第一弾はホースマンが創り、営んでいる競馬場”門別競馬場”です!

無駄に新シリーズを作ってしまいました(笑)。
このカテゴリでは私が訪れたことのある馬に縁のある場所(馬産地、競馬場、養老牧場)等を紹介して行きたいと思っています。拙い写真や文ばかりですが、何卒御了承下さい。

日本有数の馬産地、北海道が作り出したブリーダーズ”ホースレーシングコース”である競馬場。

場所がら的に普段の開催日には超有名どころの○○牧場や○○ファームの関係者やスタッフさんが多数、詰め掛けています。普段は一般のお客さんより、スタッフさんの方が多いと思われます。

だって会話が「おめえのところのどうだった?」、「今日は一勝しか出来なかったよ。」っていう様な会話があちらこちらから聞こえてきます。これも馬産地ならではの特色ですね。


b0234851_1561970.jpg


この門、(通称”優駿ドリームゲート”らしいです)から入って行きます。

b0234851_1582348.jpg


ゲートを潜るとこのバッテリーカーが出迎えてくれます。(乗れるのは10人くらいかな...?)

b0234851_1510611.jpg


カートに揺られ1分位すると見えてくるスタンドです。

b0234851_15194371.jpg


スタンド方向からゴール板はこんな感じです。寒い日はガラス張りのスタンドから見るのもいいんです!

b0234851_1511226.jpg


階段を上がって行くと、芝生席”とねっこ広場”があります。開催日のイベントの際にはこんなに愛らしくもらって帰りたくなるような仔達とも触れ合えたりします!お子様連れの方にも、もってこいですね。

b0234851_17345731.jpg


夜には、この広場で、競馬を観ながら、ビールにジンギスカン!最高ですね。

b0234851_15223828.jpg


なんと言っても門別の魅力はパドックでしょう!数センチ先を馬達が歩いています。(迫力満点です!)

b0234851_15252398.jpg


あと、もう1つの魅力は何といっても新馬戦。どこよりも早く新種牡馬の産駒を観る事が出来ます!中央と比べて2ヶ月も早い新馬戦だけにまだまだ、あどけなさが残る表情をしています。ガンバレー!

b0234851_17314826.jpg


あと、忘れていけないのが誘導馬との距離感もこの近さ、かわい過ぎる。

b0234851_17413265.jpg


日が暮れて行く瞬間を大パノラマで観れるのも魅力ですね。

b0234851_15402325.jpg


日も暮れ、夜になると装いも新にこんな素敵な演出もあります。流石"グランシャリオナイター"。

b0234851_172778.jpg


夕方を過ぎると人も増え、パドックの雰囲気も一変します。これがまた良いんですよ。

b0234851_1546090.jpg


交流レースにはこの様にJRAのジョッキーとかも参戦してきます。(この方への声援は凄いですねー)

b0234851_15474519.jpg


夏開催(北海道シリーズ)の時にタイミングがあえば参戦している騎手が乗ったりします。

b0234851_17385765.jpg


レースの距離によっては観客席前からのスタートもあるので大迫力です!

b0234851_15505470.jpg


レースはナイトレースに限る!と思わせるくらい。感動的なシーンに出会えます。

b0234851_1553029.jpg


口取りもこんなに近くで観れます。昨年の北海優駿を勝ったピエールタイガーと道営を代表するベテランジョッキー宮崎光行騎手です。シブイ!

b0234851_1605938.jpg


そんなメインレースの口取りを観て感動した後、我に返り、最終レースで取り返そうと思いつつもドツボに嵌り、オケラになって、そそくさと家路に向かう馬子作でした。けど、性懲りもなくまた行ってしまう!それ位魅力がある競馬場です!


札幌、千歳から1時間位にある競馬場、北海道を起こしの際はぜひ門別競馬場へお越し下さい。そこには馬産地ならではの興奮と感動(プチ情報も)があるかも知れません。ナイターが終わった後で牧場巡り等をしたら、至福の一時を味わえ得ることでしょう。
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-04-20 16:25 | 競馬場巡り | Comments(0)
<< 第70回目は2005年度天皇賞... 第69回目は芝、ダート兼用のサ... >>