第51回目は日本競馬に貢献した米の名馬”パラダイスクリーク”です!

私が競馬を見始めた頃に、あのオグリが挑戦しようとしていた、アメリカの芝の大レース”アーリントンミリオンステークス”を勝った馬として記憶に残っていた馬でした。まさかその後ジャパンカップに出走し、日本で種牡馬生活を送ることになるとは当時は夢にも思いませんでした。


b0234851_12173884.jpg


初めまして、パラクリ君。

b0234851_12175410.jpg


驚かしてスマンかったねー。もし、よかったらお顔を見せてちょうだい。

b0234851_1218517.jpg


わざわざありがとう、優しくて可愛らしい顔してるね。若々しいし。

b0234851_12181514.jpg


偉大なお父さんなのに小作りで少年のような瞳を持っているね。


種牡馬としても自身のような大物は輩出,出来なかったものの、中央、地方と問わず、コンスタントに中堅馬を多く産み出しました。中でも、地方競馬の名牝ロジータとの仔、カネツフルーヴやオジサンの星、アサカディフィート、そしてみんなのアイドル、テイエムプリキュア!と現代競馬には珍しい個性的な実力馬を産み出しました。

昨年惜しくも事故により帰らぬ馬となっていましたが地味ながら、この馬の残した功績は素晴らしいものだと思います。いつかの日か、カネツの仔の父父としてや、母父としてプリキュアの仔がパラダイスクリークの名前を重賞やG1レースで刻んでくれる日を心待ちにしています!
[PR]
by HakodateMagosaku | 2012-01-11 17:07 | 馬名・ハ~ | Comments(0)
<< 第52回目はフェブラリーS、G... 第50回目は高知競馬の英雄、不... >>