第248回目は第141回天皇賞・春勝ち馬、「愛すべき老将」"ジャガーメイル"です。

昨年の天皇賞・春まで競走生活を送り、馬齢10歳まで駆け抜けた素晴らしき古豪でした。

中央競馬としては超高齢まで走り続けながら通算で34戦しか走っていなかったのは関係者様が適正を見極め、脚元の状態を看ながら使い続けた証の様に思えます。重賞勝ちは一勝なれども、老いても直向きに走り続ける姿に魅さられ続けた人はただ多かった様に思えます。

同じく古豪で同路線の良きライバルであった、トウカイトリック翁(大泣...)と並ぶファンに絶大に支持された馬でした。そんな大好きなジャガーさんに会いに行きました。


b0234851_12175867.jpg


ジャングルの子供というのがまた、大好きな要因の一つなんだよねー。

b0234851_1218108.jpg


おー、そこにいらっしゃるのは!ジャガーさん、なんですか?

b0234851_12182184.jpg


ジャガーさん、初めまして。わ、わたっしは、ホント、本当にアナタが大好きなんです。

b0234851_1218319.jpg


うわー、少しずつ近づいてる。でも、お顔が見えないなー。

b0234851_12184369.jpg


おっ!ついに見えた!そうそう、この顔、この顔。ジャガーさん、お元気でしたか?

b0234851_12185489.jpg


いつも、凄く深いブリンカーとメンコをしていたけど本当はこんなにカワイイ顔をしているんですもんね。

b0234851_12191515.jpg


第二のジャガーさんの馬生が穏やかで幸あるものである事を祈っています。


現在はノーザンホースパークさんにて乗馬馬として頑張っています。

見学中も話しかけると直ぐに近寄って来てくれ、近くに寄り添ってくれていました。高齢に見えない若々しい表情に驚き、その優しい表情をみて改めて大好きになりました。歳は私の方が当分上なのですが、何故かジャガーさんには敬語を使ってしまいます(笑)。

私的には大好きなジャングル産駒で、牝系が素晴らしい血統であるジャガーさんに種牡馬になって欲しい気持ちはあったのですが、余りにも主流血統である血だけに種牡馬となっても種付け数が集まらなかった可能性もあり、種牡馬として成功出来なくなるよりは現在の状況の方が良かったのかも知れません。

長きに渡りファンに愛され続けた、古豪・ジャガーメイル。脚元と相談しながらダマし、ダマしで良く頑張ったね。G1・重賞勝ちは一勝だったけど、脚元がしっかりしていればもう一つ、二つタイトルが増えていただろう。でも、重賞でどうこうよりも、君が出走するレースは掛け値なしで応援していたよ。そんな気持ちになっていたのは私だけではなかったハズだよ。きっと君にはとんでもない魅力があるんだね。君なら持ち前の仁徳(馬徳?)で第二の馬生もしっかりと充実したものになるだろう。だから、身体に気を付けて長生きして下さい。

老将・ジャガーメイル、君がターフに残した蹄跡は少なくとも、ファンの脳裏にはその一戦、一戦が刻まれているだろう。本当に長きに渡り、夢と希望をありがとう。これからもお元気で...。

馬房で和んでいるジャガーさんの姿を観たい方はこちらをどうぞ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2015-04-28 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(2)
Commented by らすかる at 2015-04-28 18:22 x
こんばんは。

ジャガーさん、高齢まで頑張りましたね。
果敢にも香港まで何度も遠征しましたし。
春天連覇のかかったマイネルキッツを競り落としての、
クレイグ・ウィリアムズ騎手の手腕はさすがでした。

遅いデビューでしたが、デビュー戦を勝利。
オープン入り後、アルゼンチン共和国杯での2着、個人的には
この時に非常に印象に残ったのがジャガーメイルでした。
この時勝ったスクリーンヒーローは、この後JCを勝っていますしね。

血統は、ノーザンテースト、サンデーサイレンスにジャングルポケットですからね。
種牡馬になっても、交配相手が限られてしまうので難しかったと思います。
それよりもこうしてのんびり暮らせていることに、まずホッとします。
ノーザンホースパークではまだまだ新人さんだと思いますので、
先輩のラスカルスズカやアドマイヤジュピタたちと一緒に、
仲良く暮らして欲しいです。
Commented by HakodateMagosaku at 2015-04-28 20:58
らすかるさん、こんばんわ。

長きに渡り、本当に楽しませて頂きました。
香港でもう一つ勲章が増えるかなー?と思っていたのですが、あと一歩でしたね。C・ウイリアムズと手が合っていた気がします。

使い詰めが出来るタイプではなかったのでOP入りまでは同年代より遅れてしまいまいたが、スクリーンヒーロー同様、OP入りしてからは重賞戦線で活躍し続けてくれましたね。ジャガーさんにもJCのタイトルを獲って欲しかったのですが...。

そうんなんですよね、血統が良過ぎる事が仇となってしまいました。種牡馬入りして欲しかったのですが、先々を考えれば仕方なかった気もします。今が幸せそうだけに良かったです。

競走馬としては古豪でしたが、乗馬場としては確かに新人ですね。ラスカル先輩やジュピタ先輩たちと仲良くして欲しいですね。また会いに行きたいです。
<< 第249回目は史上初の天皇賞(... 第247回目は第4回福島牝馬S... >>