第118回目は第42回有馬記念勝ち馬"シルクジャスティス"です。

同世代には二冠馬サニーブライアン、菊花賞馬マチカネフクキタル、天皇賞・(春)馬メジロブライト、そして宝塚記念馬サイレンススズカ。錚々たるメンバーの中でクラシックにはあと一歩届かなかったものの、古馬初対戦であの名牝ダンスパートナーに競り勝ち、そして暮れの有馬記念で当時の最強級の古馬を相手に藤田伸二騎手とのコンビで掴み取ったG1制覇は感動的でした。

b0234851_17512451.jpg


ここがジャスティスがいる馬房か...

b0234851_17514061.jpg


ジャスティス!会いたかったよー、元気してたかい?

b0234851_17515335.jpg


んー、どうしたのかなー。何か酷く困った顔をしているね。

b0234851_175239.jpg


何かあったのかい?なにかを訴えてくれているのに...ゴメンネ何も出来なくて...

b0234851_17521418.jpg


牧場の方を探しているんだね。かわいそうに...

b0234851_17522460.jpg


「早く来てー!」と訴えているジャスティスです。

b0234851_1752367.jpg


やっと、馬房に戻れたジャスティス。少しは落ち着いたかなー。


この時、実はジャスティスは大量にいたアブのせいで少しパニックに陥っていました。そんな中、私は長年会いたかったジャスティスを前に舞い上がってしまい我を忘れ、彼の事も考えず、撮影ばかりしていました。今思うと馬のことを考えない、本当に恥ずべき行為だったと猛省しています。そんな時に自分の事だけしか考えず、何もしてあげれずにジャスティス、牧場の方、本当に本当にゴメンナサイ。

産駒には昨今引退した中山大障害の勝ち馬バシケーンがいるものの、その他は父以上の成績が残せず現在ジャスティスは種牡馬を引退し、畠山牧場さんで功労馬として暮らしています。

ジャスティスに詳しい方ならご承知かと思いますが彼の成績が有馬以降振るわなくなったのは盟友であるエリモダンディーの急死が影響あると思っています。それだけ思いやりがあって、賢く、繊細な馬だったジャスティス、これからもダンディーの分までズーと長生きするんだよ。また会いに行くからね。

訪問した際のジャスティスです。アブに困窮している姿が映っているのでUPすることを躊躇いましたが元気な姿をみせたいと思い上げました、自己都合でスイマセン。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-12-20 18:00 | 馬名・シ~ | Comments(4)
Commented by たま at 2012-12-22 01:44 x
こんばんわ。

シルクジャステスとエリモダンディーの話がすっごい好きなので、とてもうれしいです!アブに困ってるのはかわいそうだけど、動画も嬉しかったです。
年末で仕事が忙しかったので、最高の癒やしでした。クリスマスプレゼントですね(^-^)
Commented by HakodateMagosaku at 2012-12-22 16:40
こんばんわ。

ダンディーとの逸話いいですよね。馬たちは本当に何でも知っている気がします。ただ、人間語が話せないだけで馬同士では色々なことを話し合っている気がしますよね。

写真や動画はちょっとやり過ぎた感があって反省しなければなりません。私も忙しい時期でしたので憩いの時間として馬の話を書けてよかったです。
Commented by らすかる at 2012-12-22 18:53 x
こんばんは。

何年か前、ジャスティスに会いに行った時も、彼はとてもフレンドリーでした。
愛くるしい表情で、何かもの訴えたいような眼をするのが印象的ですよね。

夏はアブが馬の血を吸うので、大変ですよね。
私も夏に馬に会いに行った時、牧場の方と一緒にアブを追い払った思い出があります。
牧場の方も、いろいろとアブを退治する方法を考えたり、馬を夜間放牧したりするなどの対策をとっておられます。
とはいえ、迷惑な虫も生態系の一部ですし、人間にしろ馬にしろそういう厄介な存在と、うまく付き合っていく知恵を巡らさねばならないのでしょうね。

ジャスティスは普段は調教をさぼってばかりいるのに、ダンディーとならば真面目に走ったとか。
弟のように思っていたのでしょうね。
それだけに、ダンディーがいなくなってからジャスティスが勝てなくなったのも、わかるような気がします。
Commented by HakodateMagosaku at 2012-12-23 16:52
こんばんわ。

実は私が伺った時は、遠くの茂みにいて残念ながら全く寄って来てくれなかったんですよ...なのでこの写真は畠山さんの方が戻って来られた際に撮れたものだけなんです(恥)。

夏の見学はどこの牧場さんに伺ってもアブのことで悩んでいらっしゃいますね。何度か相方と馬に影響がない、アブを撃退をする薬を開発できないものかと悩んだこともあります(笑)。

ダンディーとの逸話を聴いていると本当にこの仔はとても繊細な仔なんだなーと思ってしまいます。ダンディーを守っている彼の姿を観ていたらきっと抱きしめたくなっちゃいそうですよね。

<< 第119回目は競馬史上最高のド... 第117回目は第126回中山大... >>