第170回目は第64回セントライト記念勝ち馬"クォークスター"です。

春に善戦しながら叶わなかった、クラシック出走の最後の切符を圧倒的な豪脚で掴み取ったレースでした。菊花賞では距離に泣かされたものの、短中長距離ではこれから益々活躍すると思っていた馬でした。個人的にはこの馬のベストレースは2着に敗れたラジオNIKKEI賞。あの豪脚が忘れることは出来ません。当時、「これは凄いタキオンの後継馬が現れたものだ!」と思った程でした。その最大の武器である豪脚を持つが故にタキオン産駒の宿命か脚元の不安が付き纏い、満足出来ない競争生活だった事が悔やまれます...(泣)。無事だったらタキオンを代表する後継種牡馬となっていただろうと思います。

b0234851_16354581.jpg


母系にヘクター、そして何といってもスカーレット一族!種牡馬になっても楽しみな仔だったろうなー。

b0234851_16355632.jpg


初めましてクォーク。元気してたかい?

b0234851_16362674.jpg


お食事中だった?ゴメンネ、邪魔しちゃって...。

b0234851_16363679.jpg


機嫌損ねちゃったかなー?きっと良血のお坊ちゃまだから気難しいんだろうなー...。

b0234851_1636669.jpg


それでも、こちらに寄ってきてくれるんだ!ありがとう、優しいね。

b0234851_16361745.jpg


そっ、そんな、顔をみせてくれるなんて(嬉)!君は気品があって美形でホント、お父さんにそっくりだよね。

b0234851_16364515.jpg


そんな顔もするんだね、そんなに照れなくてもいいよ。君は優しくて、美しくて、愛嬌が満点。本当にパーフェクトな仔だね。大好きになちゃったよ。


現在はモモセライディングファームで乗馬として頑張っています。

見学中、最初は新参者の私に少し警戒していたものの少し時間が経ってからは側にいく度に寄って来てくれた人懐っこいカワイイ仔でした。外見から想像出来ない位、甘えん坊かつ愛嬌たっぷりの仔だったので私はこの仔にメロメロになってしまいました(笑)。

満足な成績を残せなかったことは彼にとって悔いが残っているとは思いますが、この優しさと愛嬌を持つこの仔にとっては今の道も悪くないのかも知れません。

クォーク、これからも馬に初めて触れる人、知る人達にサラブレッドの持つ気品と美しさを教えてあげて下さい。そして少しだけ、君のお茶目な部分を魅せてあげたら、きっとその人たちは馬という芸術品の虜になるはずだからね。怪我に気をつけて元気してね、また会いに行くよ。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2013-09-11 18:00 | 馬名・ク~ | Comments(6)
Commented by らすかる at 2013-09-11 18:56 x
こんばんは。

私の馬友さんが、クオークスターに会って、すっかりメロメロになったと言っていましたよ(笑)
イケメンの上に、人懐っこくて…。

ピカピカの栗毛馬が、すごい切れ味で襲いかかってくるのですから、私もこの仔は先々楽しみだと思っていました。
どうしてもタキオンの仔は、脚元に泣かされますよね。
お父さんの話になりますが、タキオンが皐月賞を勝つ少し前に、雑誌のコラムに「確かに能力は高いのだが、この一族は足元に不安がある馬が多いので楽観視できない」と書いてあったのですが、皐月賞後それが現実のものとなってしまって、すごく落胆したものです。

プライドは高いでしょうが、こんな顔を見るとすごく優しい仔だというのが伝わってきます。
せっかく札幌にいてくれるのですから、ぜひ会いに行きたいです。

それから、予告なんですが、22日、23日と日高に行ってきます。
ようやく、ミホシンザンに会えますよ~。
結構、今回の旅はてんこ盛りなので、楽しみです。
Commented by くまくま at 2013-09-11 19:44 x
こんばんは。

クオークスターの写真ありがとうございます!
イケメンですね。額の小さな月もかわいい。
愛想もいいなんて・・・。会いたいです♪
スカーレット一族にもアグネスフローラにも
似ていません?いいとこどりだなぁ。

アグネスタキオンはガラス細工のような馬でしたね。
もう少しレースでみたかったです。

競馬場さえ行けてないのでみなさんの
馬話が楽しみです。
Commented by HakodateMagosaku at 2013-09-14 18:34
らすかるさん、こんばんわ。

やはり、そうですか...一度でもこの仔に会ってしまうとそうなってしまうと思います。

真のタキオン後継者になれる仔だと思っていました。その類稀なる瞬発力を受け継ぐ事が諸刃の刃となってしまうんでしょうか...(泣)。この仔も大きいところを後1、2戦だけでも使えていれば、また余生も違ったものとなっていた様に思えてしまいます。

とにかく、気さくで人懐っこい仔でした。らすかるさんも会いにいったら骨抜きにされてしまうかも知れませんね(笑)。

おー、遂に行かれるのですね。私は名馬探訪の旅から帰還致しました。これまで以上に濃密な時を過ごす事が出来ました。らすかるさんも素晴らしい出会い、そして名馬ミホシンザンを感じて下さいね。
Commented by HakodateMagosaku at 2013-09-14 18:46
くまくまさん、こんばんわ。

イケメン王子とは正にこの仔のような馬にこそ相応しいと思ってしまいますね。私も月模様大好きです。

名牝系を受け継ぐ血だけに気品を感じさせますよね。その結晶がこの仔の顔立ちや風貌、そして強さに現れているように思えます。

タキオンを「ガラス細工」とは言い得て妙ですね。私もタキオンのイメージは絹糸のような馬です。産駒にも触れては、傷つけてはいけない様な繊細な仔が多いように思えます。王子の血筋も何かと不憫なものです。

今回も名馬にたっぷりと会うことが出来ました。しかも今回の名馬は私にとって、そして、らすかるさんやくまくまさんにとってスペシャル過ぎる超が付く位の名馬揃いでした。年末まで記事、気合入れて頑張りますのでお楽しみにして下さい!
Commented by たま at 2013-09-16 01:04 x
こんばんわ
また私好みのイケメン&癒し系の仔だったので、黙っておれませんでした。目をつぶった顔とかかわいいですねー
乗馬として頑張ってるということは、もしかして乗れちゃったりするのかな。
Commented by HakodateMagosaku at 2013-09-17 11:07
たまさん、おはようございます。

こんな顔と表情する仔を観ちゃったら黙っていれませんよね(笑)。まして栗毛の王子なら尚更ですね。

私も最後の二枚の写真はお気に入りです。目をつぶった状態でこんなにカワイイ仔はそういませんよね。

そうですね、私が伺った頃はまだ脚元が完治していなかった頃だったのでお休み中でしたが、現在はもしかしたら乗せてもらえるのかも知れませんね。こんな王子様と過ごせるならこの上ない幸せですよね。
<< 第171回目は第46回神戸新聞... 第169回目は第9回セントウル... >>