしろグラスにしろ今となればとてつもない名馬でしたね。

グラス、会う度にいつもお茶目な顔をみせてくれるイメージの仔だったんですけど、久しぶりにパドックでみたら気合が入った別の顔をみせていました。現役時はそうだったのでしょうね。私もグラスの変顔を待ち受けにしようか迷う位です。

子供よりも孫の方がより一層グラスの生き写しの様な目覚ましい活躍をみせていますね。スペシャルとグラスの孫たちの配合も面白い気がします。アーネストリーも確かに楽しみですね。

今年の有馬はグラスの孫に期待したいです。でも芦毛伝説のラストランがウイニングランも夢みたいですね。
<< 第284回目は第34回有馬記念... 第283回目は第21回朝日杯3... >>